Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちびった、ビビッタ(ローマ近郊の旅)

どーも、どーも。ちょっと日数が飛んでしまいました。
昨日一日、外にでて、歩き回ったら、5キロ太った体重が、2キロやせましたー
きゃーんkao03お酒も飲んで、料理もいっぱい食べたのに

・・・・・・え?こんなのでやせちゃうって、普段、 極度の運動不足?

はい。
あとね、便秘?
にしても、2キロってないわなぁjumee☆loud laugh1
苦労して体重落とそうとしてる方からしたら、むかつくことでしょう。でもね、大丈夫。
相撲取りがすぐに体重をおとせるのと同じです。
体重自体は減っても、体の引き締まりはまったくかわらず、ぶるぶるだから。
だってさー、体重なんて人に言わなきゃわかんないじゃない?
ワタクシ、ジェニファー・ロペス(39)のような筋肉のついた引き締まった体になりたいっす。



さて、さて。
ローマ滞在中にヴェネチア・オーストリアに行ったほかに、行きたかった4箇所。
1つは以前書いたヴィッラデステ(ローマの観光名所をご覧ください)。

残りの3ヶ所のうち2つは、今回ご紹介する
オルビエート(Orvieto)とチヴィタ・ディ・バーニョレッジョ(Civita di Bagnoregio)です。
朝9時過ぎにローマを出て、夜9時過ぎに戻るというコースなら2都市を一日で楽しめます。

車じゃないといけないとか(電車やバスをかなり待つなど)聞いていましたが、
交通機関で行っても待ち時間がほとんどなく、十分楽しめますよ。

チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ

もし、スケジュールに余裕があれば、一泊オルヴィエートにとまるというのが良いと思います。
(ディナーをオルヴィエートでという場合とかね)
オルビエートの夜がね、楽しそうだったんですよ。
人がたくさん出てきて、あーこれから盛り上がりそうだなぁって。
夏だったからかもしれませんけど。
でも、ローマに帰らなくっちゃいけなかったので、後ろ髪を引かれる思いで後にしました。

観光名所についてはちょこちょこ目にしますので、その辺は極力少なくしまして
おいしいパンやオリーブオイル、ワイン、ジェラートなどの店(また、たべものばっかりだ・・・)
や交通機関、ハガキや小物のお店、
アグリトゥリズモをやっている人に、見せてもらったりしたものなどを書こうかなと思っています。


ずっと休みでもいい・・・
↓同じ気分の方ぽちーっ
ランキング


ワタクシのチビタの印象は、めっちゃくちゃ良い です。

なにがってね、人が。
街(というか村)自体もステキよ。でもね、ここを素敵に見せているのは人間だと思う。
ワタクシ、基本的に、旅行の判断は、「食べ物と人」なのね。
ですので、買い物なのど別の価値観が基準の方は別の評価になると思います。

ワタクシと友達二人でのローマ近郊の旅。
朝9時過ぎローマ発 → 午前中オルヴィエート ランチ → チヴィタ 昼一~午後 → 
オルヴィエート 遅めの午後~夜 → 夜9時過ぎローマ着

オルヴィエートからチビタへは、COTRAL社の青いバスでまいります。
小さい街だし、乗り場はすぐにわかったんですけど、

青いバスが何台も並んでる・・・・・ ̄□ ̄

ということで、中学生(っぽい子が)数人バスの入り口でたむろってたので、きいてみた。
とっても感じよく、親切に教えてくれました。
そして、毎度のことですが降りるところがわからないので、運転手さんに
ついたら教えてもらうようにして着席。これで無事につけそう。
はーい、リラックスkao01

チヴィタには直行バスがないので、バーニョレッジョでおりて、オレンジ色のちっこいバスに
乗り換えるかあとは徒歩でございます。
チヴィタ行きの次のバスまで30分ありましたから、ワタクシたちは、徒歩20分を選びました。
ひたすらまっすぐ行くだけですので、道に迷うことはありません。
途中こんな味のある教会なんかも見られるので、軽い散歩とおもって歩けるんじゃないかしら。
サンタゴスティーノ教会 (Chiesa di Sant'Agostino)
バーニョレッジョの教会
とはいっても、もともとオレンジのバスに乗るつもりだったワタクシ達。
だって、道わかんないんだもんjumee☆whyL
30分もバスを待ってから乗ったんじゃ、チビタを見る時間が減っちゃう~
ってことで、近くをウロウロしてみた。

で、ここのみやげ物屋のおじちゃんとおばちゃんに助けてもらいました。
バーニョレッジョのお土産屋
すっごく親切でね、地図もコピーしてくれて、何度も何度も道の説明してくれて。
ついでに、帰りのバスチケットも買えないかなと思ったらそれはできなかった。
でも、切符売ってるお店とその開店時間は教えてくれました(午後は夕方からしかあかない)。

歩きながらふと、もらった地図をみたら、この街のインフォメーションだった!だは!
しかも地図に自分ところの名詞も一緒にコピーしてあった。
うむ、あなどれんのぉ。
でも、それにしても親切だったよ。

バーニョレッジョからチヴィタまではこんな感じ。(お店などの場所・詳細はこの旅の最後に)
バーニョレッジョ

<つづき>
死に行く町は筋トレの町だった


結局今日は、チヴィタに到着できなかった。。。ごめーん
↓でも、ぱひ~んとヨロチク
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

チビタ・ディ・バーニョレッジョって行ったことないわん。
すごいガケの上にある町だねん。
絵葉書で見る分にはいいけど、住むのは大変そう・・・
(私って根性ない?)
それにしてもここの断層っていうか、むき出しになってる地層がすごい。
いかにも海底隆起しました。って感じ。
実は旅行で見に行ったフォッサマグナが余りにもしょぼかったので、この写真で眼福、眼福。

【2009/05/07 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

おぉ~、今度の夏に私が行こうと計画しているとこだ!!
もちろんうちも日帰り。
うちは車で行くんだけど、朝からここに行って、帰りにブラッチャーノの方へ寄ろうかなぁと・・・。
ということで、続きを楽しみにしてるよん♪

【2009/05/07 】URL | sanae #no8j9Kzg[ 編集]

◎がっちゃんさんへ◎

がっちゃんさんが行ったことがないところもあるんですね。
なんかメジャーな町近辺は全部いってるかと(勝手なイメージ)。
じゃあ、省略しようかと思ったけど町の説明も書こうっと。

この町は弱い土のところに地震が来て削れてしまったんですよ。
車で入れないから、年取ったらまさに引きこもりですよ。
高速でネット通信なんてとんでもないって感じだし。
オリーブ畑とワイン畑がこの町の下に広がっているので、アグリツーリズモがお好きな方にはとても良いかと思います。
でも素朴でいいところでした。

【2009/05/09 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

☆sanaeさんへ☆ 

なんと奇遇な!
夏に行かれますか?でも、車なら大丈夫だわ。
だって、歩きは10月でも汗びっちょりだったもーん。
車で町の入り口まで横付けしたらちっとも疲れないと思うわ。

私、ブラッチャーノ行ったことないので、もし行ったらブログに載せてねー♪

【2009/05/09 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

車で行っても

わたしたちは今回車で行っても、やはり道に迷ってしまいました。迷って道を聞いたルブリアーノのバールの方がやはり親切で、疲れたからかルイージは頼んだカフェをうっかりひっくり返してしまったりしたのですが、にっこり笑いながら、気にしないでともう一杯すぐに入れてくれ、料金も追加はされませんでした。このルブリアーノの村も散歩したため、疲れたルイージが、最初は「ぼくは歩かないから、車で連れて行くから、君だけ歩いて行っておいで。」と言っていたのですが、結局は一緒に歩いてくれたので、助かりました。(というより、最初からそういう約束だったのですが……)高所恐怖症のわたしには、一人ではあの長い高い橋を歩く度胸はなかったと思うからです。

わたしの方も、今回Civitàを訪ねたときの記事へのリンクを貼っておきますね。
http://cuoreverde.exblog.jp/15516188

初夏の夜明かりに照らされた風景も、とてもすてきですね。わたしたちが訪れたときは、冬でもあり、他に一人二人観光客がいるくらいで、町も店が一つ開いているくらい。すっかり静まり返っていたが、それはそれで、何だか忘れ去られた古城のような不思議な風情と魅力がありました。

【2011/02/17 】URL | なおこ #-[ 編集]

♪なおこさんへ♪

お返事がとっても遅くなってしまってすみませ~ん!
なおこさん、トラックバックさせていただきありがとうございました。
リンク、ありがとうございます。
よかったら、左カラムにでるので、次回はトラックバックで(笑)

イタリアの田舎は道に迷いやすい!
目印がないし、あってもどれも似たようなものだったり。

あら、なおこさん、高所恐怖症なんですか。じゃあ、あそこは恐かったでしょうね。
バンジージャンプやスカイダイビング、ジェットコースターだけの遊園地がとっても楽しかった!って言ったら、なおこさん引きますよねぇ。。。
私はあの橋からの景色が美しくって、気持ちよくって、楽しかったです♪

【2011/02/24 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/308-faee7a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バレンタイン小旅行

 2月14日月曜日は、バレンタインデーを祝うために、1泊2日の小旅行に出かけました。  訪れたのは、ラッツィオ州の ヴィテルボ(Viterbo)の町とその周辺です。写真は、ヴィテルボの町のPorta Fiorentina(フィオレンティーナ門)から城壁内に入って、門とRocca ... ペルージャ発 なおこの絵日記【2011/04/14 21:22】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。