Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どっちも粉だらけ

前回の記事のがっちゃんさんのコメントがあったのに、さっそく風邪を引いてしまいました。
とほほかお
鼻水太郎くんで、息が通る隙間が、ちーさいっ!
炎症が起きてるから、鼻の周辺が熱を持っちゃって、頭もボーッkao02と・・・。
その上、ホコリアレルギーの症状もでて、ダブルパンチです。
加湿器つけてるのに、オフィスの湿度20%なんだもん。
20-25度くらいならせめて45%くらいの湿度はなくっちゃねぇ。
もう、カピカピのカッサカサです。

湿疹が出る人もいるみたいだけど、私は喘息のようにセキが。
気管支がキューって絞まるようにするんですよー。
そう、息が出来ない。
粘膜がやられちゃうみたいで鼻炎のように鼻水が出たり。
ひどいとセキのし過ぎで吐いたりするんよ。
この2日間は、何とか出勤しましたが、明日は、ひたすら寝まっす。


さて、この時期、Del家の恒例といえば、シュトーレンとパネットーネを食べること。
こんなときでも、食べ物ネタ(笑) 食欲だけは落ちませんjumee☆faceA217g
既に、ご存知の方も多いこととは思いますが、念のために書きますと、
シュトーレンもパネットーネもクリスマスさとと-サンタクロースのお菓子(ケーキ・パンの種類)です。
前者が主にドイツ、後者が主にイタリアで食べられるものです。
(クリスマスのケーキ類については去年のこの記事をどうぞ→クリスマス気分
毎年Del家がパネットーネを作って、お隣からのシュトーレンと交換します。

でもねー、今年はまだ、作ってないから、もらうだけになっちゃった。
そのうち作らねば。
これさ、イーストも普通のと違うのを使うし、発酵にめーっちゃ時間を使うから
正直、手間なのであります。
でもね、おいしいからさー、なんだかんだいって毎年作るんだよねぇ。

一方、シュトーレンのほうは、お隣のおばあちゃまが、おとりよせ♪
シュトーレン


   神戸の
   フロインドリーブから。

   昔の日本人が呼んだ呼び名なのか、
   Shtollenを
   シュトーレンではなく、シトーレンという
   商品名で呼ぶお店です。






復活すぐに押してくれてありがとねkao03うれしかったよ
人気ブログランキングへ


パン屋さんでも、シュトーレンを販売しているところがありますが、
ここのは味が全然ちがうのよぉー。
日本のパンのようにフワフワ軽い感じじゃなくって、噛むと、うま味を感じる、しっかりした味。
バターもたっぷり、レーズンやナッツなどもたぁーっぷりなの。
濃厚なお味で、すっごくおいしい。
さすが丸一日発酵して、2時間焼き上げているだけある。

しかも、仕上げに
パン全体に振ってある紛糖が美味

私の家で使っているパン・ケーキ用の紛糖とは、どこか違う味がします。
粉糖におぉっ!と感じる、そんなパンってなかなかないっしょ?

パンドーロやパネットーネにも紛糖をかけるけど、シュトーレンにも粉がたーっぷりかかってます。

全体像はこんな感じ
Shtollen


箱も、いつもの白か、下のクリスマス仕様の箱か選べるようになってます。
フロインドリーブ

500gから2.5キロまで選べます。
2年ほど前から若干上がって500gで1800円になりましたが、
パン屋で一切れ、250円とか300円で売ってることを思ったら、高い金額ではないですね。

このお店は、老舗で、なんと
大正13年(1924年)
ドイツ人 ハインリッヒ・フロインドリーブ氏が開いたそうです。
神戸の外国人居留区に、開いたドイツパン屋さんですね。


登録有形文化財の旧ユニオン教会が、フロインドリーブの本店です。
一階が店舗、二階がカフェになっていて、
シュトーレンのお店というよりは、パンやパイを製造販売しています。
12月・1月の2ヶ月間は、サーバートラブルが発生するので、メール注文を中止するほど、
オーダーが殺到するお店です。
フロインドリーブ

同じマーク、同じ価格ですから、のれん分けなのかな?東京にもありました。
神戸のフロインドリーブで修行した方が、昭和45年に開いた、広尾にある「東京フロインドリーブ」
東京フロインドリーブ
(写真は、箱の写真を除いて、フロインドリーブの広告から)


私ね、どちらかというとドイツパンは、そんなに好きではないんですが、これはお薦めです



あ~、ちょっとボーっと婦人体温計してきた。これ終わったら寝よーっと
↓ぽひ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

パーネ

日本は、寒波で冷え込んでいるようですね。
風邪ひきさんには、つらいでしょうね~~~
お大事に・・・

台湾では、最近になってやっとドイツやフランス、
そして日本風のおいしいパンが味わえるようになりました。
それまでは、なんだか怪しい『パンらしきもの』
しかありませんでしたから。
でも、いまだに菓子パン類は、怪しい具がのっていることも。

ジーナ

【2009/12/23 】URL | Gina #mQop/nM.[ 編集]

☆Ginaさんへ☆

うわ~ん、Ginaさんお返事が遅くなってごめんなさい!!
へたってましたー(ぐったりしてました)。

お大事にって言ってくれたのに、25日に行った教会で風邪を悪化させ、友達が国に帰るので(今後数年来日しない)空港に見送りに行き、疲労ピーク・・・・ってな具合でした。

ところで、「パンらしきもの」って笑える~!!ぐふふ。
どんな具がのってるんだろう~。うぷぷ。
台湾にドイツパン・・・・・・・似合わな~い(笑)風土と味がマッチしないなぁ。
台湾なら、フランスものがいけそうな気がする。暑い気候とかが、フランスの植民地だったベトナムのイメージと重なる感じ。
そういえば、香港のエッグパイは塩がききすぎだった(全然関係ないけど)。

【2009/12/27 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/422-04afc042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。