Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


耳掃除はしているのか?

昨日は、アメリカ人の同僚2人と飲みに行ってきました~♪
美味しかった♪楽しかった♪

彼らは大学生の時にフィレンツェに一年留学したことがある人たちで、
そのせいもあってか、とぉ~っても気が、いや、ノリが合うんです。

彼女たちね、その留学中に付き合いが始まったんですよ~!おぉ~。
て、今では日本に一緒に来て働いているという。

彼のほうがシアトルの離島出身で、Googleで見せてもらったら、スゴイステキな場所!
美しい海が目の前、森に囲まれて、隣家とはかなり距離があって
「え?これ、別荘???」って雰囲気。
「Del、僕らがアメリカに帰ったら(再来年帰るの)、いつでもおいで~」って言われているので、
バカンスでいつか行こう~っと♪

それでもイタリアなワケ

さて、
うちの会社に何人かいるイタリア人とプライベートで食事に行った時。

わかりやすいように、仮にイタ1、イタ2、イタ3、イタ4といたしましょう。
その他、わたくしを含めて日本人3人。

集合場所から、みんなで一台の車に乗り合わせて向ってたんですけど、
ま~、やかましい ったらありゃしない。


運転手と助手席に日本人2人、
イタ1、イタ2が2列目、イタ3、4とわたくしの3人が、後部座席に座っておりました。

ここから地獄の移動が始まるわけです。




興奮したイタリア人に勝つには
腹式呼吸が必要です。
同意の方は↓ぱひ~
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
お気に召していただけたらこちらを1日1クリックお願いいたします


楽しいのよ、言葉遊びも多いし、めっちゃ笑えて楽しいの♪

だけどね、

ほんまにさ~、申し訳ないねんけど、
「うるせー!」って叫びたくなるほどの大音量 なんだよねぇ。

広い空の下なら、ええんよ。
大声で話し、爆音で笑って楽しむのは。

ここは、一般車の中じゃ~~!!!ぐおぉ~!!!


イタリア人と一緒に一日いたことのない方は、ピンとこないかもしれないので
ちと補足。

・「あの大声は、一体どっから出しているんだ~!?」ってくらいの声です。
・音楽かけてるんだけど、・・・・・・・きこえない、です。
・デシベル値でいうと、たぶん、「騒音」レベルだと思います。


入学したての小学生、またはサルの群れのような騒がしさのイタ1-4の盛り上がりに、
「ね、ちょっともう少し小さい声で話してくれない?」と振り返った
助手席の日本人の声は、案の定、見事にかき消され。。。。

「ちょ~っと、あんたら、ね、ちょっとうるさいねんてっ! って、
わたくし、前の席にいたイタ1をどつくと(軽くでっせ)、

「アイヤー、Delデル(私)が、どついたぜー、アオー!」
更にヒートアップ。

しもた・・・・・やらなきゃよかった

しかも運の悪いことに、わたくし、イタ3とイタ4の間に座っておりまして。
あまりの大音量弾丸トークに、だんだん、
頭がぼわんぼわんして音がぼ~っと反響してまいりまして。

最後には、音は聞こえず、
すごい勢いで目の前で繰り広げられるジェスチャーだけ見えるという状態に(笑)

こんなふうに、
どんどん盛り上がっていくのに反比例して、日本人全員エネルギー吸い取られ。

テンションの高いイタリア人につき合うには、
なにより、気力と体力が必要です。

それでもイタリアなワケ
もしくは、こう↑する気合いです。



イタリア人よ、
耳掃除しとんのかぁ~!?(笑)
↓ぱひ~
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
いつも応援ありがと~♪携帯の方はこちらをクリック♪Grazie
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/609-6b6af873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。