Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


変な噴水のある教会 Santa Maria in Vallicella

今日は、連休明けのロケットスタートで、テンションひっく~い人もOKの、写真いっぱいでーす。

私、休み大~好き(嫌いな人はいないだろうけど・・・)。2,3ヶ月ずーっと休みでも平気。
むしろ、仕事をしなくていいなら、したくな~い。
でも食べさせてくれる人がいないので(笑)仕方なく働いていま~す。
生きるためじゃなくて、生活をイキイキさせるためっていう程度に働くのが一番いいなぁ。


さて、今日はローマの大通り、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世という道に面している割に、
観光名所と観光名所の間にあるせいか、それほど人がいない教会。
Chiesa Nuova 通称 Santa Maria in Vallicella
ヌォーヴァ教会、もしくは、サンタ・マリア・イン・ヴァッリチェッラ

Chiesa Nuova
上の写真はWikipediaから

一応今は、ヌォーヴァ教会となっているけど、昔の名前でも通じるらしい。
この教会は、ローマ教皇グレゴリウスと聖母マリアを祭った教会です。
ここは、あまり大きくガイドブックに載ってないかもしれないけれど、有名な作者も含め、
見ごたえのある物が、いくつもあるんですよ。

教皇グレゴリウス一世によって教会が建てられる
           ↓
12世紀、Santa Maria in Vallicella「小さな谷の聖マリア」と呼ばれる
           ↓
16世紀、ここの司祭さんだったフィリッポ・ネーリさんの時に、今の名前に。

このネーリさんは、フィレンツェ生まれで、ローマで司祭をして、のちに聖人(聖フィリッポ)に。
彼の名前のついた教会が、トリノにあります(1769年完成)。
ネーリさんは、1564年に司祭会「コングレガツィオーネ・デル・オラトリオ会」を創設しています。
オラトリオ?ってことはこの人、聖歌に力を入れていたのかな?

・・・・・調べてみました。
     オラトリオって、日本語では聖譚曲といってローマカトリック教会の宗教曲で、
     バロック形式の楽曲形式のひとつのことを言いますが、
     本来は、祈祷所(教会や修道院に設けられた、祈祷用の部屋のこと)だそうです。

1575年に、当時の教皇グレゴリウス13世が、このオラトリオ会を正式に認可して、
これにより、同年に教会の再建が始まったそうです(1599年完成)。

ヌォーヴァ教会

なんてことなさそうに見える外観ですが、中は、結構広く、装飾はこ~んなに豪華。
ただ、この豪華な装飾になったのは、フィリッポさんが亡くなってからの時代だそうです。

教会のサイトによると、見学時間は、
冬  7:30-12:00 16:30-19:15
夏  7:30-12:00 16:30-19:30

15分だけのちがいかいっ!そんなら同じにしとけっ!
よくわからないけど、やっぱり突っ込みがいがあるなぁ(ローマが南部の始まりだから?)

しかし、実際は、19:30まであいてなかったように思うけどなぁ。

ローマには、三百数十の教会があるんですが(ごめんなさい、最初、二百数十と書いていて100違っていました)
この教会の目印はこれ。教会の前にある噴水。
さらっと流してしまいそうなんですけど、これって、スープ入れ じゃない?

スープ入れ
                                   写真は、cosi tabellini社より

も~、イタリア人ってば、どんだけ食に興味あんねん!?(でも、そういうとこ好きよ♪)
じゃあ、カルチョーフィから水が出る噴水とかも作ってほしかったなぁ。


そうそう、この教会、同じくローマのジェズ教会を参考にして建てられたそうです。
ちなみに、イエズス会(ジェズ教会の修道会ね)は、1534年創設。
ネーリさんが、オラトリオ会を創設したころには、イエズス会の創設メンバーの
イグナチオ・デ・ロヨラはもう他界しています。




後半は、芸術作品をどどど~っと。
クリック数が更新のエネルギーになってますいつもアリガト!
人気ブログランキングへ


たくさんの絵画があります。
東方博士の礼拝 受胎告知
ジュゼッペ・チェザリの東方博士の礼拝 Adorazione dei Magi(左)とドメニコ・クレスピの
受胎告知 Annunciazione(右)


壁画_ヌォーヴァ教会
祭壇だけでなく、壁にも。


聖フィリッポ S.Fillippo
なんといっても目立つのが聖フィリッポの祭壇。キラッキラッしています。
バロックスタイルで、真珠、金、大理石、ブロンズ、しっくいで装飾され、なんとも豪華です。
聖フィリッポの遺体は、祭壇の下に横たわっています。(網目状のところ)

余談ですが、イタリア語で化粧しっくいをあらわすStuccoは、英語でもそのままStuccoです。


聖フィリッポの祭壇
彼の祭壇は目立つので、すぐにわかると思いますが、左側の廊下の突き当たり、
主祭壇の左、オルガンの下のあたりにあります。 


パイプオルガン フィリッポ・ネーリの祭壇
オルガンもま~、豪華絢爛、ゴージャスです。
夕方、フィリッポさんのところに行くと、夕陽が差し込んで、こんな風に
部屋全体がオレンジ色になって、朝とは違う美しさがあります(ここもよく行ったの)。

両サイドの廊下の祭壇は、裕福な家の一族が使うために作られたそうな(今は違うよ)。
これは、ローマの多くの教会では一般的なことで、サンタ・マリア・マッジョーレ教会にも
そういう一族だけで使う礼拝堂があるんだそうです。さすが階級社会ヨーロッパ。
ただ、この教会のように、スタート時点から誰用に作るという計画がなされていたのは、
まれなことだそうです。


天井画
天井画は、ピエトロ・ダ・コルトーナの作品で、聖母マリアのお告げの奇跡を描いたもの。

聖フィリッポが、夢で教会の屋根が崩れると啓示(というか警告?)を受け、直しました。
実際、屋根の形状がゆがんでおり、そのままだったら、ミサの最中に大勢の人が
亡くなるところだったそうです。


Chiesa Nuova
よく見えませんが 主祭壇の「聖母子像」は、ピーテル・パウル・ルーベンスの作品です。
彼は、また祭壇の両サイドの絵も1606~1608年の間に描いています。
イタリアにいた8年間のうちの最後の年に描いたもということになります。


キリスト降架

 これは、ご存知の方も多いのでは。

 1604年ごろのカラヴァッジョの作品
 「キリスト降架」の
 レプリカです。

 オリジナルは、バチカン博物館の中の
 絵画館 Pinacotecaにあります。

 レプリカといっても素人には
 違いはわからない。

 こっちでも、
 十分感じるものがありますよ~。




ルーベンス と カラヴァッジョ
この二人はセットってわけじゃないだろうけど、市庁舎のところにある、
カピトリーナ絵画館 Pinacoteca Capitolinaに
   ルーベンスの  「ロムルスとレムス Romolo e Remo」
   カラヴァッジョの 「未来を予言するジプシー La Buona Ventura」

刑務所のちょっと南、あ、なんか感じ悪いな。ローマ大学付属植物園のちょっと南にある
国立コルシーニ宮 Galleria Nazionale di Palazzo Corsiniに、
   ルーベンスの  「聖セバスティアーノ S.Sebastiano」
   カラヴァッジョの 「洗礼者ヨハネ S.Giovanni Battista」があります。


展示品
聖具室にある聖具を公開していました。
いつからいつまで、何を見ることができるかということが書かれたポスターが
貼ってありました。

フィリッポの部屋と礼拝堂は、二階にあります。教会関係者に頼むと見せてくれるらしい。
(私は見た事がありませんので、ご確認ください)
部屋は改装されているが、使われている家具は1500年代のオリジナルのまま、だそうです。


当時の繁栄を物語る教会(政治と絡んでますもんね)。
さら~っと流してしまえば、それまでですが、中身を知ると芸術を感じられます。
美術館が、人でいっぱいだったら、こういう手もあります。
ローマの教会はタダだしね♪
初めてヴェネツィアに行ったとき、教会に2.5ユーロとか支払わなくてはいけないのを知って
びっくりしました。
フィレンツェもお金いりますよね~。
ローマは教会が多すぎて、有料教会、無料教会に分けるの大変だからやってないのかしら?




母の日に カーネーションより 美味なもの
身も心も満腹になるものが、Del家では恒例です
↓おかんに何かあげた人~ ぱひっ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

時間設定

私は教会のaperta8:30-23:59までという時間設定を見ました
TV番組じゃあるまいし、59分までって!と突っ込んでおきました^^
イエズス会の教会?と思ったらモデルにしたんですね
ローマは教会がタダなのか~フィレンツェも十数年前まではタダだったみたいなのですが
2006年に訪れた時には有料の教会が多くて中には殆んど入っていません(><)
せめて共通券とか作ってくれないかなぁ~って思っています
ローマも有料になるかも知れないのでタダのうちに行っておかなきゃ!って思うのですが
2011年の訪伊先はナポリに気持ちが入っちゃいました!
不況が長引くと益々治安が悪くなって行き辛くなるし今の内かっ!って・・・
ヴェネツィアも沈む前に行かなきゃいけないし~(ヴェネツィアの方!軽いジョークですよ)
どうかいつまでもローマの教会は無料でありますようにお祈りしますe-459

【2010/05/10 】URL | ciaomami #0OF0GxPA[ 編集]

○ciaomamiさんへ○

にゃはははは!23:59????笑える~。
ニュースでさえ、大体で始まるのに、教会の開閉時間のキッチリ度!!ありえない・・・・・。

そうかー、フィレンツェもタダだったんですねー、昔。
私が始めてフィレンツェに行ったのは、15年位前だったと思うけどそのときお金払ったから、無料は結構前ですね。
博物館の共通券はあるのに、教会の共通券は・・・あったかな?
ベネチアであったような気がします。

きゃー、来年ナポリにいかれるんですか?
気合を入れて楽しんできてくださいねー。あー、また行きたいなナポリ周辺。
ナポリから車で1時間くらい言ったところにモッツァレッラの産地があるので、ぜひ!チーズ食べてきてください!

いい頻度でイタリアに上陸してますね、うらやましいな~♪

【2010/05/11 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/472-2359d61c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。