Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いや~、ちがうねぇ&ローマで見つけた日本 その7

海外の市場とスーパーが大好きな私。
なんてったって新鮮なのとお値打ちに物を買うことができる。
中でも、洗剤コーナーはラブリーな場所。 詳しくはこちら→ 奥さん朗報です! 

イタリアのスーパーの洗剤コーナーはこんな感じ↓
洗剤
以前書いたソフランや、アパートで使っていた台所用洗剤も、でで~んと。
とにかく大きい。
私のように大きな力持ちの女はOKだけど、華奢な女性は買い物大変だろうなぁと思います。

火曜日と金曜日は魚を食べるキリスト教のみなさま。
食べるのをみんなが守っているわけじゃないけど、買うときは、この曜日が一番。
何気なく通り過ぎようとしたら、欧州初上陸の私の日本人友達、Mちゃんが立ち止まった。

「日本と魚の並べ方が、ちが~う。おもしろ~いあ」だって。
さかなくん
たしかに。
気づかなかったぜ。ほんとうだ。
魚が今にも飛び跳ねる、泳いでいるかのように立体的においてある。

でもなぜか、キャベツの葉やレモンで飾ってある(笑)
レストランか、ここは。

ところ変わればいろいろ違いますな。


ぱひっと↓よろしくお願いしますハート
人気ブログランキングへ


出張に行き始めた10年位前から、日本食ブーム、
その後の漢字などのオリエンタルブームは、なんとなく感じてはいた。

行く度に増えていた日本食を出すレストラン(日本食レストランじゃないのよねぇ)や
スシ(寿司というかスシって感じなんだよねぇ)。

もうすっかり市民権を得たんだなぁって。ほれ↓
寿司
ワインは売れ残っておりますが、
スシは、ほとんど売り切れちゃってるの。時刻は、夕方でございます。

YのマークのYAMA SUSHIさん。北米と同じで、刺身もSASHIMIでございます。
刺身

スシ

 お値段300gで9.9ユーロ。
 136円/ユーロとすると約1350円。
 いいお値段でございます。



 左の写真をクリックして
 大きなサイズで見てみてください。



KOBE(神戸)スシ、CHIBA(千葉)スシ、TOKYO(東京)スシと名前がついてるの。
産地で分けてるんでしょうかねぇ。
それか中身によって、大き目の都市の名前にしてるのか。
そのあたりは、よくわかりませんが、
「この名前は何だろう?」と思ってくれるイタリア人が増えればうれしいですね。

イギリス人は、タコをみて「おえぇ~手書き風シリーズ32顔7」とかいう人も多いですが(ちっかお)、
イタリア人はタコ食べますし、カルパッチョや、ユッケみたいな生肉も食べますから、
スシも比較的受け入れやすかったんじゃないかなぁ。

私ね、出張でローマの対岸側にあるVASTOとかCHIETIって言う町に行ったとき、
取引先の人が連れて行ってくれたレストランで、手長エビの刺身を食べたの。
しょうゆじゃなくって、レモンをかけて食べたんですが、
め~っちゃくちゃおいしかった!!
車でけもの道みたいなところを抜けていったから、場所の名前がよくわかんないの・・・。
もう二度と行けな~いjumee☆faceA195e

いずれにしても、日本食が浸透していくのは、うれしいな。
そして、親近感を持ってもらえるといいな。


金魚はたべてもきっとマズイよん↓クリックHoney
          人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/411-19baad44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。