Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


友よ、ありがとう!

それでもイタリアなワケ

ゆる~い。

このゆるんだ表情がたまらない(笑)
旅行に行った友達が、フィリピンから送ってくれました。

この写真のおかげで、一気にリラックスできました。
熱帯の国では、人間だけじゃなくて、犬もゆる~い感じになるのかな(笑)



もう一枚、わたくしのヒットだったのが、これ↓

それでもイタリアなワケ

こっ、濃い! 濃すぎるっしょ~!!!

えぇ、もちろん肌の焼き具合じゃないっすよ。 顔です。
イタリア人もびっくりの顔の濃さ。

眉毛つながってますがな。
フィリピンには、こんな素直そうな透明の瞳を持った濃い顔の少年がいるのね。





さて、イタリアに戻りまして。

今回ローマで、ミサの前だからでしょうか、以前(→ここ)より豪華バージョンを見ました。



それでもイタリアなワケ

すごいね~、高そう。。。
庶民は、生活にひーひー言ってるけど、この人たちの世界では関係ないみたいです。


数日後、TVを見てたら・・・


それでもイタリアなワケ

あれっ? ショーウィンドーで見たのと結構似てる~。
やっぱりエライさん用のだったのね。



それでもイタリアなワケ

はい、ミサをやっていた、バチカンのサンピエトロ大聖堂です。

チェックしてみたら、ここのテレビは、変わらず日本製で、嬉しかったです。(→以前の記事



それでもイタリアなワケ

23日に行ったら、ちょうどミサの準備で、イスでびっしり、こんな風になってました。

サンピエトロ寺院の中も、普段だったら入れるところも、入れなくなっており、
係員がその入り口に数人立っていました。


今回バチカンへいった目的は、パーパのお墓を見ること。
そして、もう一つ見たいものがあったんです。


また長くなっちゃったんで、後半へ。





いつも、応援ぽちっとありがとうございます!
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


見たかったのは、これ。



それでもイタリアなワケ

巨大プレゼピオ。

カーテンが、かかってますね~。

すぐに、近くの警察官に聞いたら「24日だよ」って。
午前中ならもう一度見に来れたので、聞くと「午後に開くよ」だって。

なんてこったい。これを見に来たのに。



それでもイタリアなワケ

動揺を隠しきれず、写真がブレてますが、大聖堂の中のプレゼピオです。
星のキラキラが、数十秒に一度、点滅してとってもキレイでした。



それでもイタリアなワケ

真ん中のかごの中、イエス様がいません。

というのも、キリストの人形をかごに置くのも24日なんですって。
(私は、25日だと思ってたので、間違ってました。)

クリスマスの時期には、町の各所にプレゼピオが見られるイタリアですが、
ご覧になる機会がありましたら、かごの中を見てみてくださいね。



あーあ、ネットで探すかな・・・と思っていたんですが、
そういえば、年末年始に旅行に来てくれた友達二人が、ローマ発着で、しかも
まだバチカンに行ってない!

ということで、依頼しました。


写真を撮ってくるのを快く了承し、送ってくれました~、日本から。

イタリアにいるのに、日本からバチカンの写真をもらうという、妙なことになりましたが
その写真が、こちら。



それでもイタリアなワケ

「ものすごい行列で、これが限界だった~」と。

いいよ~、これで十分だよ~☆
2人とも巨大プレゼピオにさして興味がないのに、私のためにがんばってくれました。

ありがと~♪♪♪






来年こそは、自分の目で見てみたい。
今日も、一押しありがとうございます。
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

巨大プレゼピオ凄いですね。
私も一度でいいから目の前で見てみたいです。
せっかくの力作なのに、もっと長い間公開したらいいのに~もったいないって思っちゃいましたよ(笑)。

【2013/01/19 】URL | Kimi #JalddpaA[ 編集]

プレゼピオ私も好きですぅ っていうか好きになりましたぁ 今回のクリスマスはヴェローナの 何だっけコロッセオみたいな建物の中で世界各地のプレゼピオの展示があったので見に行きましたよぉ♪ 中めっちゃ寒かったけど・・・  見ごたえありましたぁ♪

【2013/01/21 】URL | つき #-[ 編集]

凄いですね!総本山は。。。。
私の友人にはアンチクライストが沢山いますが、ヨーロッパの友人はそろって洗礼受けていて、キリスト教のお祭り等に支配されてるのを聞いてびっくりしました(笑)子供の頃にわけもわからずに受けているので仕方ないのでしょうね。
普段「DEATH!」とか「KILL!」とか言ってる友人が「クリスマスは家族と過ごさなければいけない」としょんぼりしてるのを見ると笑えますが(笑)
キリストに対しては特に何も感じないですが、ローブの豪華さにはふーんって庶民の私は思っちゃいますw

【2013/01/21 】URL | choco #-[ 編集]

◎kimiさんへ◎

kimiさん、こんばんは~。

私もいつか直接見てみたいです☆
あ、そういわれてみるとそうですね。きっとかなり時間をかけて制作されたと思われるのに、展示は1月6日のベファーナまでですもんね。
歴代プレゼピオ展なんかを開催したら、すごい人が来てくれそうですね。

【2013/01/22 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

♪つきさんへ♪

つきさん、こんにちは~。
私も、イタリアと仕事するようになってから、
プレゼピオ好きになりました☆
色んなのがあって、楽しいですよね。

にゃはは、つきさん、いいわ~。「なんだっけ、コロッセオみたいな・・・」って、笑える~♪そういうところ、わたし、とっても好きよ♪
ローマでも70だか100だかのプレゼピオ展をやっていました。
入らなかったんですけどね(笑)

【2013/01/22 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

☆chocoさんへ☆

chocoさん、こんばんは~。

ほんと、おひざ元は盛大ですね。
最近はイタリアでも、宗教が精神面で大きく影響しているっていう若者は少ないように感じます。
日本の節句(由来や意味もよくわかってないけど、慣習だからするみたいな)に近いかも。
現代的な考え方を持っていても、家族の前になると保守的に(伝統的というか)なるって言うのはどこの国でも同じなのかもしれませんね。

私も、カトリックの親類がいたり、カトリック系の幼稚園に通って多大に影響を受けたものの、神(キリスト)の前でのみ、みな平等である(だから他国を侵略したり、他宗教を認めなかったり)とかは素直に受け入れられないし、聖職者に対してさほど尊敬の念はありませんが(だって幼児虐待とか、黒いお金が動いて政治家みたいなんだもの)、金の刺繍は本当に豪華でスゴイと思いました。あれは、見事でした。

【2013/01/22 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/704-d4e44e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。