Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ありがと、ローマ人

最初の一ヶ月、ローマ市内から、はるかに外れたところに住んでいました。
一応地下鉄は通っていたけど、そこからさらに、バスを2つ乗り継いで帰らなくちゃいけないの。
想像しただけでも、時間かかりそーって感じでしょ。
しかもイタリアだし。乗り継ぎが日本のようにうまくできていないから、待ち時間も長い。
でも、不思議とこんなもんだと思うと、慣れちゃうのよねぇ。

Metro
ローマの地下鉄。走っていると電車の汚れもわからない(笑)

でもね、やはり街の中心じゃないせいか、ATACのバスの運転手さんたちもゆったりしていて、
バスに乗るとき、座るまで待っててくれることも多かったし、乗車のとき目があうと
「おはよう」ってにっこり笑ってくれたり。

ATAC=Agenzia per i Trasporti Autoferrotranviari del Comune di Roma ローマのバスと鉄道と路面電車を扱う会社

概してですが、ローマの人って親切(おせっかい?)なので、
運転手さんに「○○に行きたい」っていうと、
"運転席の近くに座って"といわれ、到着すると"ここだよ"と教えてくれます。
一度、私、家の近くのところで、間違ったバスに乗っちゃったようで、まさに"迷子"になったことがあります。
自分のいる場所も、どっち方向に行きたいのかもわからない。。。

そしたら、「俺に任せとけ!いいからすわっとけ」って言われました。
でも本当に私の行きたいところわかってくれたかなと思ったので、「あの・・・・」っていったら
「大丈夫だって言っただろ。すわっとけ!」だって。
あはは。ぶっきらぼうだけどいい人でした。

いつもどこかに行く前に、ATACのサイトで、ルートやバスの番号を調べて最短・簡単のいき方を
選んでいたんだけど、行き方の簡単なほうより、最短時間を優先して、いつもと違うバスにのったら、間違った。。。。。がっくり
だって、一つのバスのラインで、同じ名前のバス停が2つあった!!
そんなのありかよー。
おうちに帰れなくなりそうで焦りました。
しかも、いつも乗る場所だから、自分の乗るバス停の名前見てなかったし。
そんな時、イタリア人って、親切なんだよねぇ。

別のときに間違えたときには(何度もやってますjumee☆imbeaten1R)、バスを降りてちょっと歩いたら、
kao02 ・・・・・・・売春婦がいました。
あわあわ・・・なんて通りに来てしまったんでしょう。
バス会社のサイトじゃ「この通りは、いかがわしいです」とは、書いてないからねぇ。
私も、まっすぐのその道を歩いていたから、
私も、娼婦に間違えられちゃうんじゃないか? 
って焦った~(笑)
あやうく、商売するところでした。あぶない、あぶない。


もうすぐ丑年も終わっちゃうので・・・
後半の前に↓ぽひっとヨロシクkao01
人気ブログランキングへ


ある日、地下鉄で。たしかスペイン広場のあるSpagnaの小さい入り口だったような。。。
どこの国の人かわからないけど、間違えて駅を出ちゃったらしい。
で、ワタクシ、声をかけられました。

「75分使えるというけど、入れないんだ。どうしてだろう?」って。
中国系かしら?と思われる20代半ばの男女のカップル。今から帰国するとのことで大きなスーツケースをお持ちでした。
トラム

「75分と言っても、地下鉄に乗れるのは、1回だけなんだよ。バスやトラムは75分間、
どれだけでも乗換えできるけど。
まぁ、75分過ぎてても検査に当たらなければいいけど、市内はチェックがよくあるからねぇ。」
っていったら、
彼のほうが「あー、じゃあ、もう使っちゃったから、入れないなぁ。また買わなくちゃいけない」って。

でもさ、観光客だし、間違えちゃったというわけで、
「ちょっと待ってて、聞いてみる」といって、彼と彼女をつれて、
ダメもとで、知らん顔して、地下鉄のお兄さんに聞いてみた。

「あのー、この人たち観光客なんだけど、間違えて出ちゃったみたいで、
入りたいんだけど、ブザーが鳴って入れないんだって。
もう一回チケット買わなくちゃだめ?」って聞いたら、地下鉄のお兄さん、
「君が入るときに一緒に入ればいいよ」 だって。
やっほーい!

で、わたしのカードでゲートが開いている間に、まずは彼らを通して、それからわたしが通ってカードを抜いた。

お兄さんに「ありがとねー♪」っていって、
はい、一件落着。

あー、このアバウトさ、(こういうときは)ステキです。



こういうのは、心がぽかぽかするねぇ
↓ぽひ コ」テ牾ヲアヲGrazie
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

Delfinoさん こんにちは
確かに、「このあたりは昼間からありえない服装の人が出没します」とかってどこにも書いてないですよね。それこそ自分で実際に歩いてみないとわからないわけで。本当に、あやうく商売しなくてよかったですねえ(笑)

でも、「この通りはアヤシイ輝きを放つおねーさま方が常にいらっしゃるので、そんなおねーさま方の光を浴びたい場合にはもってこいです」
なんて書いてある“口コミ地球の歩き方”的なサイトがあってもおかしくないのでは!

【2009/12/10 】URL | 永とも #-[ 編集]

♪永ともさんへ♪

永ともさん、こんにちは~。

ホント、イタリアで仕事をみつけるところでした。売れるかどうかは別として(笑)

あっ!その案いい!!
「地球の裏街道の歩き方」「地球の歩き方裏道編」なんて表題はいかがでしょう?

マニアックなネタならいいけど、いかがわしいとか恐ろしい系の話題だと、
命がいくらあっても足りないかも~、はは。

【2009/12/11 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

イタリア旅行

 はじめましてブログ読ませてもらいました。私も以前にイタリア旅行をしまして、ローマやミラノなどまわりました。バスやトラム、地下鉄などイタリアの交通機関、言葉も文字も分からず、日本とはルールも異なるので、迷うことがありましたが、今となっては公共交通機関を利用したこともいい思い出です。

【2009/12/30 】URL | くら #iHsPI8ow[ 編集]

◇くらさんへ◇

こちらこそ、はじめましてv-291訪問ありがとうございます。
コメントまで残してくださって、とても嬉しいです。

海外旅行で公共交通機関を利用されるなんてステキ!!
そのほうがツアーよりも実際の住んでいる人たちを感じられていいと思います。

くらさんのサイトを拝見させていただきました。
いろんなところへ行かれてるんですね。
旅の準備方法とか感想など、こうやってまとめておくと、
そのときの旅行がまるっと残っている感じでいいですね。

どうぞ、よいお年をお迎えください。

【2009/12/31 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/330-77e75250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。