Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリア人の恋愛

長かった髪をばっさりきってみました。
子供の頃は、ずっとおかっぱだったので、今回、懐かしの髪型にしてみました。

髪の重さを使って、くせ毛がまっすぐなるようにしてたんですけど、切ってみたら、
思ったより周りの人のリアクションが良いので、しばらく短くいることにしてみます(笑)


久しぶりに、このブログ、どんなワードで検索されてんねやろと思ってしらべてみました。

おっ・・・・




多すぎて書き出せない。。。。

みなさん、数あるブログの中から、いろんな単語で、ワタクシのブログまで
たどり着いてくださっていました。スゴイね!
どうもありがとうございます♪♪♪

検索ワードランキングから、今まで全然書いてなかった、これを話題にしようかな~。

それでもイタリアなワケ
記事に関係ないけど、ちょっとひと息、カップッチーノ。作る人によって、味が違うんだよね。

おまたせーいたしましたっ!

はいっ、そこのラテン・ラバーに憧れているあなた!
イタリア人って、あまーい(いろんな意味で)って思ってるお姉さん!
イタリア男のくどい恋愛をのぞいてみるかーい?


ってことで、上位に食い込んでいるけど、一度も書いたことのなかった
「イタリア人の恋愛」について。

まぁ、同僚が圧倒的に男性だったんで、男性側のネタしか持ってないんですけどね~(笑)
意外にみなさん「イタリア人男性 恋愛」などの単語で検索されてここに来てくれてました。
みごとに検索ワードに添わない内容で、すまんかったね~(笑)

イタリア人と働いていたころ、会社の話を友達としていて、ぽろっと名前が出ちゃったり、
わたしの話から違和感を感じた友人とかが、「それ何人?」とかって言うことがあったのね。
イタリア人って答えるとね、たいてい目が輝く~ (笑)

イタリア人、日本で好印象のようです。
さすが、長年の旅行ランキング上位国、国内レストラン件数上位国。

見た目がいいのも、いるからねぇ。あくまで一握りではありますが(笑)
一緒に働いている側としては、「外国人だ」と普段意識するってことはないですな。
顔なんて、毎日見てたら見慣れちゃうんだよね(笑)


あ、ところで、恋をする作用なんですけどね、女性はにおいで判断してるんですって。
DNAの遺伝子が遠い人を好きになる傾向があるそうです。

思春期の女性が父親のにおいが嫌いなのは、遺伝子的に近いにおいだからだそうです。
思春期の女の子は、大人になりかけている(子作りの機能)状態。
なので、パパ、キライとなるそうです。
妊娠すると、今度は遺伝子的に近いにおいがよくなるので、父親のことを再び好意的に
思うようになるそうです。

それを考えるとですね、遺伝子的に遠い外国籍の人と恋愛をするというのは、生物学上
ごく自然なことってことですな。





本題は後半になっちゃった!ごめん。
今日もひと押しありがとうございます。
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます


皆さんのご興味の、「ラテンラバーは、どれほど甘い恋愛なのか?」について、
私の周りで見たことを書いてみます。

基本的に恋愛は国籍関係なく一人一人違うものなので「ネタ」的なものとご理解ください。
イタリア人でも、無口でシャイな人もいますし。
あとで国際恋愛して、「話が違う!」とかって言わないよーに(笑)

わたくしの個人的観点から言いますと、
イタリア人は熱く、日本人は奥ゆかしく恋愛に取り組む。
そして、それが魅力的かどうかは、その人のセンスによってなりたつ。


よくTVで「日本の男は口に出さないからどうのこうの」と非難されてて、かわいそうね。
イタリア人の熱い情熱は時にしてウザく、ドン引きさせられることもあるっちゅーのに。

イタリア人は、日本人が持ってないものを持ってるかもしれないけど、
日本人がもっているものは持ってないですから、どちらが自分にとって心地いいか
ってことだと思います。


さて。

わたしが「スゴイなイタリア男」と初めて思ったこと2つ。

広場で、友達数人+その彼女たちとおしゃべりしていた時。
移民の人が花を売りに来たのね。
値段も高いし、そういうの買わないイタリア人が多いんだけど、
そのうちの一人が、花売りの人に声をかけたの。

と同時に、彼女にさっと手渡したっ!

んまー、ねえさん、その花を出すタイミングの絶妙なことったら。
しかも、お金を払ったのが全然わからなかった!

さすが、場数を踏んでいるイタリア男。やるな~。

別のイタ友男性曰く、
「イタリア女性は花をもらい慣れてしまって、あんまり喜ばないんだよなぁ」だって(笑)
とかいいながら、この彼、彼女にでっかい花束をサプライズで送っていたのを
わたしは知っている。

こんな感じに、花やちょっとしたプレゼントは、日本よりも頻度が高いかもしれないのぉ。


もう一つが、
アペリティーボしてたときに、男性のほうがお手洗いに行きたくなったのね。
その彼女に「トイレ行くね」といって「うん」と彼女が答えたあと、彼女も連れて行った(笑)

別にトイレでいちゃいちゃするためではなく、女性を一人置いておくと
他の男に狙われる危険があるので、連れて行ったみたい。
んで、一緒に戻ってきました。

たしかに、女性のおひとり様ディナーは、その気あり、と捉えられかねないのは事実なので
わからなくはないけど、
「私たちが一緒にいるだろ~、スゴイな、イタリア男」って思いました。

まぁ、この彼は、付き合い始めたばかりだったから、そうしたんだろうけどね~。




書きはじめたら、いろいろ思い出されてきました。
これで反応良かったら、また書くかな。
「イタリアの人間関係」の話題お好きですか?Si!の方は
↓ぱひ
   にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
携帯の方はこちら→いつも応援ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

やっぱり人によりけりで

うちの夫は、一般の人が頭に思い浮かべる情熱的イタリア人男性よりは、無口で言葉を出し惜しみする(?)と言われがちな日本の男性に、ずっと近いです。

出会ったときに魅かれた理由というか、信用できる人だなと感じた理由の一つが、この無粋というかある意味無器用なところなのですが、一緒に暮らしてみると、やっぱり甘い言葉の一つもたまには言ってもらいたいなあと思うので、難しいものです。言葉よりも、行動がやっぱり大切なので、そういう意味ではとてもいい人で、ありがたいなと思いはするのですが。

【2012/11/22 】URL | なおこ #-[ 編集]

初めまして。twitterでフォローさせていただいております。
ブログ楽しく読ませていただきました。
「ラテン・ラヴァー」!(笑)それは気になる話題ですね!
私の彼は社交的ではあるけれど、穏やかな性格です。
恋人がイタリア人だと日本人の友人に知られると、チャラいんじゃないか?もしくは歯がゆくなるような情熱的な言葉が次々と出てくるのか?と聞かれますが、そんな言葉ありません。
ただ、他の男性に話しかけられてるのを見ると、目をうるうるさせながら「○○は君のこと好きなんだと思う・・・」と始まってしまうようなところもあるので、恋愛に熱い日本人男性と同じくらいかな?と思います。
やはり人それぞれに同意です。

【2012/11/22 】URL | chi-i #-[ 編集]

あーーーコイバナは楽しいですね(^^)
こう聞くとラテンラヴァーだったのかも、元彼も。
友達になった今でも
君はスイートでビューテフル、とか
きみは宝だ、それを失うのは愚かだとか言ってます。
おおげさです。
そしてしつこいですw
私も貴方が大事です(友達として)っていうまでずっと言ってます
。この曲を聞くと君を思い出すんだよ、ビューティフルだから、
とか
なんかネジが緩んでそうですが付き合ってる時は一日中言ってました。イタリア移民でむしろロシアの血が半分以上何ですけど、、、
性格でしょうね笑
面白いので大げさに付き合ってますw

【2012/11/22 】URL | choko #-[ 編集]

お久しぶりです!


いやー、思わず一気に読みましたよ。


知り合いがサウジアラビアの男なんですが、
僕が正面にいても、食事中でもチュッチュしてるんですよね〜。笑

祖国ではそういう事が出来ないからの反動なのか
解りませんが、もはや微笑ましく思ってしまうほどです。
(内心羨ましいのかも?笑)

【2012/11/23 】URL | ゆう #NkOZRVVI[ 編集]

いやーーー。トイレに連れて行く。っていうのは初めて聞きました。その理由に爆笑です。
イタリアでは私も一緒にテーブルにいるからかな?
まぁ年齢的なこともあるけれど、そんなシーンに出くわしたことがなかったので、びっくりです。
あと、花はあるあるーーー。
正直あの売りに来ること自体をウザイっておもっちゃうんですけれど、需要があるんですよね。実際。

【2012/11/24 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

◎なおこさんへ◎

なおこさん、出し惜しみって!(爆)
ウケました!

しゃべりすぎないところがいいと思っても、
そこそこ言ってほしい。。。バランスって難しいですよね~。
しかし、いろいろと器用な旦那さまのことですから、
ここぞというタイミングでグッとくることを
言ってくれているような気がします:-)

【2012/11/24 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

♪chi-iさんへ♪

chi-iさん、はじめまして。Twitterフォローしてくださっているとのこと、ありがとうございます!うれしいな。
Twitterをわたしはうまく活用できていないので(笑)、このあと久しぶりに見てみます。

chi-iさんの言うとおりだと思います。
ほんと、人それぞれで、日本人でもいう人は言うし、イタリア人でも言わない人は言わない。
TVでやっているチャラいイタリア人の典型パターンを日本人はインプットされてしまってるんでしょうね。
ジローラモさんTV用にチャライふりしてるけど、めちゃ物静かな人ですしね。

そんな言葉「ありません」って言いきってるぅ(笑)
ほかの男性に嫉妬して、憤慨するのではなく悲しそうにするのが、愛らしいですね♪

【2012/11/24 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

◇chokoさんへ◇

chokoさん、こんばんは~。
コイバナ話楽しんでいただけましたか?じゃあ、もう少し出していこうかなぁ。
ぐふふ、イタリア人、こちらが恥ずかしくなるような言葉を普通にいいますねぇ(笑)
たまに行っている相手を見て「この人にこの言葉を言えるなんてすごいな~」って感心しちゃうときがあります。

あはは!「しつこいです」に笑っちゃいました!
ああいう言葉をまともに聞いてたら頭がどうにかなっちゃうんで、聞き流すのが一番ですね(笑)
あら、ロシアの血が大半でもその土地の影響のほうが大きいんでしょうか?イタリアすごいな~。

【2012/11/24 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

☆ゆうさんへ☆

わ~、ゆうさん、お久しぶりです!
うれしいな、お帰りなさいませ。

おぉ~、サウジの人でもそうなんですか~。
それは興味深い。
全然知りませんでした。意外だ。

純粋に嬉しそうにいちゃいちゃされると、ほほえましく思えるのかもしれませんね。
あは!うらやましいって(笑)
では、せっかくですから、ゆうさんも、昨今の若い子たちのように、電車内や公園とかでいちゃいちゃしてみてはいかがでしょう?(笑)
意外に楽しいかもしれない♪

【2012/11/24 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

€がっちゃんさんへ€

がっちゃんさん、こんばんは。

あとで戻ってきた彼女に聞いたら「仕方がないので私もついでにトイレ行った来たわよ」って苦笑いしてました。
ほんと、全く想像してない理由でビックリしました。

ね~、花は結構見ますよね。
花売りってレストランでも意外に売れたりして、商売になっててびっくりしました。
日本だったらイタリアほど売れないだろうな~。

【2012/11/24 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/305-e9d72611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。