Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しゅわ~(イタリアの水)

あじさい
うちのお庭の紫陽花ちゃんです。ことしも美しく咲いてくれました。

ほんまに、最近FC2さん調子悪い・・・。
サーバーのせいでしょうか。ここ2,3ヶ月気になるようになってきました。

本当は一昨日この記事アップしようとしたんですけど、アクセス集中表示が続き、
(表示がこうなっていただけで、原因は別のところでしょう。だって、夜中の1時すぎだもーん)
1,2時間待ってアップロードできるかしら?と思ったけどダメ。
うーむ。そんな日はしばらく直らないだろうと思って、待たずにやめちゃいました。
FC2ブログ使ってる方いかがですか?


さて、初挑戦のアーティチョーク(朝鮮アザミ カルチョーフォ)が、たった2株、育ってまいりました。
このままがんばって大きくなっておくれよー。
「うちのアーティチョークの芽が出てまいりました」と以前書きましたが、ひょろひょろですアップロードファイル
持ち主に似ず、実がなるようにはとても思えないほど貧弱です。

とげあり、とげなしのものがあるってことは知っていたけど(ちなみに今回の種はとげなし)、
春取り、冬取りがあるそうで、2期取りのものだとは知りませんでした。
秋にローマの市場で買ったものなんだけど、どっちなのか聞いておくべきだった。
ついでに育て方の注意点も。
一応、袋の裏の種まき時期というのをみて、まいてみましたが、本当はどっち取りのものかわかんないんだよねぇ。
こんな大雑把でいいのだろうか、だめだろうね・・・。
いくつもまいたのに、出てきたのはたったの2つ。なぜ?
ガクアジサイ
こちらは額紫陽花(ガクアジサイ)でございます。

ちなみに、トマトなんて一つも出てこなかったがっくり
どういうこっちゃー?
トマトはアウトです。やはり素人には種からは難しかったか。
まぁ、以前イタリアで買ったトマトの種を植えたら、サルビアの花が
咲いてきたことあったからねぇ。今回も別の種だったかも?
ま、いいや。それならそれで。

今一度、種の袋をみようと思ったら、お隣のおばあ様の娘さん(60代)に袋あげちゃってました。
えへへ、彼女畑を持っているから、種を半分あげたんです。
あ、もちろん育ったら苗をもらうため(笑)
このご家族と毎日の生活スケジュールまで、つーつーの親戚付き合いのような中なの。
明日、娘さんがくるから、育っているか聞いてみようっと。


あ、いけない。また前置きが長くなってしまった。
今日は、このことじゃなくって。



さわりが、半分になっちゃったけど押して~kao03
てへっ
人気ブログランキングへ


最近、ワタクシ、炭酸水を箱買いしまして、そのまま飲んでおります。
そう、日本製フリッザンテ(FRIZZANTE)です。
日本のメーカーさんのミネラルウォーターに炭酸を入れたのもあるけど、2Lパックはないし
売れないのか、うちの近くのスーパーでは、最近とんとみなくなりました。
ワタクシ、炭酸入りの水が好きで(→「おっとっと」
国内線飛行機の中でも時々「炭酸水ください」ってもらいます。
こうやって言うと、たいてい「は?」って言われます笑い。


いつもワタクシの自己満足の拙いブログに、コメントを書いてくださるありがたいお方。
そう、イタリア関係では有名な日伊文化交流教会のがっちゃんさん。
上記のブログで、水の硬度のことなど、とってもわかりやすくまとめておいでです。
私ね、飲んだ水を写真に取ってたんですよ。まさに、がっちゃんさんと同じことをしてました!
たはっ!
ワタクシ、がっちゃんさんのをみて、同じ事している人がいる!と思ってすごくうれしかった~
で、ワタクシも、全部じゃないけど、ローマで飲んだものを。(Euro=137円計算)

acqua1
右は、デルピエロのCMで有名なトスカーナの水ULIVETO 1.5L 0.39ユーロ(53円)
左は、スパーマーケットsmaブランドのお水。こういうの日本だけじゃないんだね。


acqua2
日本でもおなじみのSAN BENEDETTOの微炭酸(左)と炭酸(右)
水に聖ベネディクトゥスって人名が使われているのは興味深い。
日本で言うなら「空海」みたいな感じかな?


acqua3
SANTA FIORA 0.6ユーロ(82円)においしい水が入ってそうなパッケージのLEVISSIMA(右)


acqua4
真珠と名のついたPERLA(左)に、Majettaの山の麓から湧き出た水と書いてある
PRIMAVERA(春) Majettaってどこだ???
鳥のマークがSAN BENEDETTOのパクリ?と思ったらここの製品でした。


acqua5
遊びに行ったORVIETOで買ったわけじゃないけど、ORVIETO(左)と
SAN ANTONIO(右)また聖人の名前です。


パッケージにAcquaとか、Fonte、Fontiとかいてあるのが水という意味です。
割合としてはFonteが多い気がします。
Acqua di fonteで清水とか湧き水という意味なので、水源とか源泉ってことなのでしょう。

水は以下のように種類があります。
ACQUA NATURALE(アックア・ナトゥラーレ)  普通の水
EFFERVESCENTE(エッフェルヴェシェンテ)   超微炭酸(泡立ち程度)
LEGGERMENTE(レッジェルメンテ)        微炭酸 
FRIZZANTE(フリッザンテ)             炭酸


schiuma
これは、炭酸のペットボトルを開けてすぐなんですが、すごい気泡です。ゲップが出そう・・・


oligominerale
これもよく書いてあって、
OLIGOMINERALE 鉱物含有量のすくないもの(oligo少量+mineraleミネラル)


水の値段ですが、歩いている途中に適当に買ったりした500mlで、0.4-0.6ユーロ程度、
家で使う用にスーパーで購入のときは、1.5Lで0.4ユーロ弱でした。
お買い得の日は、0.26、0.32、だったり。ちょっといいお水でも0.58くらいでした。

レストランで水を頼んで、1.2-2ユーロなので、観光客用のお店で2ユーロといわれて
買うのをやめました。500mlで2ユーロって!!
それなら、大好きなピーチ・ティー(Nestea Pesca) 1.5Lで1.15ユーロを買ったほうがいい!

acqua6
これは、オーストリアで購入のお水。ローマの戦士がかいてあります。
キャップにも戦士が印刷されていて、凝ってますね。


ワタクシは、水にこだわりがないけど、うちは”これ”って決めているイタリア人も多いようです。
炭酸の度合いも水の味も色々あって、本当にイタリアは州が一つの国だなぁっておもいます。


みなさん、楽しい週末を~ハート
人気ブログランキングへ 
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ありがとうございますぅ~

文中リンクありがとうございます!!!
そうそお水って集め始めるとキリがないっていうか・・・
一時は、ワインのラベルみたいにラベルばっかり集めてたときもあったんですよ。写真だと字がつぶれちゃったりするでしょう?
だから、ボトルの写真を撮って、さらにラベルだけ別収集・・・
でもそんなことをしていると、ただでさえ片付かない家の中がよけいに散らかるので処分しちゃいました。
でもホントイタリアは地方ごとに色々なお水がありますよね。
基本的に日本みたいな巨大な企業が少ないから、大手の企業が出すものが全国に出回るって言うよりも、(もちろんそれもありますが)その土地ごとの採水でその土地で消費されてしまうお水の種類がすごく豊富ですよね。
だからこそたくさんの種類が集まるっていうか・・・
私はとにかく冷えた水しか飲めないので、冷えてたら硬度とかも関係なく飲めますが、ぬるいとダメだなぁ~

【2009/06/09 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

◎がっちゃんさんへ◎ 

がっちゃんさん、リンクさせてくださってどうもありがとうございました。
でも、水のこと前半にかけばよかったわ。ま、いっや。

がっちゃんさんの気持ちわかりますー。私もラベル集めようかと思った人だから。
でも、やり始める前にその数が500は下らないときいて、やめました(根性なし)。

選択がたくさんあるのがイタリアのいいところで、日本は運搬事情がいいせいか、言葉や食べ物の郷土の特色が薄れてきたように思います。
種類がたくさんあったほうがおもしろいのになぁ。
日本で郷土色が強いのは、なんといっても大阪がダントツだと思います。

【2009/06/09 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/324-54530525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。