Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なつかし~

それでもイタリアなワケ

あ~あ~♪サルデーニャ♪
「こんにちは。実はいま、サルデーニャにいます」な~んて言ってみた~い!
もちろん、わたし、バッチリ日本です。

友達がサルデーニャに行ったときに撮った写真を送ってくれました。
2年前の
か~っ きれいやね~!
サレルノ近くの海もきれいだったけど、ここはもっと良いんだろうなぁ。行きたいなぁ。

サルデーニャに発つ前、わたしと撮った写真も一緒に送ってくれてて、ビックリした!
「やだ、わたし2年前、おなかぺったんこだったんだ~」って。
正直、口では7キロ太ってヤバイといいながら、そんなにブルンブルンしてないだろうと思ってた。

間違いでした。 大間違いでした!
かなり危機感を覚えました。これじゃ妊婦だもんね~。もっと一生懸命ダイエットに励みます。
ここ何年も太ってたブリトニー・スピアーズも痩せたしね。

サルデーニャ


いいね~異国情緒漂う感じが、いいね~。
こんなところで、潮風を感じながら、ゆったり過ごせたら気持ちいいだろうなぁ。
もう社会復帰不可能。働けなくなるね(笑)


ところで、わたしが大学生の頃に友達になって、
とーんと音信不通だったアルゼンチン人から連絡が来ました!
Facebookで見つけたんだって。

わたし、若い頃、日本語をボランティアで教えていた事が(ってほどじゃないけど)あるんです。
大学とは別に、日本文化や、外国語としての日本語を教える修了証をとったんで、
訓練のつもりで。
外国を知ると、日本のことが良くわかるから。

日本の何を知らないかとか、どうやって外国にない文化を説明するかとか。
「おなかが痛いです」と、「おなかが痛いです」の意味の違いとかね。
で、この人、その頃の友達で。
なつかし~。いっしょに遊びに行ったりしたなぁ。
いまじゃ、パパになって、すっかりおっさんになってました(人のことは言えないが・・・)。

こうやって懐かしい友達から連絡がきて、ものすごく嬉しかったです。
今、岐路に立っているのもあって、当時の自分を思い出すきっかけにもなりました。
最近、ふしぎと過去に関係の深かった人と接触があるんです。




サルデーニャでジェラート食べたら楽しそ~う♪
↓応援1ポチよろしく
人気ブログランキングへ


近所で、横断歩道を渡ろうと小走りしたら、左折してきた車がいて、
「おいっ!歩行者が先やろ」と思ってにらんだら、20代の頃に5年ほど付き合った彼だった
住所、全然近くないのに・・・・。
あとね、名前を変えて、元婚約者がFacebookで連絡を取ってきたり。
なんか臭うと思って、直メールにしたら、案の定、登録してる名前でバレて(アフォ~)、
「ごら~っ! なんのつもりじゃ!」みたいな。
初めて勤めた会社の同僚から、二人も(この二人はつながりなし)連絡がきたり。

何なんでしょう。男どもは、過去の清算か?(今回で、きれいサッパリの儀式?)
全部向こうからなんだよねぇ。なにか意味があるんだろうか。


さて、なつかしついでに、もう一つ。
日本人の中には、外国人(白人限定)に憧れを抱きすぎな人が多くない?
生理的に受け付けない人種がいるのは理解できるし、無意識のランク付けがあるのも
すごくよくわかるんだけども。

以前勤めていた会社には、いろんな人種がいたんですが、
たとえば、一緒に白人同僚と外出したときの周りの目は、若干羨望だけど、
黒人やアジア人の同僚との場合は、見ている目が、違うことが肌で感じられた。

もっとずっと昔は、「外国人と結婚するなんて、恥」だったのにね。今は憧れなのね。
でもこれは強く言っておきたい。
外国人だからといって、みんながキレイ&カッコいいわけじゃないよ~

日本が世界で経済的に強くなってくれたおかげで、沢山の企業戦士が、がんばってくれて
製品がいいと認めてもらったおかげで、
今、私たちは、アジア人でも比較的いい待遇を受けているような気がします。
昔の日本人は、悔しかっただろうなって思います。

一方で、自分の国で、ただのガソリンスタンドの兄ちゃんみたいな人が日本にきて、
英語の先生になって、ちやほやされて、
そんなこと、これまでの人生でなかったからか、調子こいて、浮き足立ってしまった外国人を
同僚の集まりで、ちらほら見ました。なかなかイタイものがありました。
結局自分を律するのは、自分で、どこにいても自分次第だなぁって思いました。
スタンドの人、英語教師すべてって言う意味じゃないですよ。例です、例。

本で読んだんですが、違う価値観に触れると、4段階の変化があるそうです。
1.違うところが目に付いて、衝撃を受け驚く時期
2.良いところに目が行き、タダタダ絶賛時期
3.悪いところばかりが目に付いて嫌いになる時期
4.状況に慣れバランスよく見られるようになって、落ち着く(あきらめ?)時期

外国籍の同僚に、滞在年数を聞いて、参考にしていました。

外国籍の同僚同士は、その辺は感覚でわかっているようで、
だれか文句タラタラの人がいると、
「しかたない、あいつは今そういう時期だから。俺もそうだった。」って受け入れてました。


まとまりなくなっちゃったけど、今日はこれにて。



スイカジェラートおいしいね
↓ぽひ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/494-1a11af41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。