Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ありなのかっ?

イタリアのとあるセルフのガソリンスタンド。

車を止めた場所の番号を押してお金を払うとその分のガソリンが入れられる。

8台分の場所があるのに、支払いの機械はたった1つ。
もちろん、前払い。           さすが、イタリア。効率という言葉は存在しない。
はい、いつもたいてい3、4人並んでます。

ちょっとこれどうなの?と思って、友達に聞いてみたら、
「だって、各場所ごとに支払えるようにすると、イタリアは機械が壊れてることが多いから
その場所自体、使えないってことが起きるわよ~」
と笑いながら言っていた。

イタリアは、トイレをはじめ、機械が壊れてることが確かに多い。
しかし、それならば、
「支払いの機械が1台って言うのは、かなり危険な賭け ではないか?」

といってみたところ、
「そういえばそうだね。2台くらいはほしいよね~」とこれまた
ほしいという強い意志を感じられない、あるものをそのまま受け入れる体の言い方でした。

すごいよな~、イタリア人。

日本にいると無意識のうちに「もっと、もっと」と
先を、もしくはさらに上を求めてしまうけど、イタリアって「事足りてるから良くない?」
ってな感じなんだよな~。

イタリアに来て、急に肩の力が抜けるのは、こういうところかも。  力が入ることも別にあるけど(笑)



さて、このガソリンスタンドで、車の陰にこっそり隠れて撮った写真。  




盗写はしてはいけません、はい。
今日もひと手間ありがとうございます。
↓ぱひ~
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


それでもイタリアなワケ

見て、この男性。



それでもイタリアなワケ

こっ、この髪型は、ありなのか!?

おかっぱというのでは・・・。

天然なのか、ゆるいウェーブがかかっているから、ごまかしが、きいているようなものの。




・・・・・金八先生、イタリアン・バージョン。

まさか、こんなところでお目にかかれるとは。郷愁~。




週も半ばですね。折り返し、がんばろー!
今日も読んでくださってありがとうございます。
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Delfino部長v-290
わたくし、どちらかというと「なけりゃないでいいじゃん」的な考え方をします。はい。でも、日本の枠組みの中に入ってしまうと、“もっと上”を目指さないといけないので、、、ふう。疲れるのよね!ま、それが日本のいいところでもあるけれど!力の抜き加減が大事だってことを最近気づいたわ(今ごろ遅いってe-441

このおにーさん、どんなお顔なのかしら?“ダリ”か“イヤミ”かそれとも“断髪したての力士”???

【2012/07/25 】URL | 永とも #JalddpaA[ 編集]

こんばんは!
私もこのイタリアン金八先生の顔気になりますぅ~☆
しかし・・・ガソリンスタンドこわいですね^^;
その1個が壊れたらと思うと、心配です^^;
応援ポチ☆

【2012/07/26 】URL | ゆか #-[ 編集]

◎永とも会長へ◎

会長~♪
永ともさんは、だってもうイタリア人だから~(笑)
日本にいるから生きやすいように、ルールに従ってるだけで。

ほんと、力をどこで抜くかで、自分らしくいられるよね。
でも力を抜くためにはそれなりの自信(愛されてる自信、やれる自信とか)が中にないとできないね。

がはは、力士って笑える~。
そうだねぇ、わかりやすいところで言うと、アントニオ・バンデラス系でした!

【2012/07/28 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

♪ゆかさんへ♪

ゆかさん、こんばんは♪
あら、ゆかさんも~?じゃあやっぱり写真撮っておけばよかったですね~(笑)

この後で行ったガソリンスタンドは、まさかのその一台が故障してました!
やっぱりあったよ、イタリア!しかもカードは入るけど、お金が入らない。。。

ポチ、ありがとうございます!

【2012/07/28 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/639-3d077978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。