Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カギと次回のイタリア行き

それでもイタリアなワケ

重厚なドアですね。
人間の大きさを考えると、ドアって言うか、門って感じ(笑)
これ、フィレンツェのフェラガモさんのドアです。

こういう大きさのドアを見ると、わたしは「あ~、ヨーロッパだなぁ」って思います


それでもイタリアなワケ

うちは家族がみんな、背が高いせいもあって、システムキッチンの高さをあげてもらったり
布団も長くしてもらったり、と何かと特注(笑)

そのせいか、小さい時から、広い場所、大きいものが大好きでして。
なので、こういう大きめのドアが心地いい。

あ、修道士さんうつっちゃってますね(笑)はい、ここ教会横の修道院のドアです。


それでもイタリアなワケ
以前、ローマでチェコ人の子と一緒に住んでいたアパートで~す。なつかしい

以前、窓シリーズを書きましたから、今回はドア、ってことはなくって(笑)

わたし、今まで、イタリアで4つ、アパートに住んだことがあるのですが、
家から閉め出されること、多し!


ってどういうことかというと、

それでもイタリアなワケ

ま~、ドアの開け閉めの難しいこと!アパートに入れない!

閉まる時はたいていオートロックなんですが、
ドアによっては、内側から閉めるドアもあって、戸締りして出かけるのに、時間がかかる!
なんでこんなにコツがいるんだよ、イタリアのカギはよ~!!!


えっとね、家から帰ってくるでしょ。
んで、うまく開けられなくて、外人だけに(わたし)、泥棒と間違われてないかしら?
なんて、きょろきょろして、かえって怪しい。。。。挙動不審。

やばいぞ、わたし。
しかし、焦れば焦るほど、開かない。。。。


いかように難しいかというと、





長くなっちゃったんで後半へ☆
いつもひと押しありがとうございます
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


それでもイタリアなワケ

基本的に、たいていドアは二回半まわしなんですが、

二回半の、半のときに、
閉まっているドアをちょっとだけ、さらに
引っぱりながら回さなくてはいけない とか

別のドアは、ドアノブを普通下げてあけるけど(上のような取っ手のドアの場合)、
鍵をかけるときに、ドアノブを上に引き上げながら鍵を回すとか。
ノブを引き上げきって鍵をかけるんじゃなくて、引きあげながらって言うのがミソ。

そして、そもそもドアそのものが重くて、あけづらいってのもあるし。
私、カギが閉まってると思って、ドアの前でもたもたしてたら、実はドアが重かっただけで、
後ろから来た別の住人に押し開けてもらったことあるもんね~(笑)

ま、とにかく、なにかと、カギに一工夫が必要なんですよね。
それを思うと日本のカギの技術ってすごいな~、どれも、だれでも開けることができる。
そして、カギで簡単に開けられるけど、針金なんかじゃ開かないもんね~。

やっぱり日本製品の正確さ、精密さはすごい!

ま~、あけにくいドアも、過去の経験で、ちょちょいと開けてしまうイタリア人も
別の意味でスゴイですが。


それでもイタリアなワケ

以前一緒に旅行に行ったMちゃんなんて、家の中で閉じ込められましたからね(笑)

これ↑、その旅行で2週間借りたアパートの洗面所のガラスドア。
折り畳み式なんで、中から出るとき、軽く引けばあくはずだった。

私は、廊下の端の別の部屋を使ってたんですけど、なんか私を呼ぶ声が遠くで聞こえる。。
と思っていってみたら、ガラスに張り付くMちゃんが(笑)

くぼみ部分を引くだけのはずなのに、引けない。。。。って。
外側から、押し開けて、Mちゃん救出~☆
で、Mちゃんにドアの前にいてもらい、今度は中に私が入ってやってみました。


あ、あかない・・・・。


取っ手がわりのくぼみを引くだけのはずなのに!硬いって言うか、びくともしない。
折り畳み式のバネどうなってるんだよ~。

ドアの下側に手を入れる隙間もない(こんな時に限って!)
ってことで、この2週間は、洗面所&トイレを使う時は、
声をかけあうか、ドアを若干あけて入る ことにしました。




さて、次回のイタリア行きの日程が決まりました。12月中旬です。
う~む、年賀状を出すには、微妙な日程だ。

そしたら、友達が、年末の休みを使って、イタリアにやってくるそうな(笑)
今、チケット探してるから、まっててね~だって!

そして、また別の、弟というには若すぎるくらい年の離れた友達が、2月末~3月に来るって。
就職がきまったお祝いで、バックパックで数か国旅行するんだって。
いいな~♪♪♪

行ったり来たりするから、みんな焦らなくていいよ~っていうのに、
Delがいるんなら行くわ、この機会を使って、と速攻計画をたてて来る、わが友よ(笑)

知ってる顔があるとさみしくないから、うれしいよ!
しかし、案内できるほど詳しいかどうかは、わかんないよ~。
一緒にうろうろすることになるかもよ~(笑)





教訓:イタリアで密室に入る前にはカギをチェックしましょう
今日も読んでくれてありがとう!
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Delfinoさん、こんにちは。

時々大学の研究室や友人宅のドアで、これはどうやって開けたらと困ることがわたしもあります。ただ、こういうのは家がひどく古かったりたてつけが悪かったりするだけで、さいわいそういうドアばかりではありません。うっかり閉じ込められたお友達、さぞかし怖い思いをされたことでしょうね。

一番怖いのはトイレのドアで、レストランやバールのトイレに、入るときはあまり考えずに入って鍵をかけたあと、あれ、どうしたら開くのだろう、あれ、開かないぞ、日本と違って上下にすきまもないので、そこから逃げるわけにもいかないし、完全密室でここでは携帯電話もかけられないし……とひどく怖い思いをすることもたまにあります。ポルトガルでは単にたてつけが悪いせいなのですが、トイレのドアが開かなくてこわい思いをしたことが何度もありました。古くなって、鍵がふつうにあかなくなったら、多少お金はかかっても、ドアをなおすとか鍵をつけなおすとかしてほしいものですよね。外国の町の家の前で、Delfinoさん、切ない思いをされながら鍵を回されていたのではないかと想像します。

イタリアにいらっしゃるんですね! お会いできるととてもうれしいです。

【2012/11/19 】URL | なおこ #-[ 編集]

重厚なドアを沢山写真撮りましたね東欧でが。
ヨーロッパって感じでカッコ良くてノックの金具とか撮りまくりました、、、;^_^A
私は安いホテルに泊まったのでベルギーでホテル入口のカギを貰ったのですが戻ったらドアの前で若い男子が悪戦苦闘してました。
数泊していたのでグリっと開けてあげました。
こう、鍵をさして微妙に持ち上げるような感じにしつつ、そっと引っ張るとあいたのですw
彼は私の持ってる水を見て、どこで買ってきたか聞き、買いに行ったので中で待ってあげてたらやっぱり、閉めだされてました。
得意げに開けてあげて教えておきましたw
トイレとかアメニティとかボロかったり、あり得ないことが多いヨーロッパが大好きです。トイレットペーパー小さいのは共通でしょうか??

【2012/11/19 】URL | choko #-[ 編集]

重厚なドアを沢山写真撮りましたね東欧ですが。
ヨーロッパって感じでカッコ良くてノックの金具とか撮りまくりました、、、;^_^A
私は安いホテルに泊まったのでベルギーでホテル入口のカギを貰ったのですが戻ったらドアの前で若い男子が悪戦苦闘してました。
数泊していたのでグリっと開けてあげました。
こう、鍵をさして微妙に持ち上げるような感じにしつつ、そっと引っ張るとあいたのですw
彼は私の持ってる水を見て、どこで買ってきたか聞き、買いに行ったので中で待ってあげてたらやっぱり、閉めだされてました。
得意げに開けてあげて教えておきましたw
トイレとかアメニティとかボロかったり、あり得ないことが多いヨーロッパが大好きです。トイレットペーパー小さいのは共通でしょうか??

【2012/11/19 】URL | choko #-[ 編集]

いつも楽しくブログ拝見させていただいています♪
初めてのコメントです! 私は旦那さんがイタリア人なんですが イタリア生活はこの6月からとまだまだ初心者です。 フェッラーラってとこに住んでいます。でもDelfinoさんのブログ そうそうって笑ってしまうことが満載で毎回 とても楽しく拝見させていただいています。 ドアの鍵 私も同意見です!! 今住んでいる所の鍵もコツを習得するのに時間かかりましたよ~ 日本ではぶち当たったことのない問題に出会うから毎回冷や汗ものですよぉ。
イタリアに来られるんですね~♪  お近くならお会いできると嬉しいです~

【2012/11/20 】URL | つき #-[ 編集]

◎なおこさんへ◎

こんにちは~

トイレ!わたしもあります、あります。鍵が開かなくなって(というかどうやって開けるかわからなくなっちゃって)困ったことが(笑)
その点北米のトイレは、足元が大きく開いて外からも見えてるので、困っていることに気づいてもらえるんで良いです。
しかし、そういう国にかぎって鍵が開けやすいんですよね~。

なおこさん、優しい♪そうなんです、ご想像通り、一人必死にカギを開けようとじたばたして、切なかったです~(笑)
欧州って、設備を直すという感覚が日本ほどきっちりしてないんでしょうか?使えないわけじゃないからいいよね~って感じで建てつけの悪いドアもそのままのところが多い気がします。

はい!またイタリアに行きます!スケジュールを見て、ご連絡させていただきますね☆

【2012/11/21 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

♪chokoさんへ♪

chokoさん、こんばんは!
わ~、またコメントしてくださって、うれしいです。

一緒だわ。私も金具の写真も撮りました(笑)
そうそう!微妙に持ち上げるような感じで引いたり、数をこなしてうまくなりますよね~。
待っててあげるなんてchokoさん、優しい♪
この若い男の子、chokoさんのおかげでずいぶん助かったでしょうね~。一人だと難易度たかいですもん。

トイレットペーパーですか?!そう言われてみるとちょっと日本より幅が狭いかもしれません。巻きの長さは日本より長いけど。
今度、計ってみようかな(笑)

あは!あり得ないことが多いヨーロッパを楽しめるなんて、chokoさん、欧州向きですね!

【2012/11/21 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

◇つきさんへ◇

つきさん、こんにちは
初コメントありがとうございます☆
ブログ読んでくださっていたんですね、うれしいな~。

おぉ!イタリアデビューは6月からですか!ご結婚おめでとうございます。
きっとそれまでにも、たくさん行き来しておられたと思いますが、住んでみると、またちょっと違いますもんね。
慣れてくると、しんどいことも出てくるかもしれませんが、頑張り過ぎずに、イタリア生活楽しんでくださいね♪

つきさん、フェッラーラにお住まいですか!?出張中、ボローニャで乗り換えて、何度か通り過ぎました!
町まで行ったことないんですよ~、行ってみたいな。
はい、たぶんお目にかかれる気がします~♪いろいろイタリアの話で、笑いあいたいですね☆

ねっ!ですよね~、ドアは本当に数をこなさないと、ちゃっちゃとあけられないですね。
エレベーターが止まったり、イタリアはスリル満点、自分の持っている運を試されるようなことがいろいろ起きます(笑)

【2012/11/21 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

こんばんは!
イタリア怖い(><)
一人だったら閉じ込められたまま何日も・・・・
おそろしや~
そういえばDelfinoさん背が高いのですね!羨ましい。
うちは輸入住宅なので、シンクの位置や棚の位置が高く、私は椅子を使っています。食器洗いでは胃のあたりが汚れます^^;
応援ポチポチ☆

【2012/11/21 】URL | ゆか #-[ 編集]

☆ゆかさんへ☆

ゆかさん、こんばんは。
うふふ、イタリア、トラップがいろんなところに仕掛けられてますよ~(笑)

はい、そうなんです、わたし170㎝の大柄です(笑)
いいなぁ、輸入住宅、いろんなものの高さがありますよね。
えぇ~、胃のあたり!?
ゆかさん、うちの実家にお越しになったら、天井が低く感じるかも。
人間でいっぱいですから(笑)

【2012/11/22 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2012/11/23 】 | #[ 編集]

こんばんは

わーわたしもあります閉じ込められたこと。
折りたたみ式のドアでシャワー室(?)に・・・それも一人で泊まってたんですよ(泣)。
パニクリながら壊すくらいの勢いで叩いてたら動いたんで助かりましたけど^^;
閉めるときは軽く閉まったのに、イタリア恐るべし。
もうちょっとで、お掃除に入ったらシャワー室に裸の日本人が・・・ってなるとこでした。


【2012/11/23 】URL | Kimi #JalddpaA[ 編集]

△鍵コメさんへ△

ご連絡ありがとうございます。
のちほど、メールをお送りいたしますね。

【2012/11/24 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

€kimiさんへ€

kimiさん、こんばんは:-)

え~、kimiさんもありましたか!
焦りますよね~。しかも、裸だと(笑)
出られた後、妙に冷静になって、裸で焦ってた自分に笑えて来たり(笑)

そうなんです!閉めるときは、簡単に閉まるんですよね!
いや~、kimiさん、よかった。
係りの人じゃなくて、自分で出られて☆

【2012/11/24 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/620-7039a56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。