Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリアの牛乳

野菜いっぱい食べて、たくさん寝たら、元気になりました(笑)
思ったより回復が早くてよかったです。     


さて、国が変わると、違うものっていろいろありますが、
イタリアって、牛乳の種類がいっぱいあるのよね~。

私の中では、牛乳って言うとスイスのイメージ(ハイジってスイスだったよね?)。
なんでイタリアに牛乳の種類がいっぱいあるんだろう。

牛乳消費国なんだろうか。
調べたら、EU諸国のベスト10にも入っていなかった。。。あれ?

それでもイタリアなワケ

この、パックの大きさの割に、やたらと注ぎ口が大きい・・・ってことじゃなくて、
これ、Latte Frescoって書いてあるでしょ。
フレッシュ牛乳って言うのかなぁ。新鮮じゃなくって、生乳って意味でっせ。

イタリアは、このLatte FrescoとLunga scadenza(ロングライフ牛乳)の
大きく分けて2種類あります。    どちらかというとロングライフ優勢

Frescoはスーパーの冷蔵棚に置いてありますが、ロングライフは常温。
わたしは、牛乳を常温に置くのをみたことなかったので、最初はめっちゃ驚きました!

そして、脂肪が多いからといって、ロングライフのほうを選ぶイタリア人の多いこと!
こんなのよりも、毎日の砂糖の量と肉を減らせ~!と思ってしまいます。


Latte Frescoの中でも、
Intero(全乳)とParzialmente Scremato(低脂肪乳)、Magro(脱脂乳)
というのがあります。

Lunga scadenzaのほうにも、Parzialmente Scremato(低脂肪乳)があります。
でもね、私理解できないんですけど、
ものによっては「Scremato Magro」って書いてあるのもあるんですよね~。
クリーム抜きってことは脂肪抜きってことじゃないのかなぁ。
不思議イタリア。


でね、友達のイタリア人に聞いたら
赤ちゃんは生乳のInteroを飲むって聞いたので、日本と同じだ~って思ってたら、

乳児用の「Latte di crescita(フォローアップミルク)」を発見。
そこには、
LATTE PARZIARMENTE SCREMATO a lunga conservazione(低脂肪乳 長期保存用)
って書いてありました。。。あり?


それにしてもロングライフ牛乳、常温に置いているだけじゃなくて、
賞味期限が1か月なんで、なんちゅう牛乳やねんと、調べてみました。

そしたら、超高温殺菌法(UHT処理というそうです)で滅菌処理をし
無菌状態でパックに充填してあるので、長期間保存できるんだそうです。

しかし、この殺菌法だと、基準原乳中の有用な菌までも殺してしまうだけでなく、
タンパク質やカルシウムの変性も大きいし、
120-130度という高温加熱のため、加熱臭が加わることもあるそうです。

美味しさと栄養半減 ってことですね。

イタリア人、食にうるさそうなイメージなのに、牛乳に関しては、
そうでないものを選んでるのね。

そりゃ、乳酸菌などを残し、有害な菌だけを殺す低温殺菌牛乳のほうが美味しいよね~。
日本って今低温殺菌のほうが多いよね?



これだけ熱く語っておいてなんですが、
わたくし、牛乳アレルギーなのか、分解できなかったようで、子供のころ
ほっとんど飲みませんでした。
皮膚の調子が悪くなるし、給食の牛乳は、ちょっと塩味がしてイヤだったんだよねぇ。
同じクラスの子にあげたり、こっそり捨てたときもありました。   ごめんなさい

赤ちゃんの時も、嫌がって飲まなかったらしいです(笑)
出産時の問題で長いこと入院していた母は、体力が落ちるので母乳をあげることができず、
しかし、わたしが飲んでくれないから、大変困ったそうです。
かわいそうに。

今は、”毎日たっぷり”じゃなければ、飲めるようになりました。
イタリアのカップチーノ大好きです。ソフトクリームやチーズも大好物です。





この間やっとこさ、代官山のイータリーに行ってきました♪
期待が大きかったんでしょうか、TVでみて想像してたより小規模でした。
そして、値段におののいて、後ずさりして帰ってきました(笑)
↓ぱひ~
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


あ、そうそう、イタリアって、牛乳のほかに、豆乳はもちろん
コメ の牛乳(ちがうな米乳か)もあります。

ただし、いずれもおいてある場所は、常温
でも家に持って帰ると冷蔵庫に入れるのは何でだろう~?


イタリアの飲み物は、基本的にすべて甘い。砂糖抜きなのは、水くらいじゃないかなぁ。
もちろん緑茶にも砂糖が入っています。(ティーパックは別よ)

やたらと甘いのは、ほかにヨーグルト。
日本でも果物入りのは甘いけど、そんなの比じゃないくらい甘い。

イタリア人、砂糖とりすぎじゃないか?
甘さ控えめの国、日本から行くと、たまに胸やけがする時があります。
甘い飲み物で、料理と合うんだろうか。
ホント、不思議だわ~。

そうだ、飲み物でも、ネクター系の種類が豊富です、イタリア。そして、味が濃い。
美味しいんですけど、私には濃すぎ(甘すぎ)なので、水で薄めて飲みます。


これ、食べ物じゃないんだけど、不思議だなぁって思うのが、
イタリア人は、あんなにたくさん食べるのに(そして皿も大きいのに)、
キッチンの水槽が浅くて狭い

なんで~?         みんなが食洗機持ってるわけじゃないでしょう?

いまだに???です。
イタリア人に聞いても「これが普通」できてるから、納得いく説明を得られません。
”なぜ”か誰か教えてくださ~い。





次はローマのイータリーに行ってみたい!広いんだってね。
あ、でもこれ、もともと北のお店だったよね?
↓ぱひ~
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

うちでもいつも長期保存の

牛乳を購入しているんですが、そんなに栄養や取れるミネラルが変わってしまうんですね! イタリアに来たときは、こんな牛乳があるんだとびっくりしたし、味に慣れなかったのですが、長く一人で留学生活をしていた頃から、大学にいる時間が長かったり、カップッチーノはバールで飲んだりと、新鮮な牛乳を買っても、消費期限が切れるまでに飲みきることができなくて、そのうち長期保存の牛乳を買うようになりました。うちで買うのは、安全だということで、地元ウンブリアの乳牛からとれた牛乳を使うGrifo latteです。買ったときに、消費期限が2か月先ということもよくあります。うちの場合は、新鮮な生野菜が自宅の畑で採れるためもあって、日常的に買い物に頻繁に行くわけではないので、消費期限の長い、この牛乳は便利なのですが、今は夫と2人で暮らしているわけですし、今後どの牛乳を買うか検討してみようと、Delfinoさんの記事をきっかけに思いました。まあ、うちの夫も、仕事のある日も、休日も、家出よりはバールで飲むカップッチーノの方が好きなので、あまり牛乳を家で飲まない人ではあるのですが。

キッチンの水槽は…… どのくらいの高さを基準に、日本は深くて、イタリアは浅いとおっしゃっているのか、分からないのですが、友人でとても深い水槽を持つ人もいます。ちなみに、最近家の改築にあたって、いろいろ話したり調べたりしたところによると、台所内に取り付ける食器乾燥機は、水槽の真下には入らないようです。水槽の深さに加えて、その配水管もあるためです。うちでも改築用の家には賃貸用のアパートが三つできる予定で、その三つのアパートの台所をめぐって、いろいろ話をしているのですが、壁や窓の位置から限られたスペースの中で、水槽を大きくすると、食器洗い機が入らなくなるしで、何を優先するかで、いろいろ考えているところです。

今度イタリアにいらっしゃるときは、ぜひお声をかけてくださいね。

【2012/08/27 】URL | なおこ #-[ 編集]

こんにちは

イタリアの牛乳は奥が深いですね(笑)。
旅行だとスーパーに行っても牛乳売り場なんて見ないので・・・次回はじっくり観察してみようかなって思いました。

【2012/08/27 】URL | Kimi #JalddpaA[ 編集]

♪なおこさんへ♪

なおこさん、こんにちは!
長々と書いちゃったな~と思っていたんですが、こんな風に感想いただいてとっても嬉しいです。
牛乳の賞味期限は一週間、というのに慣れている日本人には、この長い賞味期限が、衝撃的ですよね。

水槽については、私が以前、住宅の素材の輸入会社にいたので、直接扱うことはありませんでしたが、キッチン用品をよく目にしていたというのがあるかもしれません。その感覚で浅いと書きました。
改築用のお宅には賃貸用のアパートが三つも!広い土地でいいなぁ~:-)
改築の時にいろいろ考えるのって楽しいですよね。
はい!ご連絡させていただきますね♪ぜひまたお目にかかりたいです。

【2012/08/28 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

◎kimiさんへ◎

kimiさ~ん♪ブログにコメントいただけて、嬉しいです!!
どうもありがとうございます!!
(Twitterをうまく活用できていないもので)

あは!ほんとですね~、いろいろありすぎて。
きっとこれに興味を持ってくださった牛乳好きの方が、どこかでさらに掘り下げてくださることでしょう(笑)

わかります!旅行だと別のものに目がいっちゃうから、なかなか牛乳まで細かく見ないですもんね。
次回はぜひ♪牛乳とかヨーグルトなども観察してみてくださいませ♪

【2012/08/28 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/636-34b3602e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。