Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリア人と一緒に働くと・・・

イタリア人と一緒に働くと起こる2大変化。

①声が大きくなる
②突っ込みが多くなる

イタリア人にもいるよ、物静かで、落ち着いて話す人。いるいる。たーくさんいる。
でもね、如何せん、声の大きい人のほうが目立っちゃうのよねぇ。
その人と一緒の部屋にずっといると、いつの間にか自分も声が大きくなってる(こともある)。


うちの事務所のイタリア人の場合だけかもしれませんが、
彼らは、強いものにはすこーし、弱い人には激しく突っ込む(笑)ので、
ぼけてると、ぼこぼこに突っ込まれてしまう。

これがねー、ニヤーッと笑いながら、厳しい突込みをするからねぇ、イタリア人。
そういう頭の回転はぴか一だね。
この辺がフランス人従業員(以前一人だけいました)とぜんっぜんちがうところ。
私の知っているフランス人は、大学の教授2名と日本人の友達のフランス人と、この人♀だけなんだけど、どれもまぁ、ちょっと一癖あったのよねぇ。
我が強いというか、性格がキツイいっていうか。

で、イタリア次男ですけどね、うちの会社でいえばこの①②のほかに、さらに、
「この人たちといたら日本が嫌いになりそう」って時々思う。
なぜなら・・・・


日本の悪口(というか愚痴)満載だから。

奥さんには、ここまでボロクソにはいわない(言えない?)みたいだけど、
私たちは同僚だから、時々、すんごい勢いで日本の文句を言うわけ。

聞いていると、彼らは、ちゃんとわかってないなっていうときもあるし、
そうねぇ、って思うときもあるし色々なんだけど。
日本人は、こういうとき○○するけど、あれって変だよねぇとか(ほっとけ、文化じゃ!)。

本心でいってないときもあるのよ、文句をいって、すっきりするっていうかさ、
外国にいるとたまるストレスを日本という対象を通してすっきりさせるっていうか。
その気持ちはわかるんだ、外国で仕事したりすると思うときあるから。

時々、家庭のこととかね、話を聞くときあります。
話し合いと言いたいところだけど、向こうが話すほうが多いから、話を聞くって感じかな。

嫁さんが日本人だからということで、日本にやってきた人は、
仕事以外でそれほどたくさんの人と友達になるわけではない。
しかも、相手を選んで言わないと、そのまま嫌われかねない。

日本人に嫌われたら、色々とやりにくくなるからね。
やはり遠い同国人より近くの外国人(日本人)ですから。
そうすると、仕事も一緒にして、性格もわかっているから、同僚に矛先が向くんだよねぇ。

家庭の本当に内輪のことを話してくれると、信頼してくれてるのかなと思ってこっちも嬉しくなります。

常に明るく陽気に思われているイタリア人でも(本当は違うと思うけど)、ネガティブに悪いほうへ考えてしまうときもあります。
やっぱり人間だからね。

こういうときは、「人間万事、塞翁が馬」を話すようにしています。
学校でみんなが一度は習う、

「老人の馬が逃げて、でもその馬がもう一頭馬をつれてきて、息子が馬から落ちて怪我をし、
でも落ちたおかげで戦争に行かずにすんだ」っていうやつです。
悪いことの中には幸福が、よいことの中には不幸があるかもしれなくて、
その一点だけでは幸か不幸かを断言できない。

ってやつです。

もう本当、そのとおりだと思うんですよね。心配しても状況は変わらないし、
自分にできる限りのことをやるしかない。
その時、あ~あって思っても、後で考えたら、良いことにつながったってことになるかもしれない。

何があっても「でも、これはもしかしたら、良い事なのかもしれない」と
思ってやるとプラス思考でいけるんじゃないかな。


明日はまた新しい日。元気よく過ごそう♪
ランキング

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

色々考えさせられました。

まずイタリア人といると、声がでかくなる。そしてツッコミが多くなる。これ二つとも「そのとおぉぉぉぉぉ~り」(タケモトピアノ風)
で、日本の悪口のことも、なんとなく納得できます。
もともと、何か日本語を勉強するとか、日本についての知識を持っている人と違って、奥さんが日本人だった。と言う理由だけで日本に来る人っていうのは、イタリアでもたいした仕事をしていなかったことも多く(全員とは言いませんが・・・)でも日本に来たからと言って、イタリア語講師以外そうそう仕事もなく、って感じでストレスためてる人多いです。
それが結局「日本って・・・」ってことになるんでしょうが、逆に言うと、イタリアに住んでいる日本人だって、「イタリアって・・・」って言う悪口になっちゃうから、そういうものかと思います。
Delfinoさんのおっしゃる通り、悪口と言うよりも息抜き。つまりはグチなんでしょうね。

追伸・・・リンクありがとうございました。

【2008/05/02 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

あはっ☆

v-291がっちゃんさんへ

タケモトピアノ風にうけましたっ!!
あっ、そうそう!
そうなんです。自分で日本にきたイタリア人と奥さんが日本人だから来たイタリア人は態度が違います。
「ついてきちゃった旦那さん」の場合、イタリア語講師以外の仕事見つかりにくいですよね。
おっしゃる通り!現地でもたいした仕事してないのも同感!
やっぱり現地でポジションが高い人はこっちに来て語学教師してる人見たことないです。
あ~、わかってくれている人がいてとっても嬉しい~&すっきりしました!
ありがとうございます♪

イタリアにも、「chiude la porta, apri la piu grande(ドアを閉められたら、次はもっと大きなドアが開く)」という同じ意味のことわざがあると同僚が言ってました。
苦しい状況を乗り切るために、人間考えることは同じなんですね。

【2008/05/02 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/89-381afd1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。