Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とるね~イタリア

イタリアって、え?ここはお店なの?みたいな、隠れ家のような
見た目の店が多いと思いません?
観光で行くだけだと、全然気が付かなくって「全然いい店がなかった」なんて思っていると
実は地元の人は知っているステキなお店がいっぱいあった、とか。

あれは、イタリア人が派手で大きな看板を好まないから、そうしているのかな~って
思ってたんですけど、そうでもないみたい。

というのも、外から見える看板や店の外に品物を置く場合、その面積によって
税金を市役所に払わなくちゃいけないんです。
だから、日本ほど看板が多くないんだと思います。


それでもイタリアなワケ

ローマのピッツェリア。ここ、とてもおいしいです。今度ご紹介しますね。
で、こんな感じに何屋かわかるような看板をだしてますから、
このお店も広告税を払うことになるわけですね。

このように、企業の名前はもちろん、店のガラスに値段を勝手にかけないんです。
書くなら申請して、税金を払います。


それでもイタリアなワケ

はい、こちら、ローマのFendiさん。思いっきり窓に名前が書いてありますね。
これに対して支払が発生します。

イタリアは他にも、 ダイレクトメール なんかを配りに行くのにも
申請(というか支払)が必要なんです。

イタリアは、口コミがほとんどで、
サイトを作ってもそれを見て、店に来る人はめっちゃ少ない。
ビビりだからか、信用できないから(慎重だから?)か・・・・・。

日本では、企業やお店が、FacebookやTwitterを使って、集客・宣伝をするのが多いですが
それもイタリアでは、微妙。
認知させることはできるけど、これで、集客ができる!というほどの力はない。

結局、イタリアは困ったときは知り合いに聞き、その人がいいと言ったらそこに行くという
昔ながらの信頼関係からのお客さんの増やし方なのよね。。。。

まぁ、こんな風だから、日本のようにおおっぴらに広告が出せなくても、
あまり問題にならないのかもしれません。



わたしが、イタリアに旅行や仕事で行き始めたころ、イタリアのバールでは、
どうして立って飲む値段と、椅子に座る値段が違うんだろう、と不思議でした。
オープンカフェになっているところに座って飲むと、高いよね~。

イスなどの設備を使うから?とか、机をふくための人員が必要だから?なんて
思ってたんですけど、これ、税金が違うからというのが理由なんです。

公道にテーブルと椅子を出している店は、その面積分の税金を支払います。
それで、中のテーブル席より、外のテーブル席は、値段が高い店が多いんです。


んでもって、車の広告 にも、税金とるのよ、イタリア。
バスやら企業の車に、社名などの広告を書く場合にも市に税金を払います。
広告面積に合わせて、数千円から1万円ちょっと。
もちろん、毎年ね。

一方、日本は、屋外広告物条例に従い、市長に許可をもらうだけ。
市によっては、50㎝x100cm以下、一車両につき3件以内である場合
許可申請すらいらない。
あ~、日本ってとっても自由☆。



イタリア、豪雨による洪水と、デモで大変ですね
今日もひと押しありがとうございます!
バナーを動かしてみたよ~☆追いかけて押してね♪
↓ぱひ


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ       携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんばんは

え?そんなに税金取るの?
まぁそれぐらいしないと集まらないのかも。
前回の役人の話もそうだし、遊んでるヤツ程上に上手く取り入って、いざリストラとなるとマジメに仕事してた上にコネの無い人たちほどクビにされるのだろう。
ドイツでは昔「窓枠税」と言うのが有ったらしい。
窓が多いと言う事は家が広い事だからだとか。

クチコミと言えば、聞きたい事が。
ローマには自然派薬局は有りますか?
レルボやデルベのクリーム類が欲しいので。
・・・・・質問ばかりですいません。

【2012/11/16 】URL | アン #-[ 編集]

こんばんは!
税金高い!!びっくりです。
日本は安いんでしょうね~
うちも看板小さくだしているだけで、あとはネットでのお仕事です。
イタリアだったら、うまくやっていけないなぁ~^^;
応援ポチポチ☆

【2012/11/17 】URL | ゆか #-[ 編集]

◎アンさんへ◎

アンさん、こんばんは。

ちょっとびっくりしますでしょ。こういう風に小銭稼ぐんですよ、イタリア政府。
富裕層を優遇してますから、こんなんじゃ全然必要額が集まらないと思いますけどね。
ドイツの窓枠税聞いたことがあります~。窓の数減らしたくなりますよね、こんなんじゃ。

自然派の商品が買えるお店、ローマにいっぱありますよ。
普通の薬局でもそういうのがほしいと言えばおいてあるところもあるし。
Derbeはあまりよく知らないんですが、L'erbolarioだったら、トラステヴェレの近くにもありました。
ローマのお店一覧がありましたので、参考にどうぞ。
http://www.erbolario.com/storelocator/00100+roma/zona/0/tabs-2

erboristeriaと店の看板に書いてあるところが自然派商品を置いているところですので、それを目安に探すといいかも。
修道院の自然派だったらローマはAi Monasteri(パンテオンから2,3分)が有名です。

【2012/11/18 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

♪ゆかさんへ♪

ゆかさん、こんばんは☆
いつもポチポチありがとうございます。
ランキングあがっているとゆかさんが今日も押してくれたのかなぁ~と思いつつ、テンションがとっても上がります!

イタリアって、広告に関してシステムが厳しいですよねぇ。
資本主義なのに、いや資本主義だからか、やたらとお金がかかる。

あら、ゆかさんのところイタリアでやっていけると思いますよ。
口コミで、次々人が来そう。
とはいえ、イタリアで商売するとき、どうやって広げていったらいいのか打つ手が難しいですよね。

【2012/11/18 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

こんばんは

URLありがとうございます。
レルボの公式ページですね。
実はここでも検索していたのですが、グーグルのストリートビュー使ってもいまいち信用できなかったのです。
まぁ、この辺だと思っていればいいのだろうけど・・・・

今はデルベのハンドクリーム使ってます。
凄く良い香りww
日本で買うと三倍の値段するから、イタリアへ行った時に買い出しするのねww

情報ありがとうございました。

【2012/11/20 】URL | アン #-[ 編集]

◎アンさんへ◎

アンさん、お返事ありがとうございます。

あのURL、アンさんももうご覧になってたんですね。
あは!信用できなかったって(笑)わかる気がします~。

デルベって、3倍もするんですか!たっ、高い。。。
そりゃ、イタリアで買い出ししてこなくちゃですね。

アンさんのお好きなブランドがあるかどうかはわからないんですが、ヴィットリオ・エマヌエーレ通り(バスの通る大通り)の一本南にある、via del pellegrinoにも一軒Erboristeriaがありましたよ。
お目当てのものが見つかるといいですね。

【2012/11/21 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/686-5bf2a468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。