Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ルパンでも盗めまい

こちら、イタリアに2週間旅行したときに借りたアパート。
毎日外食はキツイ、市場で買ったものを調理してみたいとか、
家族みんなで暮らすように滞在したい、
友達と別室で寝たいけど、ホテルほどお金をかけたくない、という時にとても良いですよ。

appartamento
イタリアの家は、こんな風に、いや、もっとたくさん絵をかけてあるお宅を
何度か見たことがあります。

わたし、以前イタリアのお父さんと呼ぶ人がいましてね。
ほんとうに、良くしてもらいました。思い出しても胸がいっぱいになるくらい。
今でも最後にもらった手紙を読むと涙が出ちゃう。
なので、その手紙は、奥のほうに大切にしまってあります。

ここのお宅も、絵がたくさん飾ってありましてね。
その人が元気だったころ、なにげに、寝室に呼ばれたんで行ってみると、

「いいかい、これは、マンマ(彼の奥さん)と、わしと、長男だけが知っているんだけど・・・」

っていって、壁にかかっている、いくつかのうち、ある絵のところにきたの。

そして、おもむろに絵をはずすと、 



後半は、おちゃめなオヤジ登場~
読む前にワンコを↓ぱひっとヨロシク!
それでもイタリアなワケ


とっ、扉がでてきた~!!

ひょえ~ なに?隠し扉???壁に扉がついてるぅ~

映画なら、壁に金庫くらいの大きさの扉がついているのを見たことがあるけれど、
まさか、目の前でそれが展開されるとは。

絵が一枚しかなかったら、怪しんじゃうかもしれないけど、壁中に何枚も絵がかかってるから
かえって疑わないっていうか。。。

びっくりして 声も出せないでいると、満足そうに「いいかい・・・」っていって、
鍵で扉を開けて、中を見せてくれました。

そこには、代々続く指輪や、お父さんの勤め先だった銀行で表彰されたときにもらった
硬貨(金貨かなぁ?)など、
ジュエリーを中心に高価なものや、家系で大切にされてきたのものが入っていました。

すんごいものが次々出てきて「ひょえ~」って驚いていると、お父さん満足そうに笑ってて。
これは、長男の嫁にやるもの、
これは、次男にやるつもりだけど、今教えるとあいつに良くないから黙ってるとか、
こっちは、娘にあげるものとか、いろいろ見せてくれました。

あ~びっくりした。

そして最後に、
「おまえはもううちの娘だから、嫁に行くときには、一番似合うものを渡すからね」って。

外人のわたしに、大事なものを見せてくれただけでも十分なのに、こんな風に言ってくれて
泣かないようにこらえたけど、目がうるうるしてしまいました。
もちろん本当にもらうつもりはありませんでしたし、いまだに嫁にいってないので(笑)
いただくことになるような機会は、もうありませんが。

助けてもらったり、してもらうばかりで、なにもお返しできないままとなってしまいました。
お皿を洗ったり、掃除したり、マッサージはしたけど(資格持ってて良かったぁ)
そんなものじゃ返せないほどのものをもらいました。

イタリアにかかわって、(詳しくは、カテゴリーの「ローマの人」と「私の周りのイタリア人」をご覧ください
「ケーキは語る」のように、楽しませてもらったから、というのもあるけれど、

「外国人としてワタクシ」「失礼なイタリア人」のように、ショックや憤慨することがあっても、
イタリアに思い入れがあるのは、このイタリアのお父さんの影響だと思います。


しかし、イタリア人の家に行って、絵がたくさん飾ってあるお宅を見ると、
ついつい、 この絵の奥に秘密があるんじゃないか?
って思っちゃう~。

これは、お父さんのせいです(笑)



応援クリック↓お願いします
それでもイタリアなワケ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

サブタイトル

私がDelfinoさんのブログにハマッタのはサブタイトルなんです
(今では内容が面白いからなんですけれど)
「痛い目にあっても、なぜかキライになれない複雑な国」
あぁ~この人イタリアの良さをよく知っている人なんだって魅かれました
イタリアにはこのお父さんのような人が本当に多いと思います
温かさの表現が素晴らしいというか・・・そんな素敵な人に
「おちゃめなオヤジ」はないだろう~と笑いながらクリックしました^^

【2010/04/29 】URL | ciaomami #0OF0GxPA[ 編集]

うわっ、びっくり!

イタリア人のお宅の絵画飾りまくりの壁、多いですよね~。
絶対、空間恐怖症に違いない とか思ってました。
人にかぶりまくりで喋り倒すのも、同じ理由かと。

し、しかしっ!

隠し金庫とは、びっくりです。
これって一般的なんでしょうか?
それとも、かなりレアなケース?
今度友達の家行ったら、片っ端から絵めくってしまいそう~^^;

【2010/04/30 】URL | さばぇ #-[ 編集]

◎ciaomamiさんへ◎

わ~、うれしいなぁ、そんな風に言ってもらえて光栄です。
どうもありがとうございます。
そうなの、そうなの、温かさの表現が心を打つものが多いのよね。

手続きのイライラや差別で打ち砕かれた心を、こういう人が温めてくれるんですよねぇ。
イタリアはちょっとMな人のほうが向いているのかしらね~?
でも弱い人は生きていけないところだと思うけど。
やられてもやられても、食らいついてしまう私はドMかも???はは(笑)

ciaomamiさんも同じ感じじゃないかしら?
ただの憧れだけじゃない感じですし、引き出しがいろいろありそう(笑)

【2010/05/01 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

♪さばぇさんへ♪

確かにイタリアの絵はかけすぎだ。。。
日本の美術館の壁でもそんなに沢山絵は飾ってないぜ!ってくらいありますもんね。

ね~、隠し金庫ってびっくりですよね~。
ドラマ?かと思いました(笑)
泥棒が多いからこうしていたのかなぁ。銀行も信用できないし(笑)

>人にかぶりまくりで喋り倒すのも、同じ理由かと。
これ、ウケました!!!そうかもしれな~い☆
あの人たち、明るいっていわれているけど、さびしんぼだし、
意外に根っこは暗いような気がするんですけど・・・。

【2010/05/01 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/469-f2339965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。