Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このお店には気をつけろ in フィレンツェ

ちょっと大げさなタイトルになってしまいましたが、正確には、
”このお店の「こいつ」に気をつけろ!”です。

場所は、フィレンツェの中央市場のお店。味は、美味しい!
本当に美味しかったからこそ、おしい!

それでもイタリアなワケ

Bollito(ボッリート)

牛、仔牛、豚、鶏など、数種類の肉を野菜と一緒に長時間茹でた肉料理です。
ピエモンテ州の郷土料理だと聞いていたけれど、
フィレンツェもキアーナ牛など、肉の地域ですから、よくこの料理を目にします。


入れ歯でも食べられそうなくらい、柔らか~いお肉。

サルサ・ヴェルデというパセリをたくさん使った緑のソースをつけて食べます。

イタリアでは、日本の繊細で柔らかいお肉は、あまり見かけませんので
こういう、とろとろのお肉はとっても嬉しい♪

パニーノは、3.5ユーロ(写真奥)、
ボッリートのお皿タイプは、薄切りパンが3つついて、6.5ユーロ。

フィレンツェは、塩なしパンでカサカサなのが多いので、私はパニーノにしました。
こっちのほうが、内側がふっくらしたパンだったから。

んで、問題のお店はこちら↓

それでもイタリアなワケ

NERBONE(ネルボーネ)
ここ、有名ですよね。と言っても、初めて行ったんですけど(笑)
お昼になると行列になるからと、友達が、12時過ぎに連れていってくれました。

何をされたかって、おつりをごまかされたのぉ~!
恰幅のかなりいい、ひげも、髪も目も黒い、
年の頃は40前後か、という男性店員が、お釣りをごまかしました。
写真撮っておけばよかった。
(スキンヘッドの店員さん、金髪系の髪の店員さんではありません)

水2つで2ユーロ。10ユーロ出して8ユーロのお釣りなのに、私に渡したのは7ユーロ50。
しかも、投げて渡してきました。

おつりを投げるように渡されるのは、いろいろ雑なローマで(笑)、
すでに経験していましたが、ここは違うと思ってたので、
「フィレンツェでも!?」と、ちょっと驚きました。

すぐに「ちょっと。50チェンテージミたりなんだけど。」って言ったら、
「え?」とか言いながら(わざとらしい・・・)、足りない分を渡してきました。

まったく・・・。ふざけんなっつーの。
わたしは、自分が稼いだお金を、理由なくあげる主義じゃないのだ。
というか、お釣りをごまかすって、要は 盗み じゃん。
たかが60円とあなどるなかれ。
彼が、一日10人の人に、こういうことをして、20日/月働いたとする。

12,000円 よぉ~。

ちゃんとレシートを出したけどね。
(イタリアは、税金を払わないためにレシートを出さず、所得をごまかす店も多いのだ)

イタリア語を話すか、そうでないかは関係なく、
外国人だと思って、こういうことを安易にする神経が気にいらない。

もちろんイタリア人みんなが、こういうことをするのではないし、
驚くことに、私のような外国人にだけでなく、イタリア人に対してもおつりをごまかす。

それにしても、イタリア人のモラルのなさに、閉口する。
だから、ヨーロッパのアフリカと言われるんだよ。
イタリアがなんだかんだ言って好きなだけに、こういう経験をするとがっかりだなぁ。


ということで、とっても美味しいお店だけど、
顔の濃い、毛が黒いデブには、要注意! ですよ~。


NERBONE DUE S.A.S.
Mercato Centrale St.292
TEL 055-219949




イタリア、いいところもあるんだけどね~。こんなだから観光客が減っちゃうんだよ!
少しは長期的目線で考えて行動しろ。
いつも読んでくださって、ありがとうございます。
応援↓クリックいただけると嬉しいです。
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

Delfino部長ったら、とっても怒ってるのね〜(^^)
まあ、Firenzeの中央市場は観光スポットなので、うん、ひと月12,000円以上ごまかしてるかもねv-12

e-250「この○○には気をつけろ」って気に入ったわ〜!ちょっとシリーズ化はどうかしら?ストレスはひとりでためないでみんなで分かち合わないと(笑)

【2013/01/23 】URL | 永とも #-[ 編集]

◎永とも会長へ◎

会長、コメントありがとう~
だって、だってぇ~、こうやってお釣りをごまかして渡してくるの多いんだもん!
これで何度目だ?って感じよ。

え?ほんとv-291ネタならいっぱいあるから、これシリーズ化させちゃおうかなぁ(笑)
でもどうしよう、こんなのばっかりになっちゃったら、誰も読んでくれなくなっちゃう~(笑)

【2013/01/25 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/706-a9a2afde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。