Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うまく言えないけど、かなり衝撃的でした

今日のお話の前にひとつ。

ローマのぼったくりレストランが閉店になったニュースがありましたが、(→ここ
閉店になるきっかけとなったお方がいます。(→この方
私が、去年、ローマに2ヶ月いたとき、宿泊先トラブルに見舞われたとき
助けてくださったB&Bの方です。(→ステキ・オーナー

ニュースでは、詐欺にあった被害者が警察に届け出たとなっているけれど、
その場でクレームをつけられず、悔しい思いをした彼らが、警察でうまく説明できるわけはない。
そんな彼らにつきそって、説明し、おそらく最初は警察に適当にあしらわれたんだろうけど、
ねばって、熱く説得してくれたんだろうなぁとおもったら、
実際そうだったようです(→被害者の方の声(コメント欄参照)

この被害にあわれた方も、状況を知らない方に非難されたりする可能性もあったのに、
ちゃんとB&Bの方のブログに説明をいれて、えらいと思います。

それにしても、警察を動かすほど尽力されたB&Bのオーナー夫妻に
あっぱれ!です。

彼女たちの功績は、非常に大きい。

警察署長さんが出てきたこともラッキーだったかもしれないけれど、
このままではいかんと思わせるものがあったんだと思います。
やっぱり人間って心の中が伝わるものですから。

オーナー夫妻に、功労賞を差し上げたいです。
日本の警察よ、贈呈しておくれ。海外の日本人を守ってくれた功労のために。


私、そんなB&Bに今回もとまります。ローマの主要駅、テルミニ駅目の前にあります。
DioclezianoB&B
Via Gaeta 79 Roma Italia
Tel (+39) 06 485086
Email info@diocleziano.com


           

さて、本日のお話。
いつも行っていたスーパーAuchanの帰り、バス停で車椅子の男性に会った。
バスを待っていたら、彼がやってきて「どのくらいバスを待っていますか?」って。
もうすぐ来るかどうか知りたかったんでしょうね。
日本なら時間通りに来るから時刻表を見るけど、ここでは待ち時間から、
そろそろ来るだろうと計算。うぷぷ。

彼も、買い物の帰りなのか、スーパーの袋を
車椅子のうしろのフックに引っ掛けていて、うまいなぁなんて思いながら何気に見ていた。
足が片方なくて、事故で切断でもしたのかなぁなんて。

彼は、バスに一人で、うまいこと乗り、一人暮らしなのかもしれないけど、
一人で交通機関に乗って、買い物に行き、すごいなぁなんて、ちと思いつつ。

さすがに降りるときは、一人ではちょっと無理で、
声をかけて、乗客に手伝ってもらっていました。
また、乗客の人もね、普通に手伝ってて(スロープなんてない)親切でした。

運転手は、・・・・・・見てるだけ。
日本は、運転手だけが、手伝う。ちがうねぇ、イタリア。

数日後、またいつものスーパーに行ったら、その人を見た。



先日、初物のスイカを食べましたみなさんは、スイカもう食べましたか~?
↓ぱひっと、してから後半へ
人気ブログランキングへ


スーパーの入り口で、こじきやってた。(言葉が悪くてすいません)





え?え?えぇ
これには、ワタクシすくなからずビックリして、思わず違う出口からでちゃった。

かれは、お金くれっていってたよ。

カップを持って。

ジプシーのように。


バス停で一緒になったときは、全然そんなふうに見えなかった。。。。。




えらいなぁって思ってた人が、そういうことやっていたからなのか、
そういう人と口を利いたことがなかったのに、自分が話したからだろうか。
日本だったら見るからにそういう人はわかるけど、そういう見た目でない人もそういうことを
しなければならないほどのイタリアの厳しい社会状況を見たからだろうか。


なんていうのかこのモヤモヤ。
うまくいえないんだけど、なんか衝撃的でドキドキしてしまいました。


↓追いかけてクリック!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私も読んでました。

さきにモシモシさんの記事を読んでいて、それでニュースを見たからおおぉぉ~って思いましたよ。
今モシモシさんの、ブログランキングが急激に上がっていますが、それでご覧になったかた多いでしょうね。Delfinoさんの書き込みも見ました!!

えっと、衝撃的な結末ですね。
まず最初の運転手は見てるだけで、乗客が手伝うってこと。
最近思うんですが、これはこれで正しい姿かなと。
もちろん、運転士だって手伝ってくれたほうがいいけれど、彼らの本来の仕事は安全に乗り物を走行させること。
なのに、日本だと、それは運転士がやって当たり前。って感じしませんか?
日本だと、運転士や車掌が、駅で乗務員交替したあと、列車の中や、ホームに落ちているゴミなんかを拾いながら歩く姿を良く見ていて、それはそれで、イタリア人も見習ってほしい。って思いますけれど、車椅子の人を助けるのが当たり前になってるのも大変だろうなぁ~って思っています。

そして、この記事の最後の結末。
そうきたかぁーーーーーーーーっ、って感じですね。
まぁ物乞いをすることっていうのが、一つの権利みたいな国ですけれど、そりゃびっくりしますよね。
私も回れ右しちゃいそうです。
携帯の件承りました。余り早く送ると充電がなくなっちゃうと思うので、月末ぐらいに送りますね。

【2009/07/05 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

◎がっちゃんさんへ◎

ぼったくりのこと、色々なブログで書かれていたので、書かないでおこうと思ったのですが、モシモシさんのことを誰も書いてないと思って。
金額が違ってたり、被害者が男女のはずが男性2人になっていたりとそういうのはいいんだけど、モシモシ夫婦のこと知ってほしいかったんです。ランキングがあがってるってことはたくさんの人が彼女の記事を読んでくれたようで良かったです。

さて、私ね、車椅子の乗客を乗客同士が手伝うのっていいなぁって思いました。
運転手が全部やるから知らん顔している日本よりみんながほかの人間を気にかけてるのがいいな思って。客同士が会話して、お礼を言ったりしてコミュニケーションとっているのも。
日本だと、これは私のことじゃないから無視ってイメージで。倒れても誰も助けてくれなさそうって思ってしまう。

もうね、彼がまさにジンガリと同じことをしているのをみて、心臓バクバクしちゃって。
がっちゃんさんが、私も回れ右しちゃいそうって言ってくれてほっとしました。

携帯の件、お手数おかけますがよろしくお願いいたします。
どうもありがとう!!

【2009/07/07 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/338-d7d60895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。