Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラマじゃなくって!? in南イタリア

昨日は、Pasquetta(パスクエッタ)でしたね~。      終わってから言うなって?
イタリアでは、ピクニック行ったのかしら?なんでこの日にピクニック行くのかな。
日本人が花見に行くのと同じ?

一昨日は、4月らしいポカポカ陽気で、花見に行ってきました!
ここのところ冬みたいに寒かったもんね~。
今までは公園などの花見スポットに行っていたのですが、今回初めて
植物園 で花見。

入場料はかかるものの、500円のワンコインで、しれてるし~。
かなり広大な公園のような感じで、桜の種類も豊富で、
桜のほかにたくさんの種類の花も。
園の中は、噴水があったり、小高い丘や展望台があったり、ステキなところでした!
リフレッシュできて楽しかったです。

それでもイタリアなワケ

イタリア人って、一人で行動するのが少ない寂しがり屋の人たちだと思っていました。
しかし、
「好きでもない相手と一緒に行くくらいなら一人で行く。」とか
「行きたい場所じゃないから、行かずに一人でいる」
「パスクエッタも、土日(遊び過ぎ)で疲れているから、家で一人ゆっくりする。」って
言うイタリア人、私の周りに結構いました。

固定観念もってて、ごめんなさ~い。

もう一つ私の思い込み。
イタリア人って、電話する回数が多いし (だって日本人、仕事中にプライベートの電話しないもん)
電話番号を教えるのに抵抗がないのかと思ってました。
日本人が、お店のカードを作る時に住所や電話番号を教えるみたいな感じに。

そしたらね、すごい抵抗あるんですって~。驚き!
まぁ、日本のように、会員カードを作ったり、情報が送られてくるハガキなど
そういうサービスがイタリアには少ないって言うのもあるけど。

サービス業を営むイタリア人に、お客さんの住んでいる場所から、
どの地域からよく客が来るかとかそういう分析してるの?って聞いたら、

そんなのムリ、住所を聞くだなんて。
(商品引き取りを急いでる人に連絡するために)電話番号を聞くのだって
「なんで言わなくちゃいけないの?」って感じに不審がられることもあるんですって。

そうか~、意外だぁ。
世界で一番騙されやすい国にも選ばれたことのあるイタリアだし、
個人情報にそんなに敏感だとは思わなかったわ~。




昨日、しばらく51位にいました!皆さんのおかげです。
テンションすっごい上がりました。
ありがとぉぉおおございます!
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
いつも応援ありがと~♪




いつもおちゃらけ役のイタリア人同僚が、
会社に来て早々、血の気のない顔をして「明日から一週間有休をとることにした」と。
ただならぬ様子から、「大丈夫か?!何があったんだ?」って周りがきくと、
「いとこが亡くなった」と。

異国で聞く、親族の他界。
自分のいる場所の遠さや、色んなことが頭を駆け巡って、何とも言えない気持ち
だっただろうなぁ。

で、その同僚がいうには、
いとこくん、車を路駐(イタリアでは普通ですね)して、どこかのお店に入店。
すると大声で怒鳴る声が聞こえる。

店から出てみると、車をどけろ、と。
二重駐車(これもよくある)しているわけじゃないし、実際通れる幅はあった。
ので、いとこくん、
「いや、通れると思うよ。」

するとこの人、キレまして(出ました、思い通りにならないとキレる!)
終いには、いとこくんと彼、怒鳴りあいに。
どうも、このキレた彼、いとこくんがとめていた場所に、自分が車をとめたかった
みたいなの。(いつもとめてたのかな?)

で、最後に彼、








ナイフを出して、いとこくんを刺しました  ウソッ!
いとこくん、唸り声をあげて倒れ、彼は逃走。

これ、昼間の時間帯ですよ。

救急車が来るのが遅かったのか、刺された傷が深かったのか、
いとこくんは亡くなってしまいました。

幸い、目撃者もいたので、犯人はつかまりました。
私はてっきり、キレた彼は、チンピラみたいな人だったのかな?って。
そしたら、ちがうの。
社会人の中年男性で(何の仕事か忘れた)、彼の父親は医者。

日本でこういうことなくない?

同僚のいとこくん、翌月、パパになるはずだったのに。。。。
奥さんのおなかには、初めての子供が。
奥さんの気持ちを考えたら、もう、かわいそうすぎて声が出ませんでした。
彼の両親や兄弟のことを考えたら。



これ、ナポリでの話です。
たまたまかもしれない、そうだよ、きっとそうだよ。。。と思いたい。

でも、わたくし、南イタリアの都市にいくつか行ったけれど、ナポリは
緊張するんだよねぇ。
なんかねぇ、ナポリは空気が違うんだよなぁ。
イヤ、人が違うんだろうなぁ。



Pasqua(イエスキリストの復活した日)の時に、この話題ですまん!
思い出しちゃってさ。
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
いつも応援ありがと~♪
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんにちは!
電話番号の交換が慎重なだけにいったん交換したらまめに連絡するって事なのですかね?電話したい相手にしか教えないということでしょうか^^;
私はそっちのほうがわかりやすくていいと思います!
『今度ご一緒しましょう』『メアド教えてください』とか初対面で聞かれて、私は『なんで?そんなにお話したっけ?』と常々感じていました。
社交辞令なんでしょうけどね^^;
携帯のアドレス帳には連絡をとりあっていない人の名前が結構ある私です^^;

【2012/04/11 】URL | ゆか #-[ 編集]

こういう何だかやりきれない事件が、最近は増えてきた気がします。煙草をくれと言われて、断ったために高校生が殺害されたのは、昨年のことでしたっけ…… それは北イタリアだったように覚えています。うちの夫も気が短くて、ごくたまにですが駐車場で他の人といさかいになったこともあるので、他人事ではありません。

ナポリはやっぱり知らない人が行くと危険だから、君たち日本人が訪ねたいなら、ぼくらのように町を知っている者が同行しないとと、去年日本語を教えた生徒さんが言っていました。地元の人でも、知らない区域では身の危険を感じるそうです。

【2012/04/12 】URL | なおこ #-[ 編集]

☆ゆかさんへ☆

ゆかさん、こんにちは!
>電話したい相手にしか教えないということでしょうか^^;
あ~、これ正解かも。
電話してほしい相手じゃなくて、自分が電話したい相手に教えてるわ。

わたしは、そのうち印象が薄れるであろう方のメルアドには、
関係のある友達とか見た目とか注釈を設定してます(笑)

【2012/04/14 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

◎なおこさんへ◎

そうだわ、「やりきれない」だ。
的確な日本語が浮かんでこなかったんです、これ。
イタリア人、噴火型の人が多いから、カッとなって・・・ていうの多そうですね。

え~!意外です!写真で拝見する限り、なおこさんのだんなさま、
すごく物静かで、ゆったりした方だと思っていました~。いや~、びっくりです。

ナポリ人の同僚が、普通の人が入れない地域があるけど、
空気が違うからすぐにわかるよ、と言っていました。
ナポリに遊学したイタリア好きの日本人同僚に至っては、
「あそこは、人のすむところじゃない」なんてナポリ好きの方が聞いたら
怒りそうなことを言っていました。
やっぱりナポリは現地の人に案内してもらって安心していきたいですね。

【2012/04/14 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2012/04/15 】 | #[ 編集]

鍵コメさんへ

ホント、人生にはあるんでしょうが、こういう事件は心がいつまでたってもモヤモヤしますね。

こちらこそ、差し出がましく、ごめんなさいね。
実は、気になっておりまして。ああいうことを書く必要がなかったかも、と。
私も転職活動中に、胸の内をモリモリ書いていましたが、あの時
自分の気持ちをさらけ出してスッキリする、自分の考えに同意してもらう
ことで気持ちが楽になったということがありました。
なので、鍵コメさんも、ただ聞いてもらって、そういうことあるよねって
言われるだけで十分だったんじゃないかな、と。
余計なことしちゃった気がしてたんです。
たぶんね、時間がたって、状況と自分の立場が変わってくることによって
ご自分の中で穏やかに落ち着くときが来るんじゃないかと。

沢山の方がご連絡されていますし、お仕事も忙しいですから、
私への返事はなさらなくても大丈夫ですよ。
一人ひとりにお返事を書かれていたら、鍵コメさんの時間が無くなってしまいますからv-290
いつか、あー、こんな時もあったなぁ、と思っていただけるくらい状況が
改善されていたら、それで十分です。

【2012/04/15 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/607-49fa1c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。