Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とうちゃん!

3月19日。

きのうは、父の日です。        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、イタリアで。

ちなみに、北米・日本などの父の日は、6月の第3日曜日です。

「父親に感謝を表す日」というのは、同じなんですけどね。

母の日は同じなのに、何で父の日は日本と違うん???と思ったあなた!

えぇ、私も初めて知ったとき思いました。(そんなことはどうでもいいですね・・・)


3月19日の聖人は、サン・ジュゼッペ。

ジュゼッペって、イエス・キリストのお父さんの名前なんです。

それで、イタリアでは、この日は、父の日となっています。

「キリストの父親ってそんな名前だっけ?」って?これ、ヨセフのことです。

日本だと、マリアとヨセフのほうがピンと来るかも。


私の元同僚が、カンパーニア州の出身でして、ここでは、
 Le Zeppole di San Giuseppe レ・ゼッポレ・ディ・サン・ジュゼッペ

という、ドーナツ状に揚げたシューの上に、カスタードクリームをぐるっと絞り、
アマレーナ(ワイン色のチェリーのシロップ漬け)をのせた、父の日のお菓子をたべます。

サレルノ近郊の友達の家に行ったときも、食べてたので、これを食べるのは、
ナポリだけではないようです。
Pasticceria
このお菓子の写真がないので、かわりに現地のPasticceria(ケーキ・お菓子屋さん)のショーウィンドーを。

オーストリアの友達に聞いてみたら、3月19日は父の日じゃないといってたので、
欧州が全部この日を父の日にしているわけでもないのね。


そして、日本では。

一昨日、3月18日は、彼岸の入りです。
3月21日が彼岸の中日。その3日前が彼岸の入り、3日後が彼岸の明け。
みんな、お供えして、亡くなった人のこと考えてあげてね~。


そうだ。
全然関係ないけど、思い出した。

ローマで、バスのチケット買おうと思ったのね。

ホント、前の話、関係ないね

夫婦でやってるような小さな店で、何気に入っていったら・・・・








日本在住だし、イタリア人と結婚してるわけでもないのに、
このブログをいつも見に来てくださって、どうもありがとうございます
すごく、うれしいです。感謝
人気ブログランキングへ


「あんたー、歌、うとたら、バスのチケット売ったるわぁ~!」
って奥さん(と思われる人)に言われたの。

はっ???え~・・・・っと わたしは、どうしたら?

なんていうのかしら?行きつけのタバッキ(タバコやチケット売ってます)とかなら、
っちゃうよ、わたし。 なんだったら、踊ってもいいくらいさ。

しかし、ここは初めてきたところ。

冗談かどうかを推し量るのに、だんなさんを見たら、知らん顔してるのよね。

はい、ただの嫌がらせです。(ち~ん

「なんじゃそりゃぁ~? うたえって、あほか、おめぇ~!あほんだらぁ」って思ったけど、
相手の土俵にのって話はしないも~ん、だ。自分がその人と同じレベルになっちゃう。

かるく微笑んだあと、「アホじゃね、こいつ」といわんばかりに、つめた~い一瞥をくれて
立ち去りました。
アジア人がやると怖いよ~、目、ほそいからね。

わたし、日本の人で外国人にこんなバカにしたような嫌がらせをする人って、
見たことないんですけど。
(当時の欧・米・アジア・アフリカの外国籍の同僚から、聞いたことないです。)

イタリアって(と、ひとくくりには決してできないけど)イヤな人って女性のほうが多いような。。。
男性もいるけど、露骨にってのは、私の場合、女性のほうが多かったかな。
(親切な女性もいますからねー


以上、「日本ではありえないことが起こるイタリア」の一例でございました。


今度会ったら、煮てやる


みなさんのぽちっと↓のおかげでテンションあがります
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

わはは、「今度会ったら、煮てやる」 に爆笑~^^
私は基本的にド田舎にしか住んでなかったせいか、アカラサマに嫌味とか差別とかされた覚えはあんまりないんですけど、たまにこーいうヤツに出くわすと、思いっきり反撃することにしてました。^^;
はじめの頃はそんな語学力なかったからくっそー って思うだけでしたけど、その後今度はこー言い返してやろう とか辞書引きながら言い回しを調べてシミュレーションし^^;、次に同じような目にあったときに実践してました。^^;
ほら、嫌味とかって知人の前では使えないじゃないですか、だからこういう機会に練習しないとね。:)
差別丸出しでなんかごまかそうとする人には、「まるでインドね。まぁ、ここも発展途上国だから仕方ないか。」とか、中国人と日本人は一緒だと(嫌がらせで)言うヤツには、「気にしないで、私達もイタリア人とアルバニア人の区別つかないし:)」 とか。:p

#あー、私ってば絶対イタリアで性格悪くなった。。TT

【2010/03/21 】URL | さばぇ #2Ae7f746[ 編集]

◇さばぇさんへ◇

なるほど~、そうかそうやって言えばいいのか。次はそういう感じで言ってみよ~っと。
さばぇさん、どうもありがとう!

あー、わかります~。私もイタリアから戻って「性格がキツクなってる」っていわれたことありますよー。
やっぱり、「いわないやつはアホ」みたいなところがあって(イタリア人って最後に一言打ち込むみたいなことするし)、日本とは価値観が違うからですよねー、たぶん。

私も大人な振りして、あんなふうに書いたけど、実はそうじゃないの~(ToT)
前に違う形であからさまな、人種差別の言葉をはかれたときに(チネーゼ!とかそういうのじゃなくてもっとひどいやつ)言い返したんだけど、何せ私のイタリア語では語彙が・・・。で、惨敗って感じで。
あとね、元同僚にピーって言う言葉をいくつも教えてもらってたけど、それがどの程度の効力を持つかまでは今一把握できてなくて。
日本語って罵倒する言葉の度合いが、たいしたことないから、外国語のこういう言葉を軽い気持ちで使いがちですけど、「そんなこといったら殺されちゃうぞ、おまえ」みたいなのもあるでしょ?それがねー、イタリア語だとよくわからなくって。
英語だったら絶対勝つのに、イタリア人、結構、英語通じないから・・・。

えー!田舎のほうが差別があるのかと思ってました。それは驚き。
アメリカだとカリフォルニアのようないろんな人種が混じっているところでは、結構みんな心の中に思うところがあっても人種差別をそんなに出しません。
でもカナダのそこそこの都会で、私、忘れられない人種差別されました。イタリアでも、南の5万人くらいしか住んでない町の人は、友達が紹介しても、私のことを遠巻きに眺める感じだったし。そうかー、ちょっと見方が変わったなぁ。

【2010/03/22 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/451-c6ad4aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。