Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリアが変わる!!!

歯医者の帰り、家の近所の木々が、赤と黄色に色づいていることに、
今日やっと気づきました。
仕事が忙しいとはいえ、周りに目のいかなかった、自分にはっとしました。

心に余裕のある人間でいたいわ~。
鷹揚、包容力、そういう特質を持てる人間になりたいな。
根本的なところで優しく、異質を包み込んであげることができる、
人情の機微とか物事の要を読み取る能力に長けた人間に。
おばあさんになる頃までに、そうなってるように(遅い?(笑))人生修行しなくっちゃ。



2-3か月前、イタ友が、
「行政改革で、今住んでいる県が合併されて、名前がなくなるよぉ」って言ってました。

が、「いまだ、県からの説明会も行われないし、デモがあるとネットで流れたので、
いってみたけど、デモどころか、署名集めすらなかった」とのことで、
わたくし、全然信じてなかったんですけど、どうやら本当のようです。

というのも、イタリアの新聞、Corriere della Seraに載っていたから。

なんや、ほんまやったんや。。。


どんなものかというと、州都名は残るけど、所属の県が変わるんですって。

例えば、ローマのあるラツィオ州。
ローマは、正確には、ラツィオ州ローマ県ローマ
ローマはラツィオの州都でありローマ県の県都でもあります。
そして、ラツィオ州には、ローマ県の他に、
フロジノーネ県、リエティ県、ラティーナ県、ヴィテルボ県の4つの県があります。

たとえば、フロジノーネ県カッシーノがですね、温泉で有名なヴィテルボ県と合併となり
ラツィオ州ヴィテルボ県カッシーノになるといった具合。

それでもイタリアなワケ


なんや、名前くらいって感じやけど、
たとえば、実際には起こりえないけど、ナポリが、
ナポリ県ナポリから、サレルノ県ナポリになったら、へ~んな感じ!

しかも、 全国86ある県が、51に減少!

いくらなんでも減らし過ぎやろ、イタリアは~ん。
35もの県がなくなるって、ちょっと急激にやり過ぎなんと違う?
やっぱあれ?
税収が少なく、すべての県に回らないんで、パイの数を減らしたかったのかしら?

しかし、日本の県民愛どころの非じゃないくらい、郷土愛が深いイタリア。
イタリア人は、100%の確率で、
イタリア人と名乗らず、ミラノ人、ローマ人と名乗りますからね。
きっと、反対運動が起きるだろうな~。

ここ20年くらいはいいでしょうが、100年もしたら、合併された小さな土地の地域性、
その土地独特の文化は、知らず知らずのうちに薄れていくでしょう。

と、私はすぐに頭に浮かんだのだけれど、
減少させる理由が ほかにあった んです。



歯医者に行ったら異常なし!4つの病院ツアー、本日で終了♪やった♪
明日は仕事。。。いいことあれば、そうでないこともあるよね☆
いつも、一押しありがとうございます!
うれしいです。
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


それは、役所の多さ。

県がある=その数だけ役所がある。

ということは、国民の税金で食べていく公務員の数が多いということ。
場所によっては、2つの役所が、たった5キロ離れているだけというところもあります。

1つの役所でさばける人口数ってありますよね。なので、役所によっては、超ヒマ。
人の行列なんてないってところも。

イタリアは、ギリシャ、スペインに続いて危険な財政状態。
そこで、なんとかせいとEU委員会に言われ、モンティが手を付けたというわけです。

2013年11月に投票が行われ、2014年から活動開始だそうです。



イタリアに友達のいるみなさん、お友達の住所が、近い将来変わるかもしれませんよ。

ただでさえ、イタリアの郵便局の仕事ぶりは微妙なのに、
住所変更などの混乱があったら、更に荷物や書類の到着が・・・・危ぶまれる。

手紙や荷物を送るなら、今のうち。。。かも(笑)

参考→Corriere della Sera
生地の真ん中あたりに、太字で絵La Mappaと書いてあるところがあります。
州ごとの県名が書いてあります。
ハイフンでつなげられているのが合併予定の県です。




イタリアのことなので、実際に実行されるまでに
計画より年月がかかるかもしれませんけどね。
今日も、一押しありがとうございます!
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんは

歯医者さん、何の異常も無くて良かったですね。

行政改革でそんなに一気に町を少なくするの?
急過ぎないか?
私の住んでいる地域も10年程前に政令指定都市になりました、合併自体には皆抵抗無かったけど、合併後の呼称に対して抵抗があったらしいです。
役所が多すぎるのも問題ですけど、そこで働いている人がいるのだし、合併で役所が統合してしまったら大量の失業者がでてしまうのは大問題。
就職率が低いのにそんなに一気に解雇したら、国全体の失業率が一気に倍近く跳ね上がるのでは?
彼らはどうやって生きて行くの?
彼等だって少なからず税金を払ってるのだから、ちゃんと対策してからでなくてはそれこそ国が破綻するのでは?
・・・・・・・まぁ、ここで言っても仕方ないけどね。

日本も最近食糧が高くなってる、アメリカの干ばつのせいかな?
雨が降らなくてトウモロコシが全滅して。
そのせいで家畜の飼料が高騰したから肉や卵、マヨネーズが高いらしい。
来年は回復してほしいなぁ。

長くなってしまってすいません。
ここまでお付き合いいただきありがとうございます。
それでは本日はこの辺で。

【2012/11/10 】URL | アン #-[ 編集]

こんばんは!
86→51!!
あまりの減少にびっくりです^^;
日本基準でしか考えられないから余計に・・・・
日本もイタリアも景気回復早くしてほしいなぁ
応援ポチ☆

【2012/11/11 】URL | ゆか #-[ 編集]

そうそう

私もこの記事読みました。
まだ具体的に本当にいつからスタートするのかとかよくわからないけど、都市の統廃合は本当みたいですね。
公務員については、圧倒的に多いし、特に警察の複雑さを見てもそうだけど、役所については、今でもあんまり機能していないと思うのに、これってへらすことで余計に悪くなったりしないの?
って感じです。
ただイタリアのほうが地方の裁量権が大きいというか、予算の使い方が、日本の中央集権型に比べると、マシかな~って思うことも。

【2012/11/12 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

◎アンさんへ◎

アンさん、こんばんは

ありがとうございます。よかったわ、今回全部の病院で、何ともなくって。

失業者が出るのは事実だと思いますが、彼らの中にはタイムカードだけをきって、一日遊んでいる人たちもいるんです。
イタリアのTV番組で朝来てからバールでぶらぶらしてたり、事務所で全く働かない人たち(いくつかの町の役所)を隠し撮りして、そのあと、本人にインタビューをするというのをやっていました。

彼らが一般企業に勤めるイタリア人よりかなり多い給与をもらっていることで、他に使える税金が無駄になっています。
まぁ、彼らを失業者にして、そのお金がちゃんと適切に使われるとは限りませんが。

まだまだ日本の経済も停滞期間が続きそうですから、他人事じゃないですよね。国の借金も最大ですし。
年金制度の改定問題もあるし、消費税も上がるし、なかなか私たちも大変ですね。

【2012/11/12 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

♪ゆかさんへ♪

ゆかさん、こんばんは☆

日本では、こんなに減少してないって思いますけど、1999年から2006年にかけての平成の大合併では、市町村数は3,229→1,821と約2分の1に減少したんですよ。
複数年、役所でなく町や村が多いという違いはありますが、ビックリの数字です。

国は結構国民が気付かないうちに、こっそりやるんですよね。

【2012/11/12 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

◇がっちゃんさんへ◇

がっちゃんさん、こんばんは

ほんと、いつからスタートするかは、未定でしょうね。
イタリアのことですから。

確かに!警察はすごく沢山の種類がありますね。
情報の共有化とか協力はなさそうだなぁ。
今でも機能性に疑問なのに、簡素化したことで、更に機能しなくなったら、カオスですね~。
メリットよりデメリットが少なくなるなら、減らしてもいいんだろうけど。

【2012/11/12 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

Delfinoさん、こんばんは。

ウンブリアでは、テルニ県がペルージャ県に合併されることになり、イタリアはどこもでしょうが、特にウンブリアでは、近隣の町どうしが昔は政敵であったなどということも多いので、合併による職についてより、テルニの人は悔しくて屈辱を感じているだろうなというのが、まずうちの夫やその家族の感想です。たとえばイタリアでは、車のナンバーに、州名ではなく県名を記すのですが、夫によると、それは、かつて州が、単に地方的まとまりとしてのみ存在していた名残だそうです。確認はしていないのですが、夫によると、イタリア統一当時に行政機関として存在していたのはcomuneとprovinciaであって、regioneは単なる地理的区分で、行政機関としては後からできたものだそうです。後からできた州が残り、県がなくなるのはおかしいと、しかし、州庁に勤める夫の口から聞くのは何だか不思議です。日本でも、昔なつかしい町や市が合併して姿を消して、寂しい思いをしました。混乱やサービスの悪化がひどくならないことを願います。

【2012/11/14 】URL | なおこ #-[ 編集]

こんにちは~

遅ればせながら、アレルギー良くなってほんと良かったですね♪
年末にかけて、忙しくなるだろうし外食も増えると思いますが再発しないことを祈ってます(笑)。

ちょうど読んでた本にモンティの公約?でこんな計画が~(作者は反モンテイ)とこれが出てきて、86も県があったのかとびっくりしてました(←そっちかよ)。
そうそう郵便大丈夫なんでしょうかね?
それでなくても行方不明になるから一緒とか?

【2012/11/16 】URL | Kimi #JalddpaA[ 編集]

☆なおこさんへ☆

なおこさん、こんばんは

ありますよね、イタリアって、隣同士の街が敵だったって(笑)
合併されるほうは、本当にくやしいでしょうね。

へ~、州が最後だったんですか。知らなかったです、どういう順番でまとまりができたのか。
ダンナさまが、州が残るのがおかしいと自分が州庁に勤めていても発言されていましたが、こういうところはイタリア人のいいところではないかなと思います。
自分の今いる位置からではなく、自分を小さな存在(もしくはないもの)として、全体のあるべき姿を発言できるのは、すごいなぁって。日本人なら「よかった、自分の部署がなくならなくって」みたいな自分本位の視点で発言しそうだもの。

【2012/11/16 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

◇kimiさんへ◇

kimiさん、いつも読んでくださってありがとうございます

あ、さすがkimiさん、よくお分かりで。
来週から、結構な頻度で外食が、スタートします(笑)
すでに肌がカピカピしてきています。
睡眠をよくとって、アレルギーの再発防止につとめます♪

あはは、ほんとですよね、今まででも十分、微妙な機能具合だから、あまり変わらないかもしれませんね。
kimiさん、モンティの公約が出てくるような本を読んでらっしゃるんですね。すごいな。

【2012/11/16 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/683-8e1a7c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。