Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカ人観光客

トラステヴェレ 
川にボートがあっても、フランスのセーヌ川とは違う趣。
これは、楽しくお散歩中・・・ではなく、ストでトラムがこないとわかり、
仕方なく歩いている途中にとった1コマ。どうせ同じコトするなら楽しまなくちゃねjumee☆DaNcE1


ワタクシのイタリアで好きなもののひとつ、広場交流会。
広場は、社交場のひとつで、友達と、ただなんとなく笑う集まって、
話したり、広場に近いお店で、ワインを飲んだり、食事をしたり。
大通りなんかだと、ウィンドーショッピングをしながらプールを行ったり来たりするように、何往復もジェラート食べたりしながら歩く&しゃべる(ナンパしてる人もいるけど)。
初めて聞いたときは、”はjumee☆whyL??”って思ったんだけど、友達と一緒だと、これが楽しいのだ~。

ローマって日本のように大きな通りや店がないわって思っていたんですけど、違ってました。
知らなかっただけでした。
トラステヴェレ駅のもう少し南にラジオ広場という”なんで?”な名前の広場があるんですが、
そこの南の通りは、日本みたいな大通りで、人もいっぱいでした。
観光名所じゃないからか、旅行客っぽい人は全然いなくて、夕方になったら、濃~い地元民が”どこからこんなに!?”っていうくらいウジャウジャ出てきました。


今日は仕事中、白目むいて寝そうになりました!
↓ぱひっとな
人気ブログランキングへ


朝市で有名な場所、カンポ・ディ・フィオーリflowerも、夜はバーがいっぱい、人もいっぱい。
火あぶりの刑になったジョルダーノ・ブルーノの像が、オレンジの淡い光に照らされて、めっちゃこわいんよ。
写真を撮るなら、昼より夜をお薦めします。

ここは、街中だからか、イタリア人だけじゃなくて観光客もいっぱい。
この広場に面して、アメリカンバーがあって、べろべろに酔っ払ったアメリカ人が、
ビール瓶をわったり、目がイっちゃってて、千鳥足だったり。
ま、大抵若い子なんだけどね。

友達のイタリア人+その友達のイタリア人2人と一緒に広場でしゃべってたんだけど、
彼らはそれを見て、すっごいイヤそうな顔してました。
イタリア人って、自分を失うほど飲むのってかっこ悪い(マナー知らず)って思ってるもんね。

おしいんだよ、イタリア人

そういうのを、もうちょっと違うところに使っていったら、すごくいいんだけど。
あ、でね、友達の友達という2人にはワタクシ初めて会ったんですけど、そのうちの一人がタクシー運転手だったんです。
一度アメリカ人に車の中で、吐かれて以来、二度と夜はアメリカ人を乗せないことにしてるんだって。
だってさ、両脇を友達に支えられて引きずられるようにして歩いてるのよ。
ああいうのは乗せたくないわなぁ。
だって、ぜったい本人記憶ないもん。はかれ損になるもんねー。

最高裁判所
正義がないのを誤魔化すかのように、建物が異様に立派な巨大な建物
最高裁判所

彼らは、本当にイヤそうに
「アメリカ人は、イタリアでは何をしてもいいと思ってる。彼らは、むちゃくちゃなんだよ。
ここはアメリカじゃないんだから、少しくらい訪れる国に敬意を払うべきだ」といってました。
マナーとか、その国のやり方とか。自分の国ではこんな、はちゃめちゃやらないけど、
「いいかげんなイタリアだからいいやー」みたいな行動が目に余るというようなことを言ってました。

「何もかもをイタリアに従えとは思わないけど、酒を飲んで暴れたり、大声を張り上げたり、
道ではいたり、ビンをわって広場をよごしたり、そういうのはもううんざりなんだよ」って。
年中観光客がくる町だからこそ、こういう風に思うんだろうなぁ。

イタリア人の、
道に何でもポイポイ捨てるマナーとか、どこでも大声で話したり、怒鳴ったりするとか 
そういうことはおいておいて(笑)、言いたいことはわかります。

確かにねぇ、このとき、ちょっとドン引きだったんだよねぇ。
大人が夜を楽しんでいるムードが、一瞬で居酒屋一気みたいな大騒ぎのノリでぶち壊し。
言葉遣いからアメリカ人って思ったんですけど(ワタクシイギリス英語まったく聞き取れない人)。
もちろん、こういうのは若い子ばかりでしたよ。
アメリカよりイタリアのほうが安全ってわかってるっていうのもあるかもなぁって気もしました。

このときだけじゃないんだけど、なんとなく、アメリカ人って、イタリアで好かれてないなぁって感じることがありました。
その点、日本人はお行儀がいいんで、こういうクレームは、聞きませんでした。


日本人でよかった♪
↓いつもアリガトkao03
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ヨーロッパカラーからのお知らせ

突然の投稿失礼致します。

当方はヨーロッパカラー[ http://www.europe-color.net/ ]
というヨーロッパ在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.europe-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。

【2009/06/16 】URL | ヨーロッパカラー #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/333-37f3b4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。