Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


好印象のホテル ~ミラノ~

いやー、ゆうべはバレンタイン直後だというのに、イヤな内容書いちゃったわ。すいません。
つーても、昨日は友達と遊びにいってたんで、事前予約記事だったんだけど、エヘ笑う

今日のEmo(左下に貼ってある無料ブログ分析ツール)に、
「あなたは、仕事や組織の中で冷静沈着に対応するマネージャータイプです。
持ち前の管理能力を生かして・・・(長いので省略)、自身の感情や体調もきちんと管理することができ、人生のプランをきちんと決め、それに向けてコツコツと努力する生き方をするでしょう」

・・・って、当たっとるやんか。
仕事もビンゴだが、感情・体調の管理や人生プランを決めて行動するあたり。
うはっ、ちょっとびっくり。
でもなんか、ロボットのような情のない人間みたいでいやだなぁ。堅物みたいじゃん。
わたしは、歌って踊って対応できる柔軟性ある明るい仕事人を目指すわ音符


話は変わりますが、ミラノって旅行で人気ないのかしら?
ビジネスの街と言われているからか、私の周りはイタリアの渡航先といえば

フィレンツェ・ローマ・ヴェネチア である。

ロンドン・パリ・ローマとかの周遊はあるけどねぇ。ミラノって言うのは多くない気がする。

さて、何度も滞在しているミラノ、好印象でございます。
南と比べると人が冷たい、霧や雨が多くて気持ちが暗くなるなどと、あまりいいことを聞かないことが多いですけどね。
自分でも、先日「初めての旅行で一番感動しなかった街」とか書いちゃいましたが、ミラノは、私の中では結構良い街です。

まず、順番抜かしがない。「そんなことで?」っておもうかもしれないけど~。

イタリアって中国と一緒で、バスに乗るのも群がって我先にと乗る。
で、私みたいにすられちゃうのよぉ(一回だけだけど)。ダサいわ、ワタクシ。

でも、ミラノはちゃんと順番が生きている。

例えばね、駅の売店で、パニーノを買って、列車で次の街へ移動しようとしていたときでした。
いつも通り、商品を見たい人、注文したい人とウインドーの前に群がる人々。

店員さんが、「次の方?」と聞いたら、私が「私ですっ」という前に、
「彼女だよ」と私の斜め前に入ってきていた(!)おじさんが言ってくれて、他の人からも抜かされることがなかった。

結構、イタリア人ずるくって平気で順番抜かしする人いるのにミラノでは一度もなかったのよね。
たまたま?

他にもあるの。あのね、


ある朝、ミラノのホテルをチェックアウトした後、気づいた。

貴金属をホテルに全部置き忘れたぁぁああ

きゃぁぁ、そういえば、忘れないようにとベッドのサイドテーブルに置いたんだったぁ。
しかし、もうすでに私は地下鉄の中。
すぐ次の駅で降りて、ホテルに即効電話。

「あの、あのっ、アタクチ、Delfinoとイイマス。夕べ一晩トマッタネ。お部屋○○番ネ。
今、チェックアウトした。指輪とか、ネックレス部屋に忘れたよ。
あ、サイドテーブルの上。そこにある。
今からとりにいくから、とっといてぇぇぇえ!」って。

そしたらね、電話に出たおじさん
「ちょっと待ってね。確認しますから・・・」って言ってしばらく(いや、かなり)待たされる。

もうこの時、心臓バクバクよ。
「あ~、こんなに待たされちゃ、ないかもしれない。イタリアだもん、ないよって言われたらそれまでだもんね。」って。

そしたら、おじさんが「あったよ~」って。

ひゃっほぉぉおおおよかったぁ。

冷や汗かきかきホテルに戻ると、受付にいたお姉さんが、笑顔で
「Delfinoさんですよね?電話くれた。はい、どうぞ」って渡してくれました。
ちゃーんと封筒に入れて、テープで止めて、おじさんのコメント付で。

お姉さんに、おじさんに感謝していた旨を伝えてくださいとお願いしました。
ここは、普通のビジネスホテルで、駅から近いっていうだけで使っていたんだけど、

一気にポイントアーップ

その親切なホテルはここ。MENNINIです(今もおじちゃんがいるかどうかはわからないけど)。
ミラノ中央駅から150Mの三ツ星ホテルです。移動にはとても便利なホテルです。

今日も来てくれてどうもありがとう
ランキング

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/66-a41c02a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。