Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガイドブックに載ってない場所

アカデミー賞、ハート・ロッカー(Hurt Locker)がとりましたね♪
よかった!
個人的に、アバターがとるのは、いやだなぁって思ってました。
3Dは確かにすごいけど、”あ~、ハリウッド的”なストーリー展開とブッシュの脳みそを思わせる
単純思考と強引な感じが好きじゃないのよねぇ。
この作品についてはね。
ターミネーターは好きだったです(タイタニックはそんなに好きじゃなかったけど)。

予算5億ドルと1100ドルという予算の違いにもかかわらずハートロッカーが受賞したのもウレシかった。
予算がない分、訴えたい本質的なところを大事にとってる感じが良いです。
予算額と配給会社に力のあるいわゆる王様的作品よりも、いい脚本作品がとったことに安堵しました。

キャメロン監督が、彼女が受賞したときに「よかった!」って言っていた気がするんで
その辺は好感が持てました。(だってやっぱり賞をほしいと思うもん)
キャメロン監督の、新しいことに挑戦するところはスゴイと思います。
式前のインタビューのときも「彼女の才能が、認められるのはすごくウレシイ」って。
日本の報道で、元妻と表示されてるけど、
彼女、何番目の妻だったかね?今、彼が一緒にいるのは5番目の妻だからねー


サンドラ・ブロックも賞とったし♪
わたし、サンドラのこと結構好きなのよねぇ。アメリカでは、高感度高いですよ、彼女。
彼女の映画をそれ程見たことはないけど、飾らない感じと、がんばり屋なところが好きです。

映画より、むしろ雑誌のインタビューと、周りのスタッフが話しているTV番組をみて好きになりました。
撮影の製作に関わっていたときの彼女は、汚い服着て、夜遅くまでよく働いていたそうで、
条件つけてこれじゃないとイヤとかいってる女優と違って、周りの人からの信頼が厚かったです。
ゴールデン・ラズベリー賞(最悪映画賞とでもいいますか)でも、普通でてこないのに、本人登場。
ユーモアたっぷりのスピーチに
ジョークのわかる人とか、自分を卑下するジョークを言える人って、私、好きです。


いけない、また長くなっちゃった。では、イタリアにうつりまして・・・


ローマ共和国
はいっ!これ。
あまり、見ないタイプのものですよねー。
トラステヴェレからジャニコロの丘に行く途中にあります。
(※San Pietro in Montorio教会をすぎた坂の左側です。ガリバルディ通り。)

ある日、知り合いのローマ人に、
「これ、なーに?なんか、エジプトっぽい感じだねぇ」って聞いたら

「う~ん。。。。。。よく知らん

って言われちまいましたっ!
即効「だめじゃん!ローマ人!」って突っ込んでおきました。

やっぱり自分の住んでいる町とか国について、説明できたほうがいいね。
この人いわく「ローマは数え切れないくらいあるから、全部は説明できんよ」だって。
まぁ、たしかに。

ということで、自分で調べてみました。



今日は女性の日ですね。ミモザの黄色い花もらいましたか?
私は、ミモザケーキがほしいです
人気ブログランキングへ


ローマ共和国鎮魂碑
真ん中にある像を見ると、狼がいますよね。
はい、動物の下にいるのは、ロムルスとレムス(※1)
そして、その下の四角の中には、SPQR(※2)
※1 ローマは、紀元前753年に双子の兄弟ロムルスとレムスによってパラティヌスの丘に創建されたといわれています。
※2 ラテン語でSenatus Populusque Romanusの略語。元老院とローマの人民(市民)の意味。


となると、ローマ帝国だ、と思ったんですが、

これ、ローマ共和国の鎮魂碑だそうです。

ちなみに今、私たちがイタリアと呼んでいる国は、イタリア共和国Repubblica italiana
イタリア統一は、1861年。

この碑を囲っている白い石の上のほうを見ると(最初の写真参照)

AI CADVTI PER ROMA
1849-1870


と書いてあります。
ローマ共和国のために倒れた人々に捧げたもののようです。

cadVti は今で言うcadUti すね。ブルガリBVLGARIと同じです。
昔は、VをUとして読んでいました。


1848年、フランスの2月革命の影響から、イタリアで国土統一を求める国民主義運動が活発に。
サルデーニャ王国のカルロ・アルベルトが統一を目指すが、オーストリア軍との戦いで粉砕。

その当時は教皇が力を持っていました。
当時の首相(教皇関係の人よ)が暗殺されて(教皇逃亡)、ローマは無政府状態となり
青年イタリア党のマッチーニが、ローマ共和国Repubblica romanaを樹立(1849年2月)。

教皇がこれに黙っているわけもなく、逃亡先からフランスに援軍を頼み、
ジュゼッペ・ガリバルディが、ジャニコロの丘の戦いで、ナポレオン3世に敗れて粉砕。



ってなことが、この頃あったそうです。あ~、久しぶりに世界史の本を見ました。

私が通るたびに、この碑の門は閉まっていたので、中に入ったことはないんですが、
この建物の内側の側面に、ジョバンニが云々とかって何か書いてあったのよねー。

だれ、ジョバンニって???
そしてローマ共和国の碑なんだったら、どうして1970年までって書いてあるんだろう。。。


ということで、完璧には、なぞは解決できず。。。

でも、だいたいわかったということで、よしっ!



いつもクリックありがとう
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

感謝

気ままな一人旅が好きなのですが、こういう物(モノって表現していいのかな?)に巡り合った時は、あぁ~ガイドさんが欲しい!ってつくづく思うのです。この場所に訪れた時は、Delfinoさん、ありがとう!!って心でつぶやきますね^^

【2010/03/08 】URL | ciaomami #0OF0GxPA[ 編集]

☆ciaomamiさんへ☆

ciaomamiさん、どうも、ごぶさたしています。
お元気でしたかv-291

ciaomamiさんも、一人旅派ですか。うれしいな~(笑)

感謝だなんてこちらこそです。
”ガイドさん”の言葉で、「おっと、場所がわかりにくいね」と思い、
本文に注釈つけておきました。
この教会ならガイドブックに載っているのでわかりやすいかな、と。
こちらこそ、気づかせてくださって、どうもありがとう♪

【2010/03/10 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/441-89702588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。