Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんなところにもアジア in フィエーゾレ

「フィエーゾレから眺める美しいフィレンツェの町並みとおいしいレストラン」
これが、ぱっと思い浮かんで、前回(→ここ)書いたんですが、
フィエーゾレって書かなかったら、どこの町だかわかんないような。。。って内容でしたな。
主に、レストランのことだったしね、はは 

ってことで、今回は、フィエーゾレの町をご紹介。
良い景色が見れる、特にめだったものがない観光名所の近郊の町なのかなぁと思っていたら、
いやいや、この町、興味深かったです。

Piazza Mino da Fiesole


  まず、バスの終点の広場

  Piazza Mino da Fiesole
まで

  来ると、まー、道にお花が

  あちこち咲いててねー。

  うつくしい。




Cattedrale di San Romolo
広場のすぐ横には、聖ロムルス教会 Cattedrale di San Romolo

名前でわかった方もいるかも。
ロモロRomoloとは、伝説上ではありますが、ローマ建国、初代王ロムルスのことです。
ちなみに彼の双子の弟レムスはRemoと書きます。

Fiesole

  教会を過ぎて

  細い道を登っていくと

  あら、かわいい花が

  上から。



  なんて笑っていられるのは

  最初のうちだけでした。



坂道キツかった~

  ま~、坂道のキツイこと、
  キツイこと。

  日頃の運動不足のせいもあるけど
  冗談じゃなくて、ぜーぜーって、
  息が切れました。

  見て見て、傾斜を。

  ゴルフカートみたいなのが
  右側に見えるでしょ。(乗せてくれ~)
  
  写真の真ん中に見える
  時計のついた塔は
  聖ロムルス教会です。

  ね、結構上ってきたよね。

  パノラマついでに
  休憩しました。



この坂を上りきると、目的地に到着~



いつも↓ぱひっの一手間、どうもありがとう
人気ブログランキングへ


Chiesa di San Francesco Chiesa di San Francesco
聖フランチェスコ教会 Chiesa di San Francesco でございます。

小さく、簡素だけれど、凛とした品のある教会です。

聖フランチェスコ教会 聖フランチェスコ教会
教会のすぐ右手前に屋根つきの廊下のようなものがありました。
なんだろうなぁ、これ、って思っていたら、どうも修道院の建物みたいです。
この教会、すぐ横に修道院 Convento di San Francesco があるんだそうです。


Convento di San Francesco
あぁ、本当だ。回廊がある。
回廊があると、修道院って感じがします。
修道士さんが、瞑想しながら歩いている様子が思い浮かびます。

今は、修道士さんがいないのかしら?草木が、うっそうと(笑)


Convento di San Francesco


  なんだろ、これ。

  穴が。

  昔、噴水だったのかしら?

  体を清めるための。



  一瞬、井戸かなと思ったけど、






聖フランチェスコ修道院
井戸は、ここにあるから違うしな。。。

角度を変えてもやっぱり、うっそうとした中庭

回廊を一周したら、下におりる階段を発見。
入り口には、クリスマスでもないのに、プレゼーピオが飾ってありました。

前を見たら、あれ?秦の時代?って雰囲気の絵が。
なんだこれ?って思ってたら、イタリア語を話しているおっさん二人が出てきたので、

「下に何かありますか?私たちが入ってもいいですか?」って聞いたら
その返事だけくれればいいのに、ナンパ開始。

おじちゃま、教会ですよ、ここ。邪念が過ぎます。
Museo Etnografico 民族博物館
階段を下りて、右側は、エトルリア人およびエジプトのものが。
左側は、中国のものがいろいろとおいてありました。
中国のものの中には、これは、位牌じゃないのかなぁっていう なのもありましたが。

なんでここに中国のものが?と入り口にいたおじさんに、聞いてみたら、
宣教師たちが、滞在先の中国で集めたものを、もって帰ってきたんだそうです。

入り口に、気持ちのお金を入れるところがあったので、教会の資金集めのための展示かな、
と思っていたら、違った。

れっきとした博物館なんだそうです。帰りのバスの中で(最初に読めって?)、
民族博物館 Museo Etnografico とインフォメーションでもらった地図に書いてありました。

おぉ。。。。そうでしたか。

が、博物館というには、あまりに小さかったぞ。

ローマに、ヴィラ・ジュリア・エトルスコ博物館がありますし、
ローマ近郊のチヴィタ・ディ・バーニョレッジョ(→チヴィタの特産品)にも遺跡がありました。
エトルリア人って、結構、広範囲にいたんですね。


フィエーゾレからフィレンツェを望む

写真の、白丸の下が、フィレンツェのドゥオモです。

フィエーゾレって、フィレンツェから半日旅行するのに、最適だと思います。
ピサよりずっと近いから、手軽に行けます。

朝食を、フィレンツェの宿泊先で食べて、さ~って行きますかねって、
散歩しながら、ショーウィンドー見ながら、駅へ。
で、夕方前にはフィレンツェに戻ってこれるくらいです。
私たち、戻ってから川沿いのジェラート屋で高校生に混じって、ジェラート食べてましたもん。

時間を気にしつつバタバタした半日観光じゃなくて、ゆったり半日旅行ができます。
なんせフィレンツェの駅から20分ですから。お薦めです。



今日も長いのに読んでくれてどうもありがとう
また来てね♪ ぱひ↓っと一押しヨロシク!
それでもイタリアなワケ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/475-68d21a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。