Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブヒッブヒッ

この間は、ローマで突き飛ばされたことを書いたんですが(→「くぅ~!くぅ~!外国人としてのワタクシ」)
あれね、普通じゃないですからね。
まぁ、日本じゃありえないけど、イタリアのいろんなところに行きましたが、
ワタクシもはじめてのことでございました。

なので、旅行に行こうという方、そんなに構えなくても大丈夫です。
基本、ローマ人は親切ですから。
ワタクシのブルガリア人の友達は、大阪のようにうるさくて、ちょっと乱暴なローマのことを
「ローマ人は、Maleducati(粗野、無教養)だ!」っていつも文句言ってましたが(笑)

ローマのたそがれ時Via Nazionale 
写真は、ローマの大きな通り、ナツィオナーレ(Via Nazionale)のたそがれ時。
この写真をとった10月から3ヶ月、道路工事もさすがにもう終わっただろう。

日本じゃこういうことないよなぁって思うこと。
バスの切符を買いに行って、
「うちは、歌わなきゃ売らないよっ!」っておばちゃんに言われた。
冗談かと思って適当に返事したら、ただの意地悪だった!
売ってもらえませんでした。
サービス大国、日本だったらありえない。
隣にオヤジもいたのに、助け舟もだしやしない。
でも、いいもーん、ほかで買うから。そんな人の店には二度と行かないもーん。


ローマ人って、正直だ(というか声が大きい)なぁって思うのがね


「ローマ人は声が大きい」に1票の方は
↓ぱひ~ん
ランキング


忘れもしない、ワタクシが、
テスタッチョ地区のマルモラータ通り(Via Marmorata)を歩いていたとき。

年配の夫婦とすれ違った。

そのとき、そのとき、お父さんのほうがですね、こういったのが聞こえたんです。

「かあさん、今すれちがった、オリエンターレの女の子見たかい?
すごく、キレイだったよ」

ワタクシ?ワタクシのこと?
いや~ん、うれちぃjumee☆DaNcE2

若いお兄ちゃんにカラカイがてら「すっごいきれい」とか言われても何てことないですが、
こうやってお年を召した方に、自然に言われて嬉しかったです。

思わず、振り向いて、「いや~ん、おじちゃん、ありがとぉハート」って言いたくなっちゃった。
いや~、ニヤケましたね。

こういう、声が大きいローマ人のおかげで一日明るい気分になることもありました。
ワタクシが、単純なだけなんですが。あは!

でもね、この直後、本当に、数秒後に、10代か、20代前半の男の子2,3人とすれ違ったんです。
そしたら、今度は、


「ブヒッブヒッ、ブヒッブー」って豚の鳴き声のまねをされた!


これね、ただ、からかってるっていうよりは、物まねです。

私たち東洋人の鼻は、イタリアでは「豚の鼻」と呼ばれているのです。
もちろん、低いのが理由ね。

山の頂上にいてまさに有頂天だったのに、いきなり谷に落とされました。

なんだよ~、せっかくいい気分だったのに。

ちゃんとオチがありました。だはは。


イタリアって、怒鳴られたり、荷物がなくなったり、窓口ごとに言うことが違ったり、
システムがスムーズに行ってなかったりするのですが、嫌いになれないんですよね。
いやな思いや、悔しい思いもしましたが、一方で、プライベートや仕事でもずいぶん助けてもらったからかな。

イタリアに住む人間に、その人間らしさに、惹かれるという表現があっているのかもしれません。
うっとうしいほど濃い人間関係が、おせっかいさが、
スポッと自分の好みにはまってしまいました。
惚れられたもの勝ちだよねぇ。そう、ワタクシの負け。
ワタクシ、もうきっと抜けられな~い。


私もイタリアに惚れちゃってるのって方は、
↓ぱひ~ん
ランキング
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/255-42849c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。