Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安らぎの教会 Santa Maria della Consolazione

おとなりのおじいちゃんが、うちにドーナツ買ってきてくれました。
おばあちゃんに言われて、お使いに行ってついでに買ってきたんだって。

5個買ってきて、ちょうど家の前でおばあちゃんと立ち話をしていた、うちの母に
「はい、3つとってください。うちは年寄り二人ですから2個でいいです。」って 

おじいちゃん、めっちゃ元気なんだけど、一度倒れて救急車が来た事があります。
そのとき、おじいちゃんの家の鍵のかかっている門をどうやって開けるか知ってた私たち、
勝手にあけて、駆けつけました

90歳超えのおじいちゃん、酒を飲んでから風呂に入ったんだっておいおい・・・。
翌日帰ってきたくらい大したことなかったんでよかったんだけど
じーちゃん、それやっちゃだめです。


Santa Maria della Consolazione
けっこう大きな教会。周りに建物がないせいか、とっても大きく見えました。
ここは、前回の記事のタルペイアの岩からフォロロマーノのほうに道を進んだ右手にあります。

サンタ・マリア・デッラ・コンソラツィオーネ教会
Chiesa Santa Maria della Consolazione
 安らぎの聖母マリア教会。

Chiesa Santa Maria della Consolazione
中に入ると、だ~っれもいません。
入ってみると、簡素な雰囲気で落ち着いていて、いい感じ。

サンタ・マリア・デッラ・コンソラツィオーネ教会


  旗を持った羊さんが。(鹿かな?)
  
  ハチのマークがバルベリーニ家というように、
  作らせた人のマークがつくものだけど、
  この一族はどなたかしら~?



Chiesa Santa Maria della Consolazione
壁を見ると、おもったより豪華です。



暑い夏はいい休憩場所になるんだよね、教会
↓後半へどうぞ~
人気ブログランキングへ


サンタ・マリア・デッラ・コンソラツィオーネ教会
中に入って、よくみると、全然簡素じゃなかった(笑)
大理石が。
ここは、1460年ごろに、タルペイアで処刑された犯罪者の魂が癒されるようにマリア様の像が
あり、それにちなんで、この名前になったそうです。
1583年から再建築され、今のような教会になりました。


サンタ・マリア・デッラ・コンソラツィオーネ教会
ウンブリア地方のトーディという町にも同じ名前の教会があります。
まぁ、きっとイタリアの色んな所で同じ名前の境界や広場はあると思いますが。
ちなみに、トーディには、これまたローマと同じく「ポポロ広場」もあります。

Chiesa Santa Maria della Consolazione

  ↑の写真の上部にある青白い部分は、
  イエスを抱いたマリア様でした。

  う~ん・・・、
  ガラスが汚れていてよく見えませんねぇ。

  教会関係者の方~、
  みがいてきれいにしてくださいね~



Chiesa Santa Maria della Consolazione
教会の裏側はこんな感じになっています。
境界を通り過ぎるとフォロロマーノにつきあたります。(入れないけど)

柵の手前に、遺跡の一部(ブロック)が、どんっどんっところがるように置いてあって
ビックリしました。
道路に、ふつうにおいてあるんだも~ん。




2000年前の遺跡や大きな広い空を見ると
「あ~、自分ってちっぽけ」って思えます。
いつも↓ぱひっとありがとうニコ
それでもイタリアなワケ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Lさん語録集

お久しぶりです~イタリアから戻ってきました。

協会ネタだったので、コメントさせてください。←最後のLさん語録13です。

久々の2人旅だったのですが、DelfinoさんとMちゃんのようにはいきませんでした。
とにかく、まったく旅行の予習をしていないLさん(友達)。

全体的には楽しめましたし、食事もおいしかったし、スタッフとも交流が出来たし、満足しています。
が、しかし、チクチク刺さるような言葉が多々ありました。
もちろん喧嘩はしていませんよ。ご安心を~~~
乗馬ブログでも紹介していきますが、ますはDelfinoさんに、いち早くお届けします。

*************************************

イタリアの公共施設宿泊施設は全面禁煙だと、Lさんに釘を刺しておいた。すると、
Lさん語録1:
【ふ~~~ん、見つからなければ大丈夫でしょ♪】
そう・・・ですか???・・・

アグリの夕食の席で。
Lさん語録2:
【なんでバターがないの?私バターがないとパンは食べられない。バターをちょうだい!!!】
これがウンブリア(イタリア)スタイルなんだけど・・・

アグリのバールでエスプレッソをおごってあげたら。
Lさん語録3:
【なにこのコーヒー、濃すぎる!!!】
エスプレッソだもん、濃いに決まっている・・・
その後、2度もミルクを注ぎ足すよう要求したLさんだった。
もちろんそのたびに私が通訳・・・

Lさん語録4:
【私、朝食はやっぱり卵を食べたい。レストランで買えないの、卵!?!】
ふぅ、仕方ない、通訳しますよ・・・

ネットが上手くつながらないLさん。
Lさん語録5:
【なんで携帯電話が使えないの!?! なんでネット環境が不安定なの!?!】
深い深い森の中にあるアグリに、どんなハイテク設備を期待していたのだろうか・・・

アグリの食事の席で、持って来た容器に堂々とオリーブオイルを注ぐLさん。
Lさん語録6:
【たくさんあるんだから、少しくらいもらっても問題ないでしょ♪】
受付横のお土産コーナーで、瓶入りのオリーブオイルを販売していると言ったのだが・・・

Lさん語録6:
【旅行のときは、いつもカレが何百枚も私の写真を撮ってくれるのに!!!】
わかりましたよ!撮ってあげますよ、私が・・・

Lさん語録8:
【常歩と速歩だけじゃつまらない。なんで駈歩をしないの!!!】
知らない馬に乗るのは怖いから、様子を見たいと言ったのは、確かあなたでは・・・

アグリの厩舎にある馬具を見て、Lさん。
Lさん語録9:
【このゼッケン、売ってもらえないのかしら!?! 取り寄せ出来ないのかしら?!?】
明日このアグリを出発するとわかっていて、私にそれを通訳しろと言うのかい・・・
※ゼッケン=鞍の下に置く布製の敷物

ローマ到着後のLさん。
Lさん語録10:
【ローマって、すっごい田舎ね~ 高層ビルが全くないんだもん】
高層ビルがないんじゃなくて、美観や歴史的価値を考慮し建てないだけなのだが・・・

ローマの安宿にチェックインしたLさん。
Lさん語録11:
【こんな狭い部屋、初めて泊まるわ~~~】
ハイシーズンに、たった55ユーロで泊まれる部屋に、どんな期待を抱いていたのか・・・
テルミニ駅からたった5分。しかも安全・清潔・門限なし。トイレ・シャワー・テレビ(サテライト)・冷蔵庫・朝食付きですよ。ローシーズン45ユーロ。こんな条件の良いホテル、他にありません。良かった~~~。シングル2部屋に分けて予約して。

バチカン博物館のシスティーナ礼拝堂。
Lさん語録12:
【ふ~ん、じゃあ次!】
ミケランジェロの大作、Lさんには通じなかったようだ・・・

ローマ市内観光中。
Lさん語録13:
【同じような教会ばっかりたくさん見ても、意味ないわ♪】
私の好きなカラヴァッジョの絵がある教会も、ローマ最古の教会も、Lさんにとっては意味のない教会の1つのようだ・・・


こんな感じでした。
やっぱり1人旅の方が楽ですね~~~

ジーナ

【2010/06/28 】URL | Gina #mQop/nM.[ 編集]

◎ジーナさんへ◎

ジーナさん、おかえりなさ~い♪
旅行楽しかったかなぁ?って、ちょこちょこ見に行って、まってましたよ~。

え~!?ちょっと、ちょっとぉ・・・・Lさん。
Lさん語録を読んで、ビックリしちゃいました!
ジーナさん、よくLさんの言動に怒らずに我慢しましたね。
わたしだったら、絶対一言(いや、もっとだな)言ってると思います。
概してうまくいったMちゃんとでも、ピキッってくることが時々あって(ここは、日本じゃないぞーってことで)、
あんまりな時は口に出してましたし、Mちゃんも「わたしは、イヤ」とかいってました。
ジーナさん、おとなだ。立派だわ。
きっと、Lさんの性格を考えて自分を抑えて旅行が楽しくなる方を優先したんでしょうね。

それにしても、Lさんは、ジーナさんをガイドかなんかだと思ってるのか、「ちみは、女王様か!」って突っ込みたくなりますね。
自分のこれまでの生活を一切変えようとはしないんですね。
しかも、せこい・・・。
手間がかかる上に、わがままだなぁ・・・・。
自分が言葉が出来たら多分言わなかったであろうこともあるでしょうね。
あぁ、ボロクソ言ってしまった。。。

う~ん、Lさんとの旅行はキツそうですね。毎日がしんどそう。
せっかく久々の友達との旅行だったのに、これだと、友人との旅行はしばらくないかもしれないですね~(トラウマ?)

ジーナさん、お疲れさまでした(笑)

【2010/06/29 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

トラウマ・・・

Delfinoさん。

トラウマ・・・
はっきり言って、そうです(汗)

Lさん、とってもサバサバしたいい子です、台湾では。
これは本当です!!!同い年だし。
でも、個人旅行に不向きな性格だったようです。
そして馬には興味があっても、イタリアの文化・歴史・イタリア人には興味がなかったようです。

そうとは考えず、イタリアに連れて行った私にも問題があると思って、Lさんの主張(=ワガママ)に付き合いました。
なぜって、私から離れたら、Lさん迷子になってしまいますから。
一緒に行くと決めた以上、ちゃんと同行しないとね~~~

『郷に入れば郷に従え』
When in Roma, do as the Romans do.
この大切さを、改めて実感。


今回の旅行では、私もたくさん学びました。
次回から、誰かと旅行へ行く場合、個人旅行経験と語学力のある人をセレクトします。

ジーナ

【2010/06/29 】URL | Gina #mQop/nM.[ 編集]

◎ジーナさんへ◎

お返事遅くなっちゃってごめんなさいね~。

Lさん、そうか、そういうことか。
馬には興味あってもイタリアには興味がなかったか~。
でも、いくって決めたのは彼女だし、Ginaさんの好みをもっと強く出してもよかったのかもv-290
だって、Ginaさんなしでは、お手上げなんだもん、Lさん。

Ginaさん、思いやりがって優しいと思う。
だって、わたしイタリア語の出来ないMちゃんと別行動何度かしましたもん。
行きかただけ教えて。あとは「イタリア人、親切だから♪」で。
鬼だね(笑)

【2010/07/02 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/492-1735c5e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。