Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妊婦のファッション in 日・伊・米

うちの家の前の、うっそうとした森がですね、来週から工事に入るそうです。
なんと、森を更地(さらち)にして、家が建つんですって~!!
しかも、15軒も!

あれ?15件も建つような、そんな広い土地だったのかしら?
ちょっと傾斜になってるし、土地を買った業者がつぶれただの、以前色々あって、
結局何もないわね、なんていってた矢先。

を切り始めたら、虫や色んな小動物が出てくると思うので、
薬を家の周りにまいておかねば。
物心ついたときから、ずーっとあった森なので、全部きられちゃうと思うと、ちょっと寂しいな。
切った木はどこに行っちゃうんだろう。
自分の土地じゃないので、わからないんだけど。

これがあったので、蚊も多かったし、虫やムカデが出たし、 昔は蛇も出た!
松葉を掃くのに苦労したり、落ち葉がたくさん飛んできて雨どいに詰ってしまったりしたけど、

今まで木陰を作ってくれてありがとう。
セミの声や鳥の声、木の変化で季節を教えてくれてありがとう。   
心にも優しいイオンをだしてくれて、ありがとう。 切り倒してごめんね。 
ここにいた、鳥たちも無事に次の場所見つけるんだよ~。


それでもイタリアなワケ

さて、こちら、ショーウィンドウに飾られているのは、ちょっとわかりにくいけど
妊婦のファッション   あ、Mちゃんが映ってる(笑)

スタイリッシュで、ステキね。日本のようにヒラヒラのついた、
お前が赤ちゃんなのか!?みたいな、ぶりぶりファッションじゃないところが私の好み♪
左側に大きなカバンも置いてあったりして、働くママ像かな?

ちなみに、ここは、妊婦服の専門店ではございません。

そこがステキです。
「ザ・妊婦」のような特別感が漂わず、普通に店のショーウィンドーに飾られると
いうところに、イタリアの妊婦の人権といいますか、
存在感といいますか、いることを社会から普通に認められているような
そんな感じを受けました。

もちろん、日本で妊婦が邪険にされているわけじゃないけど、
子供が生まれること(妊婦姿)を、見知らぬ人が温かく見守っている、喜んでいる感じは
なぜかあんまりしない気がするんです、日本。
気のせいかなぁ。




違う印象持ってたらゴメンネ。
わたしの見聞きした日伊比較です
↓ぱひ~
人気ブログランキングへ


日本の妊婦の会社員は、大変だなって思います。
あいにく、日本では、電車がいつも満員で、まわりが妊婦に気づきにくいのか、
しんどい思いをすることもあるみたい。

私の年下・年上、たくさんの友達が生んでいて、その子たちと一緒にいて思いました。
席を譲られにくいのは、老人だけじゃないみたいですね。
ただ、気づかれにくいっていうのは、マタニティの服に問題があるのかもしれないですね。

というのも、
日本は大切に大切にしまいこむ感じですけど、
海外の妊婦って、なるだけ今まで来ていた服を着ようとしてるというか、
おなかの形が思いっきりわかる、もしくは おなか出してません???

それでもイタリアなワケ

 わたし、最初ビックリしました。

 服から、おなかが張り出していて、
 へそ出し(というか腹出し)の人がいたんです。

 「ちみ~、腹は冷えんのか、腹は!」
 って思いました。

 妊婦でも 海に来て泳いでるし、
 夜の外出もけっこうしてるし。

 そんなもんなんでしょうか。
 北米・欧州の人は、骨格がごっつく、
 しっかりしているから、余裕なのかな?

 日本人は、きゃしゃだし、
 体力的に違うからなぁ。
   あまりの体力にたまにイタリア人がケモノに見えます


ね、このイタリア人も腹出てるんだよねぇ。大丈夫?まだ安定期じゃないのに。


ちなみに、アメリカでは、こんな働くママ用のビジネス服が売られています。
 (写真はMotherhoodのサイトから)
それでもイタリアなワケ

上からジャケットを着れば、すぐにわからないような感じですね。
シャツなんか、出産後でも普通に着れそうだし。
それでもイタリアなワケ
ジャケットを着た右端の写真は、妊婦なのか、太ったのか見分けがつきにくいなぁ(笑)
アメリカ人、このくらいのサイズの人が、普通にいますもんね。

英語のサイトですけど、写真を見るだけでも楽しいですよ→Motherhood


イタリアで、車に乗っていて、妊婦さんに気づくと
「Del、みてごらん。彼女はもうすぐ赤ちゃんが生まれるんだね」って、言われた事が
何度かあって、
自分に関係なくても、にっこりうれしそうにしてる人も何人も見ました。
バスの中でも、話しかけたり。(まぁ、これは妊婦に限った事じゃないが)

日本では、あんまり人をジロジロみないし、
反応が(外人と比べて)小さいから、わかりにくいだけかな。

とにかく、妊婦さんをステキな存在として扱っている印象を受けたんですよね。
そういうところが、イタリアいいな!って思いました。

たまたまなのかなぁ。
いくつかの都市で、そういうの見たんだよね~。




イタリアの教育は、状況が厳しそうですが、
妊婦に対しての扱いは良さそうだなぁ。
あ、でもマタニティーの教室は、日本のほうが充実してるか。
まとまりがなくなっちゃったけど、、
↓ぱひ~っとヨロシク♪
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/523-909ee7c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。