Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真実の口が混んでたら、こちらにどうぞ~

映画「ローマの休日」を見た人は必ず行くであろう、ローマ詣での名所、
真実の口のある、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会。

そこから100-150Mほど北にいくと(バス停の方ね)見えてきます。
強そうな門だね。4世紀に作られたといわれている、こちら↓

Arco di Giano
ヤヌスの神の門。その名も ジャーノ門 Arco di Giano

地球の歩き方によるとヤヌス神は、門や建物の入り口を守る神だそうです。

いやん、ヤヌスだって。「ヤヌスの鏡」思い出しちゃった。なつかしぃ~。
若い方はご存じないであろう、
くさいセリフや大げさな演出、そして、なぜかいつも椎名恵の音楽という
大映テレビのドラマシリーズの一つであ~る。
たしか、堀ちえみの「スチュワーデス物語」も、このシリーズじゃなかったか?

昔を懐かしむのはこの辺にして、
この門ね、4面門なの。十字に行き来できるってことは大通りにあったんだろう。

ジャーノ門

この門を一周してみたけど、ヤヌス神の彫刻は見あたらなかった。
削れてなくなっちゃったのかな。

今日、ご紹介するのは、この門の間からチラッとみえている、

サン・ジョルジョ・イン・ヴェラブロ教会
 Chiesa di San Giorgio in Velabro
 沼地にある聖ジョルジョ教会という意味です。

サン・ジョルジョ・イン・ヴェラブロ教会
ウマく取れてなかったんで、写真はWikipediaから借りました

聖ジョルジョは、英語でセント・ジョージでございます。
竜を退治した人です。
この教会は、6世紀に建てられ、時代ごとに何度か部分ごとに建て直しをしています。
鐘楼は、ロマネスク式で12世紀に建てられたそうです。

Rai News爆破テロ
写真はRai News24より

この写真、昔の修復前

・・・・・じゃないんです。

爆破テロで吹っ飛ばされたんです。

しかも、遠い昔じゃないの。 


爆破されたのは、1993年7月27日



 びっくりした~???
ほな、↓ぱひ~んとして、後半へGo!
それでもイタリアなワケ


爆破テロ


  車に仕掛けられた爆弾が爆発。
  柱も、入り口付近も跡形もないですね。

  この年、ミラノでも、
  大きな爆破テロがありました。

  サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ
  のところでも。

  写真はRai News24より


イタリア人の同僚が、
「アメリカは9.11になってからテロ対策といってるけど、イタリアはもっとずっと前から
テロが起きてるから、手慣れている。
あんな大げさなチェックはしないし、チェックで飛行機に乗れない人が出たりしない。」
と言ってました。

テロ対策しまっせ!って一般の人をチェックしたって、基本的に、そういうところから、
犯人は出てこないし、作業に手間取って、いろんなところに影響が出てるってことらしい。

私はイタリア国内のテロについて、よく知らなかったんで「???」って顔をしていたら、
ネットでテロの履歴を見せてくれました。ほんとうだ~、何十年も前からあったんだ。

Chiesa San Giorgio in Velabro

今では入り口部分は、建て直しされ、↑こんな風になっています。
ローマの由緒あるこの教会や、カトリックの中でも重要な聖堂が狙われたんですね。

何が由緒があるって、この教会は、
ローマ建国の父、ロムルス(Romolo)とレムス(Remo)が見つかった場所
とされています。
この二人、追放された王の孫で、川に流されたんだけど、死なずに岸に流れ着いて、
狼に育てられ、成人し、敵を討つと祖父をまた王位に就けたんです。
ここからローマの発展が始まるわけですね。弟レムスは、兄に殺されちゃうんですけど。

サン・ジョルジョ・イン・ヴェラブロ教会



  真実の口は、お土産売ってたり、
  人の行列で騒がしいですけど、

  こちらは人っ子一人いなくて、
  落ち着いていて、静か~。

  バロックかな、音楽が流れていました。

  見づらいですけど、奥の後陣は、
  ピエトロ・カヴァッリーニのフレスコ画です。
 
  ローマのいくつもの教会に
  カヴァッリーニのフレスコ画があります。



恥ずかしながら、後から知ったんですが、
教会の左側(前半の教会の写真のグレーの車の向こう)に教会からちょっとはみ出てる所。

これ、教会の一部じゃなくて、
アルジェンターリ門 Arco degli Argentari
という建造物だったんですって!

私は、てっきり「ここでロムルスとレムス見つかったのかなぁ。じゃあ、良く見ておこう」
って思ってました。なんや、門かね!

この門は、カラカラ浴場で有名なカラカラ帝のお父ちゃんに献上されたもので、
家族が彫られていたらしいけど、カラカラが弟のゲダを殺したんで(また弟殺しかいっ!)
ゲダは彫刻からも消されたそうな。
なんつー兄や。


6世紀建設の歴史のある、簡素な教会だわって思ってたら、ここで結婚式するんですって!
ということは、ローマでも人気の教会ってことかも。

ということで、
真実の口が混んでいたら、ローマの歴史に深く関わる、こちらの教会へどうぞ



今日の記事気に入ってくれた?
Siの人はぽち↓ Noの人も「次に期待」のクリックおねがいっ
ランキング、ダダ下がり中
それでもイタリアなワケ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして。

イタリア全州制覇、憧れです!
がんばってください!
私もイタリア大好きです。
この頃行けてないのですが・・。
またゆっくり拝見させていただきます~。

【2010/09/18 】URL | ポケ #-[ 編集]

♪ポケさんへ♪ 

ポケさん、こちらこそはじめまして。
コメントどうもありがとうございます!
この記事に書いてくださってとってもウレシイです。好きな教会なもので。

ありがとうございます!全州制覇やってみます!
ポケさんもイタリアお好きなんですね♪一緒ですね~うれしいな。
きっとイタリアのように長い休みがあれば、お互いいけるでしょうにね~。

ローマ以外の地域についてが少ないですけど、ぜひまたきて下さいね♪
コメント、どうもありがとうございます☆

【2010/09/19 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/488-184d4bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。