Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はぁ~、なんか脱力~

1
最初はね、こんな感じだったの。


2
ちょっと時間がかかったけど、少しずつ奥の方から明るくなって


3
晴れたの。


4
でもまた、雲がもわもわ~って立ち込めてきて


4-1
どよ~ん。まるで何年か前の冬のパリみたい(笑) 寒い。暗い。




ごめ~ん、グチるけどちょっときいてくださる?
↓Siのぱひ Noの方はまた次回にね~
それでもイタリアなワケ


なんかね~、わたし、働く所ないみたいです

トータル15社の転職サイト&エージェントに登録。

おかげさまで、企業から、いくつかスカウトがきた。ありがたい。
こういう書類は、職務経歴の個人情報にあたる単語は自動で見えないようになっている。
なので、女性とわかると、断られ

エージェント経由だと、
「貴方様は、女性の営業なので先方に確認しておきます」→先方からアウト
何度あったことでしょう。

外資系ならいいかなぁと思って応募したら、ひどいのよぉ。

募集要項に、「年収1億~3億」ってあったとします(リアルに書くとやらしいからね)
わたし、過去最高年収3億だったけど、同業異種製品だったので、希望年収2億って
書いたんです。

即戦力として働くつもりで。
経営管理、新商品開発、事業計画、貿易業務一式、与信評価、経理や事業戦略、法人営業
1年で赤字から黒字にしたこともあったし、管理職の訓練3年ほど受けていたし。

ご想像通り、結果、断られたんですけど、エージェントに今後の参考にするので
ダメだった理由を教えてと頼んだんです。
そうだ、ここも「女性の営業さんなんで、その辺り確認しておきます」って言われてたんだけど、
その返事がなかったし。
それが理由なら、それはそれで構わないから教えてくださいねっていったらね、

企業は、今回の応募者に、年収1億で考えていたんですって!
わたしの希望年収が高すぎるってことが理由だそうですって言われた。
あほ~ そんなら、応募条件の所に1億~3億って書くな、ボケ~!!
こんなところで、建前上の金額かくな~!!! というか、それただの口実だろ~

5
ということで、やる気がみなぎっていたのに、一気に木がうっそうと茂りました
あ~、ゴールが見えなくなっちゃった。


結局「女性の営業ということについての確認は、問題なかったんですか?」という
質問には答えなかった。

この会社は、外資でしたけど、社長以外みんな日本人で、なんちゃって外資系でした。
わたしの書類、社長までいってないって。
断られた理由に、個人で活躍する傾向が多いように思うからというのも言っていたそうです。

仕事はチームでやるけど、営業は自分で実績を出すもんだろうが。
事業戦略や方向性は、チームで統一するけど、実績は、自分の分だけ書くし、
一人でやってるように見えるって、それおかしいだろう。
だいたい、管理職が、みんなと横並びのような仕事をしてどうする。

中年を採用予定で、リーダーシップもいらない、実績を出しそうな勢いのある人はいらないって。
社長に書類がわたっていたら、ちょっと自信があったけど、結局一緒に働くのは別の人。
普通の外資系のように、自己アピールを書いたが、それがまずかったか?
とにかく、ここの会社に受からなくて良かった。

わたしとは合わない。

このエージェントも変だなぁって思ったんだ。
「一度事務所に来てもらうことになります」って言ってたのに、メールで「書類提出ください」って。
応募企業の概要は聞いていたけど、名前や詳細を知らなかったので、
「とりあえず出しますが、書き直す事になります」って書いてだしたら、
企業のことを教えてくれて。

一応エージェントは、相手先に入れるように、書き方のアドバイスをしたりしてくれる
って事になってたんですが・・・???なかったし。
先方がどういう考えか把握しているはずだから、○○を強調した方がいいとかそういうの
指摘するんじゃないの?(じゃあ、するって自社サイトに書くなよ~)

この担当さん、ただ単に、自分の作業ノルマ1件増やしたかっただけじゃないのか?
って気がしてきた。
でも何にもしなくても、もしわたし(=顧客)が入社したら7ケタの金額がエージェントに
入るのよ。

6
ってなことで、わたしのまっすぐな道と青空は、まだ遠い・・・・・。

わたし、ほんまにヤバイかも。
日本で働くなら、営業から、違う職にした方がいいのかなぁ。。。
中年女の営業は、壁が高いねぇ(給料は男性より低いけど)。

人事のオヤジ世代がみんな、いなくなっちゃえばいいのに
まぁ、文句言ってもここは日本だから、そうそう昔からの考え方は変わらないだろう。
どこか相性のいいところが見つかるまでやるしかないな。
仕事は、わたしの生活の一部だからさ~。

なんか、居場所がない・・・。
やばいね、仕事を断られると、自分が要らない人間に思えてくる。

今まで、転職には、周りの人のお陰で、ラッキーだったから、辛いわ。
決まってた仕事を辞める事に(こちら→告白)なってから、運気ダダ下がりっす。

どうやって上向きにしよう?
この困難の意味はなんだろう?考えても今のところ、状況変わらず・・・・
はやく脱出するぞぉ~!お~!

まさか、日本じゃないところで仕事しろってこと・・・・・???
イ・タ・リ・ア?いや、まさかね。
でも、ビザくれるなら、ビラ配りでも何でもするよ~ん。
日本でもしたことあるしね、はは


辛いとき、苦しい時は、人間の成長のときなり。



しかし、なんだろう、この敗北感
Su! Coraggio!のぱひ↓ おねがいします
それでもイタリアなワケ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Delfino部長、こんにちは
この世に会社はまだまだありますから、後で振り返った時、あの時あんな会社に入らなくてよかった~と思いますよ。ここはひとつ恋愛にたとえて、「このアタシをフルなんてたいした男じゃないってことね!」と言っちゃいましょう!

かくいう私も昨年に勢いよく会社を辞めてみたものの、この先どうやって目的を持って生きていくか(←この不況の最中に辞めてから考えるヤツ!)を考えつつ、イタリアとのつながりを持ちたいと思いつつ、転職サイトから応募を試みたりしていました。

ある年齢を過ぎると“女性の居場所”がないということは、社会が成熟していない証拠だし、本当の意味でまだまだ男性と女性が対等じゃないからこそ、自分を曲げてはいけないという気持ちにもなりましたよ。

Delfinoさんとは職種も違う(私は編集系の仕事をしていました)し、参考にはならないかもしれないけれど、ホント「私の魅力がわからない男には用はない!」ぐらいの気持ちでいきましょう!  Forza!!!

【2010/07/17 】URL | 永とも #-[ 編集]

◎永ともさんへ◎ 

お返事おそくなって、ごめんなさい。

永とも会長!!うぇ~ん、ありがとう!!!
温かい言葉すごくうれしかったです。しみるぅ。

>あの時あんな会社に入らなくてよかった~と思いますよ。
>「このアタシをフルなんてたいした男じゃないってことね!」と言っちゃいましょう!

実は、わたしもそう思ってました(笑)
こんな実績を出した人を、低い評価する会社なんて行かない!って。はは。
やっぱり必要とされて入りたいし、お願いして入社する気はないですもん。

だいたい今までと違う、バリバリ日本式の会社を狙ったわたしがバカでした。
(意見を述べ合い)引っ張っていく人と、ついていく人の割合が極端な場合が多いですもんね日本は。
「先ほど部長がおっしゃったとおりで・・・」なんて、いった日には二度と発言権がなくなること必須の環境にいたわたしを、先方が個性が強いと思ったのは当然かもしれません。
同意見であっても自分の意思を表現しないのは、自分の頭で考えられないアホ扱いでしたからね。
変に妥協せずに、がんばります!ありがとう!

え?永ともさんも退職されたんですか。
すごい、私のできない分野だわ。興味津々です。

わたしね、永ともさんは、とりあえず料理から、徐々に広げていって、料理教室と、キッチン用品や食品の輸入販売(ネットと教室で販売)と、料理本やエッセイ(で知名度アップ)へと広げていったらどうかしら~なんて勝手に思いました。
料理の飾り方が美しいから、テーブルセッティングとか、食卓に置くものとかの選択も上手なんじゃないかなと思って。

まぁ、まずは、やりたい事とターゲットと市場がどんなもんか調べなくちゃいけないですが。
料理教室に必要な材料という事で、仕入れ目的でイタリアに行けば、経費で旅費も落とせるし、現地の料理教室にもいけるし・・・ってダーリンはどうするんだって?(笑)

【2010/07/19 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

Delfino部長、浮上してきたようでうれしいですe-460
ところで、私の未来予想図まで描いてくれちゃって!頭の回転が速い人ってすてきe-265 一瞬にしてマインドマップが描けちゃうのかしら?しかも、私の考えていることとかなり重なってるし。maritoそっちのけってところも(笑)

【2010/07/20 】URL | 永とも #-[ 編集]

◎永ともさんへ◎ 

きゃ~、この時間差、なんかチャットみた~い♪
永ともさん、早く寝なくっちゃだめよん(って、わたしもだけど)。
夜更かしは、お肌の敵だから☆
体内時計で11-2時ごろに休む臓器があって、お肌を復活させてくれるのよん(ツボマッサージの時に習った)。

あは、おせっかいにも近い将来を想像してしまいました(笑)
限りなく少ない投資で(労働は大きいかもしれないけど)、多くの実りがあるといいなぁと応援しています!
お互い目標を達成しましょうね♪

あのね、永ともさんの言葉、めっちゃうれしかったんよ。
ほんまにありがとう♪

【2010/07/20 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

ふぁ~、、、
なんだか読んでてこちらも脱力しちゃいました。。。
日本って、相変わらずなんですねぇ。
私は日本でまともに転職活動したことないので、相変わらずって
言うのも変なんですが、最近は女性ってことにマイナスをつける
会社って少ないのかと思ってました、なんとなく。
だってさー、もう21世紀ですぜ、とっくに。。。--;;

サンプルは少ないですが、日本、イタリア、スペイン(は働いて
ないけど)と見てきて、一般的に女性の方が仕事できる って
言うのが私の率直な感想です。
もちろん女性だからできる とか、男性だからできない ってこと
ではないですけど、なんていうんだろ、女性の方が「お仕事ですから」
という割り切りが上手というか、ヘンなプライドに拘らずに、
純粋に「結果を出す」ことを目的として働ける というか。
まぁもちろん、女性でもそんな人ばかりではないですが、
こうやって気持ちよく働けるのは女性が多かったかなー と。

業種にこだわらないなら、女性が社長の会社とか当たってみる
のはいかがでしょうねぇ?って、それ自体がまだまだ少ないん
だとは思いますが。。。

いずれにせよ、あまり落ち込まずにがんばってくださいね。
明けない夜はないですよー:)
Creo che possa andare bene tutto!

【2010/07/21 】URL | さばぇ #2Ae7f746[ 編集]

◎さばぇさんへ◎

さばぇさん、さばぇさ~ん!どうもありがとうございます!!
仕事の事でいつも色々コメントいただいてすごくうれしいです。
さばぇさんも男の世界で働いてこられたから、共感してもらえてそれだけでも、どれだけありがたいか。

えぇ、いまだにですよ。わたしも、ビックリしました。
そうか、女性の社長の会社ね。それは思いつきませんでした。
今は、外資と外国メインにして、余力で日本市場にしています。
実際、経験上、多国籍企業で働いて居る時は、(無言、有言の)女性蔑視は全く感じなかったので、やっぱりこっちの方向で行く事にしました。

日本は、先進国みたいな顔してますけど、精神的には後進国ですからね・・・。
自己主張をきちんと持って、仕事、生きている事すべてに己一人の責任を持って対応して生きている女性には風当たりが強い国だから。
女性の管理職:日本10%、フィリピン58%、米国43%と格段に低い。先進国中10位、ってほぼ最下位です。
国会議員や国家公務員に締める割合も、最下位です。

女性より男性のほうが名誉に重きを置く傾向があるので、役職が上だと何もかもがえらいみたいな錯覚を起こすんだと思います。
別に役職が上だからといって、人間的に立派とは限らないのに。
上のポジションの人は、給料分、負担も大きくなくてはおかしいけど、自分が責任を取らなかったりする人もいるみたいですしね。
これって、仕事をしていればエライとか、そういうのにつながってる様な気がします。

米国の未来学者ジョン・ネイスビッツさんは、
「日本は男性という「半分の能力」だけを使って発展してきた。その社会に、企業に問題があると思うならもう半分の能力、女性を登用すればいい。必ず変革できる。」
って言っているんですよね。

企業の不祥事やバブルに踊らされたり(まぁこれは日銀の対応も悪かったですが)、ひずみは出ていると思います。
社会が変わるには、男性の意識を改革は必須でしょうね・・・。
やはり、両性のバランスは取れていた方がいいと思います。

とにかく、自分に合う会社を探してみます。努力を惜しまず仕事したいと思っているのに。
あぁ、誰かわたしを海外に飛ばしておくれ・・・・。

【2010/07/22 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/499-28cca0ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。