Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


探しものがあるときは

イタリア滞在のラスト1ヶ月は、ローマ市内にチェコ人と一緒に住んでいました。

この家はすごく快適で、なにせ、家主が一緒に住んでいない店子だけの住まい。
部屋は二人部屋を一人で使えたので、めっちゃ広かった
私、空間が広いところが大好きなので、心地よかった~。

オーブンもついてたから、ケーキも肉も焼けたし。
しかも、お風呂はタブ付。
条件から考えると、かなりお値打ちだったと思います。
そのときは、そこそこ値段するなぁと思っていましたが、日本の短期賃貸マンションより
かなり安かったとあとで知りました。

で、家主の方とは、初日の5分間あっただけでした。。。。さすがイタリア。

北米のように家族の一員としての扱いではなく、ただの間貸しなので、こんなもんですわな。
でも、とっても感じのいい人でしたよ。
アジア人差別の感じを受けなかったし。かなり裕福そうなにおいのするオジサマでした。

こんな心地よい日々が華々しく幕開け、毎日楽しい暮らし。
が、やはり、イタリア、このままではいかなかった。

このアパートでの初めての洗濯日。

洗濯機が、・・・・・・・・・・・・・・・動かない

洗濯機のコンセントが入っているかどうか、きったない床に、はいつくばってみたさ~。
・・・・・・・・・・・・・・・・見えん。

洗剤をいれちゃったし(といっても前に住んでた人の置き土産なんだけど)、
手洗いしたくないし、何とかしようとガタガタしていたら。

同居人登場。



後半の前に、↓ぱひっとよろぴく(死語?)
人気ブログランキングへ


なんでも前の住人の洗濯機の使用頻度が高く、水道および電気代が、ことのほかかかったので

使用禁止になったそうな。

「こんな高い家賃払っているのに、使えないなんてひどいよ!!」ってチェコ人怒ってました。

「ほんまじゃー。なら、"洗濯機"ってアパートの説明書に書くなや~
と一瞬思った。

前の人、イタリアは、原子力がないんで電力をフランスとかから高値で買ってるってこと知らなかったのね。
が、今、目の前にあるのは、動かない洗濯機

大量の洗濯物、手洗いしたくなーい。
ここにずっと住むならまだしも、限られた時間だから、ローマのいろんなところを見て回りたい。

ということで、洗濯中止。 は~い、やめやめ。

ネットで近所にコインランドリーがないか、探してみたけど、みつかんない。
う~ん・・・
しかたない。翌日が週末だったんで、散歩がてら探しにいってみた。
・・・・・・ない。

毎日通る道の途中にないかと、そのまた翌日トラムから見ていたけど、見当たらなかったので、
近所のネットポイントに行ったときに、受付のお兄さんに聞いてみた。

そしたら、「きみ・・・日本人・・・だったよね?」って言われたのぉ。

「おぅ、昔も今も日本人じゃが・・・・なにか?」って心の中で思っていたら、
思いっきり、顔もけげんそうだったようで。

どうやら、日本人はお金があるから、アパートに洗濯機くらいあるだろう、ということだったらしい。
「家主が使えないようにしてるのよぉ」って言ったら「あー」って。

このお兄さんパキスタンかインドの人で、いつもにっこり笑顔で感じがよくって親切。
夜、店の前に友達とたむろっているとめっちゃ怖いんだけど、
目があうと「やあ、変わりない?楽しく暮らしてる?」って気さくに話しかけてくれるの。

そのお兄さんの言われたとおりのところに行ってみたら、あった。。。

でも、なんかボロボロ。
道向いからみても、ホコリだらけの倉庫状態で、すっごい汚い。。。。

すぐ左側にクリーニング店があったので、その店に行って聞いてみた。
そしたら、その店のものなんだけど、もうコインランドリーは、やってないんだって。
洗いたかったら、なんでも渡してくれれば良いよって(そりゃそうだ)。

でも、パンツやTシャツごときで、クリーニングに出したくない。
で、ありえない質問だが、クリーニング屋のおばちゃんにコインランドリーを聞いてみた。

「こんなこと聞いてすみません」っていったら
「いいよ、別にでもきれいに洗いたかったら、今度持っておいで」だって。

そこのクリーニング屋にきていた、お客のおじさんが、これまた親切で、
「確かあったと思うけど」といって、コインランドリーの場所を教えてくれた。

イタリア人の「たしか。。。」ほどあてにならないものはないので、
「今度行って見るね」と答えて、とりあえず家に。

同居人に「行ってみたら、クリーニング屋だった。」っていったら、
学校の近くにあるとクラスメイトから聞いたそうで、その場所を教えてもらいました。

日本だったら、どの店もたいていHPがあるんで、ネットで、
ひょひょいっと見つかるんだろうけど・・・

いやー、ひとつのことをするだけでも、難儀やなぁ、イタリアは。
でも、このことで、親しくなるきっかけができたり、助けてもらったり、おもしろかったぁ。
(おもしろかったといえないときもあるんだけどね。)

しっかし、やっぱり人に聞くほうが早いね、イタリアは。



なんで聞く人聞く人、言うことが違うんかね~、イタリアは。
深く同意の方は↓ぱひっとな
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/329-de8e9114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。