Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっと茶色い?

暦の上の春はずいぶん前に過ぎたのに、寒気団が・・・。
三寒四温っていうのに、ちっとも暖かくなりませんねぇ。薄着できないわぁ。


でもいつも長いスカートをはいていた、イタリア人の女性バルバラちゃん。

一度も彼女の脚を見たことがない。本当にただの一度もないのよね。

もし、やけどとかの傷があってってことだと悪いかなとは思いつつも、聞いてみた。

私:「どうして、いつも長いスカートなの?そういうファッションが好きなの?
   バルバラはスタイルがいいから、ぴたっとしたパンツとかミニスカートが似合いそう」

ル:「う~ん、でも私、色が白いから。出せないのよ」

そう、これっ!

イタリア人、これなのよぉ。

色白ですぐに焼けちゃって痛いから、出せないんじゃないの。


「色が白い」から出せないの。

私は、もともと褐色の肌をしている=地黒です、はい。
美白の努力をしても限界があるし、日本にいるとちょっとだけ肩身が狭いわけです。

ほれ「色白七難隠す」の国ですから。

そんなわたくし、イタリア人の同僚に、
「Delは~、色がちょっと茶色いから~、良いです」って言われました。

最初、言われたとき、意味がわからなかったのよね~。
ふざけてんのかと。嫌味なのかと。

あの、もしもし? できたらもう少し違う表現で言っていただけませんか?みたいな。
そこで、彼らの外国人なまりの日本語をまねして、言ってみた。

「あのぉ、意味が~、わかりませ~ん、が?」


そしたら、イタリアの「ブロンズ肌は◎美」という美の基準を教えてくれました。
イタリア在住の方などが、ブログで書いているけど、イタリアでは美白を良しとしない。

バルバラも、色が白いから、かっこ悪くて人前に出せないってこと。

ひ~っ!じゃあ、日本人はどうなるのよぉぉぉ?
そう、全員ダメダメじゃ~んってことです。

すごい違いだよね、日本と。ところ変われば価値変わる。
イタリアで日傘をさしていると変人扱いされまっせ。(と思ったら、さしてました→イタリアで見つけた日本

他のイタリア人も、言ってはくれる、
「Delは、ほかの日本人と違う。色が濃い」と。(濃いっていうなー!)

いい意味で言ってくれてるとわかっている。
が、何度聞いても、ほめられているようには聞こえないんだけどね~

まぁ、沖縄人と間違えられたり、
(濃さが)クリスタルケイに似ているといわれるから、仕方ないかねぇ。



いつもクリック↓してくれてありがとう
ランキング
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/45-ef976ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。