Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリア人の就活面接

イタリアに行くようになって覚えたことは、「終わりよければすべてよし」のDelfinoです。
こんにちは。

ちょっとここのところテンション低かったんで、ローマのお店を紹介してたら、
ちゃんと読者はおわかりだったようで・・・。
訪問者数が・・・・。せっかく来てくれてたのにすまなかったね

友達がアドバイスくれたり、励ましてくれたりして元気になったよ!
あ~、ともだちって、ありがたい
日本のあちこち、遠く海外にいても、つながってて支えてくれるって感謝だわ。
わたしも、いつかお返ししたい。
さ~、明るくきらきら(ギラギラしたらごめん)いくぞぉ~


この写真は、わたしがオヤジフェチってことではなく・・・・
この人たち、目立ってたの。後ろから観光名所を撮るふりして、じーさんをとってみました。

9月のローマ

何が目立ってたって、ホレ。

お仕事おつかれさまです
おじさんたち以外は、み~んな観光客ですから!
9月上旬のまだ暑い日。ラフな格好の観光客に混じってスーツ。。。。
おつかれさんです。

ここ、ローマの市庁舎に続く入り口なんですが、この先は、広場になっていて、
市庁舎の両側に美術館。
そして、市庁舎の奥の場所で、遺跡を一望できるので常に観光客が。



いつもぱひっ↓とありがと
人気ブログランキングへ


仕事で思い出したんですけど、イタリアの国境ちかくに住む友達がいるんですが、
そのだんなちゃんの勤める会社の就職面接にイタリア人が来たんですって。

だんなちゃんが、その子の面接をしようと名前を呼んだたら、人影が二つ。。。
親が一緒についてきてた・・・・・・って、おいっ!

ありえん・・・・

しかも、だんなちゃん、オヤジだと思ってMrって言いかけて、
胸があったからマンマだ!ときづいて、(うっそぉ)「Mr・・・S」ってごまかした、っておいっ!


ありえん・・・・ どんなごっついマンマやねん。

「だって、面接なのに、ダボダボでへんな格好だったんだも~ん」だって。
マンマに退席してもらった(あたりまえやね)はいいけど、自分の勘違いにバカウケ!
応募者に背を向け、笑いをかみ殺したそうな。

恐ろしいのぉ、イタリアの過保護は。

まぁ、日本も微妙なところはあるみたいですけどね。
私のいる大学院には、社会人学生ってのがいまして、企業から資金を出してもらって
研究しているんですが、そういう中堅の人たちって、これから会社を背負っていく人たちなんですよね。

で、そういうおっちゃんと話をすると、今の新人って、学校で教えられることに慣れているせいか
受身なんですって。
自分から学ぼう、動こうというのは薄いらしい。言われた事はやるけど。
「若者らしい荒削りな、ガツガツ感のあるヤツが少ない」っていってました。

いや~、それでも母親は面接についていかないから、日本のほうがずっとマシだな!




社会人大学院生は試験に落ちると、会社に戻れなくなる(資金ストップ・辞表)んですよー。
かといって研究を続けるにも試験に落ちてるし、自費で留年になっちゃうという
厳しい状況の中で勉強しています。がんばれ、おじさん学生!
それでもイタリアなワケ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2016/10/11 】 | #[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/481-dbe40add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。