Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


職人バリスタになるには

毎朝、のんでいたカップッチーノ。
カフェ・アート
って、ワタクシ、こんなりっぱなの作れません

泡とコーヒーでこんな芸術が。
ロゼッタ
                                        (写真はWorld Caffeより)

ネットをグルグルしてましたら、こんな記事を見つけました。
ベスト・バールマン →Miglior Barista

優勝者は、Michele Pauletic(ミケーレ・パウレティック)さん。
最終選考に残った24人が、
15分間に、カフェ(エスプレッソ)4杯、カップッチーノ4杯、
エスプレッソをベースとしたオリジナルのノンアルコールのドリンクを作ったそうです。

彼が作ったのは、その名も、
Passion Coffee 情熱カフェです。

バニラヨーグルト、エスプレッソ、スキムミルク、サヴォイアビスケット(savoiardo)、
savoiardoって、「サヴォイア地方の住民」をさしますが、さすがに住民を
コーヒーに入れないから(笑)ビスケットのほうだと思うんだけど。あってるかな??
それから、ライチとパッションフルーツが入ったドリンクだそうです。
うーん、想像つかなーい。
白、黒、茶・・・色を想像すると微妙だなぁ~。味も。。。ちょっと。。。

4人の審査員によって、選ばれたそうです。
今年の2月14-17日に開催されました。3日間も行われるってすごいですね。
3日かけて24人にまで絞るんだから、ドンだけ参加しているんでしょう。
長時間のプレッシャーに耐えるなんて、これもスゴイなぁ。

Latte Art

このミケーレさん、どんなお方なんでしょ?と思ったら、
Università del caffè di illy nella sede di Trieste (トリエステ イリー・カフェ大学)
の先生でござんした。
すごーい!コーヒーの大学があるとな!


追ってみました、この大学。
はい、ここ →イリー・カフェ大学(英語・イタリア語のみ)

生産者、コーヒー専門家(鑑定人)、プロのバリスタ向けのコースがあります。
1999年に創立された大学で、
ブラジル、インド、フランス、韓国、ドイツなど世界中に分校があります。

商品だけ販売するのと違って、こうやって、関連事業もやるとその業界自体がしっかりして良いと思います。
まぁ、一方で、中小(零細)の個人店は、より厳しい状況になるだろうと思いますが。
フェラーリも、マシンだけでなく、学校も作って技術者を養成し、結果、自分の会社を強力にしていったのと同様、Illyも大学をつくり、コーヒーを売るバリスタの能力を上げて、業界を活づける。
こういう、トータル・ビジネスは良いと思います。


さて、優勝者、ミケーレさんは、4月の16-19日に、
アメリカはアトランタで行われたWBCにイタリアを代表してでたそうです。

WBCっていってもWorld Baseball Classicワールド・ベースボール・クラシックではないですよ~


ぱちこ~ん↓とヨロシク!
人気ブログランキングへ


“World Barista 紅茶 Championship”
        ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ


もっちろーん、これまた、追いかけてみました。
今年のチャンピオンシップ →ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ

っておーい、負けとるがな、イタリアさ~ん!
優勝は、イギリスのGuilym Davis(ギリム・デイビス)さん。

ラッテ・アート

52カ国もの人たちが参加したんですって。すごいね。
この大会が行われるようになって、今年でちょうど10年目だそうです。
来年2010年は、イギリスで開かれるそうです。

ほかにもドイツ・チャンピオン・ラッテ・アートという大会もありました。
World of Latte

このサイトの中で、今日の二つ目の写真、Rosettaの作り方も見ることができます。
 ここに動画をつけたかったんですが、ワタクシのPCもう古いんでメモリーがヤバイのです。
 アーンド、デバイスにトラブルありなので、動画の作業やってると、ときどき、シャットダウンします(笑)

ロゼッタって、バラのことでも、ローマのパンでもありません。
たんぽぽのような葉っぱの種類、ロゼッタ葉のことです。
これは、練習したら、できそうな気がする。実際やったら難しいかな・・・?

ラテ・アート
写真はワールド・オブ・ラッテより

こうやって、大会があると、お客さんのことをよくわかることよりも、技術に比重がかかるので、
ショーっぽくなるかもしれないけど、すごくいいことだと思う。

イタリアのように、一日何回もいきたくなるような、ほっとするような、
行くだけで、元気をもらうような味のあるバールマンとはまた違うけれど、
こうやって専門職としてのバリスタの専門性があがっていくのは、いいことだなと思います。



あ~、明日の朝は、ちょっと早く起きてカップッチーノにするかな
↓ぱひ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

そうそう

実はこの大会の優勝者外国人のほうが多いんですよねぇ~
日本人も優勝していますよ。
Bar del Sole の横山さんです。結構あっちこっちの百貨店のイタリアンフェアに出ているから知ってるかも。
ところで今は空港です。この10分100円のパソコンで打ってるのだけれど、残り時間が2分とかでるからあせるわぁ~

【2009/06/20 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

◎がっちゃんさんへ◎

出発前の忙しいときなのに、コメントくださってどうもありがとうございます!
がっちゃんさんのブログにしたコメントも読んで下さって嬉しかったですv-291

横山さん、はい、存じてます(あ、個人的じゃなくてイタリアンフェアで)。
でも、この方WBCで優勝なさったんじゃなくて、ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップに優勝して、WBC世界大会に出場されました。日本の大会(JBC)では2回優勝してらっしゃるんですよね。
WBCでは、10位入賞されたそうですよ。
いずれにしてもすごいけど。

【2009/06/20 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/345-26bc89e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。