Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ただいま~

お盆、おわりましたね。

儀式

これは、サレルノ近郊の町で、墓地の移動かなんかで骨をうつす時の儀式です。

イタリア語がわかんないときに(今もだけどさ)、友達に聞いたんで、
ちょっと違うかもしれませんが元軍人の墓移動だったかな?(結局わかってね~)

知り合いの父上なので、ノイズをかけて顔を破壊してあります。
教会の周りに軍隊が来てました。他にも写真が数枚あったと思うんだけど、見つからない・・・
写真はないわ、あまり記憶がないわで、しょぼいブロガーですいません。

左の制服のお兄さんの後ろにTVカメラがいるんですけど、教会の外にもいました。
雰囲気はねー、50回忌みたいな感じ。
厳粛なんですけど、悲しみの漂わない雰囲気。
こういうとき、あー、言葉がもっとよくわかればなぁって思います。
サレルノ近郊

さて、わたくし、先週、母の実家に行っていました。
伯父の初盆で。
私の第二の母といえるくらい世話になっている、Del母の二番目の姉のダンナの初盆。

一般的に、お盆って、13-15日でしょ。
なんと、母の故郷は、初盆の家は7日からなんです!

ひえー長すぎっ!

なにをすんねん?と思うでしょ。
ちょうちんやら、何やら飾るのは、他の都市と同じなんですけど、
毎日、4回(朝・昼・夜・夜食)メニューが決まっていて、それを作ってお供えするの。

霊もそんなに沢山食べたくないんじゃね?って思ったりもするんですけどね~。
これ、多分、寺の策略だと思います。だって供え物メニュー表配るんだもん。
この町のお坊さん、欲坊主って言われてましてね(笑)
お父上とは正反対なので不人気なの。

ちなみに、母の実家では坊主の事を「おっさん」と呼びます。
オにアクセントつけて読んでね(詳しくは→こちら

そのほかに、お寺で配られるものをとりに行ったり、
初盆の家には、町内の方が入れ替わり挨拶に来てくれるのでその対応とか。

お寺に集まり(なんと朝7時集合!)男性陣がやぐらみたいなのを組んで、
夕方、家族はその周りを回りながら、ぼうずがお経を唱えたりする儀式があったり。

いやー、田舎は色んな風習があって大変です。
ということで、




すっかり更新してない間に、50位代だったのが130位くらいになっちまいました。
残念。
更新してない間もクリックしてくれた方、ごめんね、どうもありがとう。
人気ブログランキングへ


おかんを伯母の家においてきました

姥捨てじゃないのよ 伯母のお手伝いで。
彼女の息子は、仕事があって、ギリギリにしかこれないからね。

お子ちゃまたちも塾とかもあるみたいだし(今の子供は大変だー)。
年の離れた伯母には、お盆の行事はひとりでは、しんどすぎ。

死んだ人も迎える家族が、クタクタになるのを望まない気がするので、
省略しちゃえば良いのにって思うけど、ずっと続いてきてるとなかなか辞められないのよね。

約80歳の人にとっては、毎日の生活を一人で送るのもギリギリな感じなのに、
こういうイベントを一人でやるのはキツイですわ。

久しぶりに伯母の家に行って驚いたんだけど、家が汚れてる
伯母は片方目が見えなくなっちゃったので、そのせいもあるだろうけど、かなりのものでした。
若い頃はすっごいキッチリして、きれい好きの伯母だっただけに老いを感じました。

今まで伯父がやっていた仕事は、彼が入院してからの2年間止まったままなのでえらい事に。
物があふれて(物のない時代の人だから捨てられない)、整理整頓もね。。。

なので、わたし、ずーっと掃除してました(笑)
まずは、伯父の部屋の片付け。といっても箪笥を動かしたり、衣類を袋に入れたり、
をまとめて紐で結んだり、簡易ベッドを運んだり、まるで引越し屋のお兄さんでした!

壁に取り付けてある扇風機や、冷蔵庫、システムキッチンや食器乾燥機を洗ったり。
いやー、暑かった。お陰で痩せましたよ
今、減量前と比べて4キロ減です。もとの体重まであと3キロ、がんばれわたし。

香港
(写真は香港です。イメージってことで)

台湾の廟のお祭りでは、75歳以上の仕事のできないお年寄りに米が配られるんだそうです。

ビビアン・スーと彼女の父と祖父で、250キロのお米を奉納したんですって。
父上の病の回復を感謝してました。
年寄りでも元気な人は、そうでない仲間に間接的に寄付する。ステキ。

素直そうな感じがするんで、わたし、ビビアン・スー好きです。


お盆は、伝統行事、老い、親族とのつながりとか色々考える機会となりました。




次から、またイタリアに戻りますね~
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

お盆

お帰りなさ~い。
更新、待ってましたよ!

台湾にも、お盆あります。
『好兄弟/中元節普度』と言って、農暦の7月は仏様が帰ってくると言い伝えられています。
結婚式や水遊びは控えるようです。

『拝拝』と言って、お供え物をしてお祈りをする姿を、この時期にはよく見かけます。
ビルやマンション単位でロビーに集まり、お線香と紙のお金をガンガン燃やして盛大に行います。
私の勤めている会社も、日系企業ですが、年に一度この時期だけは『拝拝』をします。

ジーナ

【2010/08/18 】URL | Gina #mQop/nM.[ 編集]

◎ジーナさんへ◎

ジーナさん、ただいま戻りました~!
なんとうれしいお言葉を。どうもありがとう♪

もともと大陸から流れてきた日本ですけど、台湾にお盆の風習残っているんですね。
何気にお中元って使ってましたが、「中元」って単語もルーツはそっち側なんでしょうね。

あー!紙のお金、沖縄と同じだ!
拝拝のお祈り対象がご先祖様だったら、まさに同じです。
先祖崇拝して、感謝と祈りをささげるのって良いなって思います。

【2010/08/19 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/509-9038be44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。