Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


丸い教会 (Chiesa di San Bernardo alle Terme)

Delfinoお気に入りの教会 第二弾
第一弾はこちら(→大聖堂

サン・ピエトロ寺院のように大勢の観光客がくるわけでもない小さな教会。
この近くにベルニーニ最盛期の作品のある教会があるからか、中に入っていく人は少ない。

天井が高く、建物が円形で途中に柱がないので、広い空間を感じられます。
サイドの小さな小部屋で落ち着いて祈れる設計。
初めて訪れたときに、すぐに気に入りました。

テルメ

いつもお祈りや、ここにある空気を感じにくるだけだったけど、何度目に来たときかなぁ、
周りに立つ彫刻や細かい絵について説明書を読んでみた。
教会ってね、入り口近くの壁や、作品の前に説明書きがあるんです。
でも、ほら、そういうのをイタリア語で読むの、私には難しいわけですよ。
それで、しばらく、じぃぃいいいって、読んでたら「シニョリーナ」と呼ぶ声がしたんです。

声のほうを向くとイエス・キリストが・・・なんてことはもちろんなくて(笑)
修道士さんが。それがね、アジア人だったの。
顔を見てすぐに、韓国人だとわかりました(同僚に韓国人がいたおかげ)。
彼がね日本語で「日本の方ですか?」って聞くのよ。びっくりしたぁ。
どうして日本語話すのか聞いたら、お兄さんとお姉さんが日本で仕事をしていたことがあるんですって。

この修道士さんが50代って感じだったし、すぐにね、戦争のときに教え込まれたんじゃないかって思ったんです。仕事って言ってくれてたけど。
それに日本にいたなら差別にもあったんだろうって。
Del母、60代後半なんですけど、戦争の影響でやはり韓国・中国には良い印象を持ってないのね。
そういうのを聞いていましたんで、ワタクシこう思ったわけです。
彼は日本に住んだことがなく、あまり話せないっていって途中からイタリア語だったんだけど。
ベルナルド教会
※写真は教会のリーフレットより。だって道から取ると全部入らないんだもーん



長くなったので、後半へ
↓ぱひ~んとヨロシクkao03
人気ブログランキングへ


なぜイタリア語をはなすのか、ローマは初めてかとか、今何しているとかそんな話をしたんです。
そのとき、「キリスト教徒ですか?」って聞かれて、信者ではないけど、
子供のころカトリックの幼稚園に通っていたので、親近感があるとか、聖書を読んでいたこと、
知り合いにキリスト教徒がいることなんかを話したのね。
そうしたら、教会の説明をしてくれて、最後に教会の説明書とポストカードを下さったの。
すごくうれしかったなぁ。
あ、物をもらったからじゃなくって、なんていうの、その気持ちがkao01
ポストカード、本当は売り物なんだけど(笑)くれました。
さすが、イタリア在住20数年、イタリア人っぽいわぁ。
こういう現地でのふれあいって心に残ります。南にいくほど旅行者に、
心のお土産をくれる傾向が強いので、ワタクシついつい旅行は南になってしまいます。

さて、いただいた説明書によりますと、
この教会は、西暦500年代終わりから西暦600年の初めに建てられた教会で
昔はDiocleziano(皇帝です)の温泉の外壁に囲まれていた円形の建物です。
北米では建物の角に悪魔が宿るといわれていまして、この教会もそれで角がないのかしら?
北米はもとは欧州から来た人たちが多いでしょ。
だから、北米から始まった言い伝えじゃないような気がするんです。
Chiesa di S.Bernardo Alle  Terme
建物の中にはこのように、
1.サンタゴスティーノ(Sant'Agostino) 
2.サンタ・モニカ(Santa Monica)
3.サンタ・マリア・マッダレーナ(Santa Maria Maddalena) 
4.サン・フランチェスコ(San Francesco)


サン・ベルナルド・アッレ・テルメ教会
5.サン・ベルナルド(San Bernardo) 
6.サンタ・カテリーナ・ダレッサンドリア(Santa Caterina d'Alessandria)
7.サンタ・カテリーナ・ダ・シエナ(Santa Caterina da Siena) 
4.サン・ジローラモ(San Girolamo)

の8体の彫刻が教会の内部をぐるりと囲んでいます。
ほかに16世紀の宗教画もあります。
もしローマに行く機会がありましたら、この簡素で、上品な教会の内部を肌で感じてきてください。

最後になってしまいましたが、この教会は
サン・ベルナルド・アッレ・テルメ教会
(Chiesa di San Bernardo alle Terme)

といいます。

この教会の場所はこちら↓
教会周辺地図

1月25日→ウルトラ・・・マン?(テルミニ駅)
4月 5日→こりないねぇ・・・(ピア門)
2月28日→ローマで静かな場所(バルベリーニ宮1)
3月 6日→ミツバチ印の宮殿(バルベリーニ宮2)
2月 5日→ブヒッブヒッ(ナツィオナーレ通り)


イタリアの教会は美術館のようです。しかも無料。ステキ♪
↓今日もぱひ~んとお願いします
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/301-5ec359a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。