Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アドリアーナの別荘

夏に、アドリアーナの別荘へ行って来ました。

それでもイタリアなワケ
ポイキレの池 約100m×50m

といっても、アドリアーナ、わたしの友達じゃないです。ハドリアヌス帝でございます。
118年に作られた(130年に完成)、古代ローマ皇帝、ハドリアヌス帝の別荘。
彼の別荘は、今じゃ、ユネスコ世界遺産の一つです(1999年に登録)。

行き方は、また改めて書きますが、
ここから近い、ヴィッラ・デステVilla d'Esteとまとめて行って来ました。

アドリアーナは、デステと違って広かったざっと見ても、軽く3時間はかかるでしょう。
ヴィッラ・デステも、もちろん大きいのだけど、ここは、別荘だなぁと思えます。
アドリアーナは、別荘というよりは、ちょっとした町といえるくらい広大。
300ヘクタールですって!
それでもイタリアなワケに乗って散歩した方がよくない?って感じです。
敷地に入ると、全体模型があるので、ぜひその大きさを確認してみてほしいです。

アドリアーナの注意点は、炎天下それでもイタリアなワケなのに、水呑場がほとんどないあっても水が出ない
砂漠で死ぬときってこんなかな・・・・・それでもイタリアなワケって思いました。
皆さんは必ず、アドリアーナに行くときは、たっぷりの水を携帯してくださいね。

では、アドリアーナの別荘を大まかに見てみましょう~
それでもイタリアなワケ
ポイキレ Pecire 
これ、ただの壁に見えるんですけど 高さ9Mの回廊の壁です。
ポイキレというのはギリシャ語で回廊のことで、
この回廊自体は、232MX97Mという、とてつもなく大きなものです。


それでもイタリアなワケ
百の小房 Cento Camerelle

一番奥のちょろっと見えているのがポイキレで、その手前の細かいアーチのような建物が
百の小房(小部屋)。壁のそばってことで、使用人や奴隷の住居です。
手前は、まるで運動場のようだけど、ただの通り道です。


それでもイタリアなワケ
小浴場 Piccole Terme

きゃ~、みなさん、風呂ですぜ!温泉楽しんでたのねぇ、ローマ人。
ついつい、ヤマザキマリさんのテルマエ・ロマエを想像しちゃうわぁ。


それでもイタリアなワケ
大浴場 Grandi Terme

こんな大きなお風呂、何人、入れるんだろう。
いや~、風呂って良い文化だわ。


以前書いた、もう一つの世界遺産、ヴィッラ・デステは、こんなとこ
世界遺産に行って来た
ヴィッラ・デステ2
ヴィッラ・デステ最終章



中に入ると、お手洗いもないよ~
係員もいないから~(倒れても誰も助けに来ないよ~)
シリーズ化しそうな感じだけど、後半は、ここのハイライト!
↓ぱひ~
人気ブログランキングへ


それでもイタリアなワケ
カノプス Canopo

エジプトのカノプスという町の名がついていますから、町にこういう池があったのかな。
エジプトの町の名をつけているけど、彫刻その他は、ギリシャ風です。
アーチや彫刻は、池に沈んでいたそうです。
もともと池の周りは、アーチで囲まれ、その下に彫刻がぐるっとあったんだそうです。


それでもイタリアなワケ
ニンフェウム Ninfeo(セラーピス神殿 Serapeum)
 
奥の洞穴のようなドームは、エジプトのセラーピス神殿を模したものです。
池に神殿を作ったのは、皇帝の寵愛するギリシャの美少年アンティノウスのためかなぁ。

彼は、エジプトのナイル川に落ちて溺死していて、
ハドリアヌス帝は、深く悲しんでいたそうなので、弔いのためかもしれませんね。
134年にアンティノウスがなくなって、皇帝はその4年後138年に病で亡くなっています。
ちなみに、アンティノウスは、後半最初の写真の左側の彫刻です。


それでもイタリアなワケ
池の南の端から、撮ってみました。119M X 18M


それでもイタリアなワケ
神殿の上のほうに登れるんで、そこからも。
この場所を歩いてみていると、そのときの時代にタイムスリップしちゃいます。


それでもイタリアなワケ
彫刻、円柱などは、全部レプリカで、本物は敷地内の博物館にあります。
しかし放置しっぱなしだからか、十分本物に見える汚れ具合ですな。


それでもイタリアなワケ
真ん中4体は女神像。これもレプリカです。
やはり女神の方が、格が高いからか、両端の彫刻のほうが台座が低い。
それとも、柱の高さを揃えるために、台座で調整しているだけか?


それでもイタリアなワケ
こちらが、博物館(左下に見えるのはカノプスのアーチ)。
池の周りの彫刻の本物ほか、発掘品が、展示されています。


炎天下で一人うろうろしてたら、おっちょこちょいなんで色々あってね~
書ききれなかったから、また書きますね~


つづき
すごい別荘 (ヴィッラ・アドリアーナ2)
番外編 ヴィッラ・アドリアーナ


日本の生活スピードを忘れたい人には
ここは、めっちゃおすすめです!
↓いつも押してくれてありがとう
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Tivoliは

本当にすてきなところですよね。ハドリアヌス帝の別荘もですが、自然や庭園の好きな夫とわたしは、特にVilla d'Esteの美しさに感銘しました。

わたしたちが訪れたのは冬の曇り空の下だったのですが、夏の青空の下のカノプス、本当に美しいですね。わたしと夫の印象に最も残ったのは、カノプスと島の別荘でした。残念ながら、ちょうどカノプスが修理中で、柵に覆われ、よく見られない部分も多かったのです。ぜひもう一度行ってみたいと思います。

【2010/11/08 】URL | なおこ #-[ 編集]

♪なおこさんへ♪ 

なおこさん、こんにちは~。

Villa d'Esteは水の勢いがすごくてすごくインパクトがありますよね。
それにアドリアーナのような遺跡ではなくて、手入れのされたお庭なのできれいですね。
あそこは花も多くて、歩いていて楽しいし、気持ちいい場所で私も好きです♪

あら~、カノプス修理中だったんですか。残念でしたね。
しかし、あの場所、修理する事もあるんですね。ないかと思ってました。

【2010/11/09 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/336-b37bd3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。