Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリアの事故

私がローマにいたときの一番の仲良し、ブルガリアのダニエラに、彼ができました~
うれし~ めでた~い 1年半ぶりの彼だわ。
彼女、見た目は派手に見えるんだけど、根は落ち着いたいい子でね。
あ~うれしいなぁ。まだ詳しくは聞いてないけど、ずっとうまくいくといいなぁ。

さて、去年イタリアで、買出ししてきた食料のひとつ、乾燥ポルチーニ。
パスタで、食べました。あ~、おいしかった。
日本で買うと20gで600-800円くらい。すごい値です。
たまに、安いのがありますけど、おいしくないんだな、これが。

欧州の友人の住んでいる地域では、秋になると住民が山にしいたけキノコをとりにいきます。
そういう習慣なんですって。
でも、私の友達は、一切そのキノコ赤きのこを口にしません。
なぜなら、放射能汚染の心配が。
わたしね、友達の行動は正しいと思うんだよねぇ。
キノコの放射能吸収率は高いし、土壌からの放射能汚染は、これまた多いから。

チェルノブイリ
放射能というと、原爆や1986年のチェルノブイリ(Aの位置)の原子力発電所の事故が浮かびます。
もう報道されなくなったねぇ。
ロシア(現ウクライナ)のチェルノブイリの事故が発見されたのは、
北欧ノルウェーの探知機から。
推定10トン前後、大気中に放出され、北半球全域に拡散した放射能。
日本もしばらくは放射能の数値を発表したりして、トルコ、イギリス、オランダ、ドイツなどからの、
普段より異常に高い数値の食品を一時輸入停止にしたりしてましたね。

高レベルの放射能汚染国となったノルウェーでは、今でも、羊1kgあたりのレベルを
チェックし続けていて、雨が多い年は、例年の2倍以上の数値が出たりと
事故から20年以上たっても残留量の多さが目に付きます。

ロシアから離れたノルウェーも、がん発生率が高い。
きのこを食べない私の友達の町でも、住人でがんになる人がこの20年で随分増えているって。
地図を見ると一目瞭然ですが、イタリアも結構、放射能がきていると思います。



日本では、あまり知られていないけど、
世界に先駆けて(という表現はどうかと思うけど)、汚染事故はイタリアがやってるんです。

ダイオキシン汚染

チェルノブイリよりも10年も前に。




今日はわたくし、仕事始めでございました。
あ~、朝起きるのの、つらいことったら。
お仲間さんは↓ぽひっ
人気ブログランキングへ


セベソ事件 です。

1976年7月。ミラノから北へ25kmの町、セベソの農薬工場の爆発事故です。

放射能じゃないし、っていっても、周辺地域では家畜の大量死、癌・糖尿病・心臓病・肉腫の発生率の増加、
奇形出産率の増加、流産率の異常な増加、女児の出生率増加が起こりました。
妊婦の流産率は34%
(日本での初期流産も含め全体で流産率10-15% 医療に大きな差のない国でこの%の差はかなり大きい)
出産に関しての問題が大きいため、条件付でしか中絶の出来ない国で、特例として中絶が認められたほど。

汚染地区は、居住禁止措置が取られました。
イタリア政府は、当初、400億リラを支出。
1ドル360円時代だった当時の為替がわからないので、1990年代の1リラ=0.07円で計算して、28億円。
最終的に1200億リラ(84億円)はだしたそうです。
あ、でもまてよ。本当にそんなに金額だしたんかいな?国家予算いくらなんだろう。
日本で85兆円くらいでしょ。もしかしたら書いてあるだけで、こんなに使ってないかもしれないなぁ。

この事故をきっかけに、当時ECが、工場の安全規制の「セベソ指令」を制定。
こういうのが出来るなんて、よほどの規模だったんだということが、うかがえます。


普通なら、事故がおきた、被害者が出た、以上ってところなんだけど・・・・
この後に、
暗殺事件、健康診断書の大量紛失、
残留廃棄物の行方不明
 が起きます。
あぁ、イタリアって・・・・。

ICMESA (Industrie Chimiche Meda Società)社が、所有していた工場で、この爆発は起き、
技術責任者のHerwig von Zwehl氏と、生産責任者のPaolo Paoletti博士が逮捕。
親会社のジボダン社の人も逮捕されて、判決→控訴→最終、3人無罪・2人有罪
この判決が出たのが、事故から9年後の1985年(イタリアにしては、まずまずの年数か?)。

しかし、判決より5年前の1980年、左翼団体Prima Lineaにパオレッティ博士が射殺される。


また、おっとろしーことに、健康診断書の束がまとめてなくなってるんです。
故意に、なくしたのか、盗まれたのか、わかりませんが、隠ぺい工作じゃないかといわれたそうです。
イタリアだけに、あながち間違ってないような・・・・。


事故後、大量に出た有毒性廃棄物は、専用のドラム缶に封印されて、
処理されることになっていたが、なぜか、フランス北部でこれらの廃棄物が発見される。
しかも行方不明だと言う報道はなく、それどころか、適切に処理されたと宣言されていた。
おいおい・・・・。

そして、この廃棄物はスイスで(何で?)焼却処分される。あれ?燃やしていいのか?
しかも、事故から9年後。。。。おいおい・・・・。



チェルノブイリのほうは、20トンの核燃料の残る事故現場をコンクリートで覆ったけど、
そのコンクリートの壁から大量の放射能が漏れ続けています。
草が生えてきているところもあるけれど、このままの状態だと、放射能の被害がなくなるのは、
4000年後ともいわれています。

こわいね。


ということで、通常だったら免疫力を高めてくれる、きのこたちも、
逆効果になるものもあるから、気をつけなくっちゃね。




ごめんね~、今日はつまんなかったね
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Delfinoさん こんにちは~
一切キノコを食べないお友達の気持ち、わかります~。私も子どもの頃のある理由でインスタントラーメンとかカップラーメンをほとんど口にしないのでe-1

ところで、暗殺事件、健康診断書の大量紛失、残留廃棄物の行方不明 って流石はイタリアですねえ。フランスとかスイスで発見されるたのは氷山の一角なんじゃないですかねえ?もっと表に出てこないようなことも当然あるような気もします。って、妄想の世界にまたまた入り込んでます。なぜなら、やっと手に入れた「死都ゴモラ」をこれから読み始めるので!新年早々失礼しました!



【2010/01/07 】URL | 永とも #-[ 編集]

あけましておめでとうございます~。

キノコって、放射能吸収率高いんですか、、、知りませんでした。
私キノコ好きなんですよね~。TT
でもイタリアでは私の好きなしめじやえのきが売ってなくて、あんまり食べなかったけど、正解だったかも。。。

イタリアって発ガン率高くないですか?
ちゃんとした統計とか見たことないのであれですが、周りで癌になる人が、日本に比べて断然多かった印象があります。
しかも結構若い人も含めて。
油と塩分の多い食生活のせいでは?と思ってましたけど、こういう事故のことも関係あるのでは?と、こちらの記事読んで思いました。
イタリア人基本的に過去の過ちを先に活かさないから、事故による汚染被害について気をつけてる人ってすんごく少なそうだし。。。
また、健康診断書の大量紛失、残留廃棄物の行方不明 ってのも、い・か・に・も って感じですね。。。^^;

【2010/01/08 】URL | さばぇ #2Ae7f746[ 編集]

◇永ともさんへ◇

永ともさ~ん、こんにちはー♪
私もインスタントラーメン、ほとんど口にしないですー。
だってあれ、やばいもん。
化学調味料って、最初おいしく感じるけど、舌がぴりぴりするし。

そうですね、永ともさんのおっしゃるとおり、氷山の一角かも。

人間も、結果も、とにかく証拠を隠滅しちゃうところが、あ~イタリアって思いました。
日本だったらいくらなんでもそれはないっていうことが普通に起こるから、
イタリアは欧州のアフリカって言われちゃうんでしょうね。

「死都ゴモラ」?きゃー、これって映画にもなったやつですよね?
カモッラの話で。読みたいなーって思ってたんです。
読まれたら、ぜひ感想が聞きたいなー。
この本の著者は、無事で生き延びているんでしょうか・・・・。
確かまだ若かったような。

【2010/01/09 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

♪さばぇさんへ♪

さばぇさん、あけましておめでとうございま~す。今年もまたお邪魔させていただきますね☆

あんなこと書いておいてなんですが、私、きのこ大好きなんですよー。
放射能汚染のを食べるなら、日本のように栽培されたきのこのほうが安全なんだろうなぁ。
うまみは少ないだろうけど。

私もそう思います!イタリアって若い人のガンが目に付くんですよね。なんでなんだろう。
オリーブオイルは体にいいけど量が尋常じゃないし、肉の食べる量がやっぱり多いから、
大腸がんになりやすいのかなぁ。いくらDNAが日本人と違っても。
日本のがんセンターでは、食事によくキノコが出てました。
イタリアだったら、がんで入院して、病院でキノコが出て、
さらに病気の進みが速くなっていきそう・・・・。笑えなーい。

イタリアって、過去の過ちも、将来の計画も、気にしなくって目の前しか見ていない感じがします。
これがもう少しよくなれば、すごくいい国になると思うんだけどなぁ。

【2010/01/09 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/384-f1623193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。