Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グラニータの美味しいお店

初めて行ったのが15年位前。

数年前、ワタクシの元同僚のロマーノ(ローマ出身男性)に、行っておいでと薦められたバール。
はい、こちら↓ ね、行きやすそうでしょ。
mappa

有名ですから、皆さんご存じかと思われます。
ガイドブックにも、必ず載っていますから、いかれた方もいらっしゃるのでは。

この店と、以前書いた、もう一つのお店が、ローマの2大老舗バールでございます。

カード
ナイスバディの種まきお姉さんがトレードマークの、1946年創業、
La Casa del Caffe' Tazza D'oro

Tazza d'Oroとしかいわないので、こんなに長い冠名があるなんて知らなかったわ。
マリオ・フィオケット(Mario Fiocchetto)さんが、創業者です。

パンテオンのすぐそばという、こんなにも観光名所に近いのに、地元の人も多く、
人が入れ替わり立ち代りして活気があります。
高級店の感じではなく、”おらが町の自慢のバール”的な、庶民派の雰囲気が大好きです。

バリスタが、キビキビと動いて、とってもうつくしぃ~動き♪
つい、じーっっと見てしまいます。
目が追っている先は、熟練のおっさん 
別に顔がカッコイイわけじゃないのに、働いていると2割り増しくらいにカッコよく見えます。

カフェ(エスプレッソ)おいしかったですよ。
去年、カフェは、80セントだったけど、今はいくらなんだろう・・・。

これからの夏の時期は、
Granita di caffe’グラニータ・ディ・カッフェをぜひ、お召し上がりください。
(写真ないから、どっかで見てね)

作るお兄さんによって、めっちゃ生クリーム(パンナ)をいっぱいのせてくれます♪
でも、ちょっとのせすぎのときも・・・・。




あ~グラニータ食べた~い♪
私も!な方は↓ぱひ~ん
人気ブログランキングへ


会社の人たちへのお土産に、数種類のコーヒーを買いました。
日本で、キンボや、ラバッツアなどエスプレッソを飲んでいますが、豆の種類とか
素人だし、よくわからない。
なので、そういう時はやっぱりプロの人に相談したほうが早いのだ~。

prodotti

お店のおじちゃんに、日本でイタリア人と一緒に働いていることや、
ローマ人同僚から、紹介してもらったことなんか話しながら、
(あのときは、初めて来たとウソをついてごめんなさい
お薦めされた豆を買い、今度は、支払いとなって会計の場所にいったらね、

そこのバンコ(レジ)のおにいちゃんが、ここのハガキとチョコ、
小さい箱に入ったお菓子なんかをどばっと、袋に入れてくれた。
もち、ウインクしながらね。

いいわ~、イタリア(こういうときは)。
しかもイタリア男、年季が違うせいか、ウインクが絶妙なタイミングなんだよねぇ。

こういう、人間丸出しな感じに「イタリアー!」って感じるんだよね。母の実家の町みたい。
そのせいか、ワタクシ、ローマが一番好き。
違和感ゼロだもん。

仕事のときは、ミラノの方がいいなって思ってたんだけど。えへ。

あ、そうそう、コーヒー豆じゃなくて、カフェやグラニータを頼む時は、
店の左側の奥のレジで先にお金を払って、
レシートを出しながら、カウンターのお兄さんに欲しいものを言って作ってもらってくださいね。

Tazza d'Oro

La Casa Del Caffe' Tazza D'Oro
http://www.tazzadorocoffeeshop.com/
Via degli Orfani, 84
00186 Roma, Italia
066 789792



もらったお菓子は、友達に配りましたとさ
兄ちゃん、ありがとよっ!
↓いつも協力アリガト!!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/277-26a6155f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。