Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんな、飲んどくれ~

10年以上前、スペインに行った時、
ホテルの近くのPASTICCERIA(パスティッチェリア お菓子屋さん)のおじさんが白衣を着ていて、

医者??って思った。

プロっぽくて、職人っぽくてステキと思う。


ローマにある、このバールの人たちも白衣はきてないが、見るからに職人。
お客さんに、にこりとするより、俺たちの作品をのんでみろっといった感じ。

ロマーノの友人に連れて行ってもらった。


もちろん、泡もたべたよーん。泡といってもカップッチーノではありません。


泡立っているのは、普通のカフェ(エスプレッソ)なのです。
しかもカップッチーノのようなフワフワじゃなくって、更にきめ細かな強い泡なの。
すっごくしっかりした泡の下に、パンチのある、でも深い香りのするカフェ。

あ~、飲みた~い´д`トホホ


ここは、ローマで近年の2大有名バールのひとつ、


あとで、お店のサイトみてね。ワタクシはトップページの写真が好きえるも
↓後半へいくまえに、ぱひっ
人気ブログランキングへ


Sant'Eustachio サンテウスタキオ
サンテウスタキオ
※写真はサンテウスタキオのHPより

有名なんでご存知の方も多いかと。見た?見たっ??この泡。すごいよねぇ。
どうやって作るんだろうと思って、ジーって見てたんだけど、この店のマシンには、
普通の店にないアクリル板が張ってあって、手元が顧客からどうやっても見えないようになっている。
くうぅ~笑う知りたいっ!

で、友人のロマーノGに聞いてみた。

・・・・・・教えてくれた。  ぶはっ笑う

ヤツも何でだろうと思って家で何度も試したらしい。
ワタクシ、日本でもエスプレッソの人で、家でも、
macchinetta ”マッキネッタ” (moca モカとも言うね)という、 直火式コーヒーメーカーで飲んでます。
でね、教えてもらったやり方を、日本に帰って、挑戦してみたが、うまくできねー!!


で、このBar。
先に、入って右側のレジでお支払い。で、レシートをもってカフェを作るお兄さんに注文します。
写真は、Gran Caffe`という、エスプレッソコーヒーカップの割りにちょっと大きめのカップで、クリーミーな泡のカフェ。

何も言わないと砂糖入りで出してくれますから、カフェコーヒーをつくってくれる人に、
”砂糖抜きで”といいましょう。
個人的には入っていたほうがおいしい気がしましたが。
Gは、砂糖抜きを頼んでおりました。
コーヒーと一緒にお水も頼んで、まず水を飲んで、それからこのカフェを飲むと


まぁ~、あ~た、いい香り


おごりだったというのを差し引いても、非常においしかったです。
まぁ、値段も値段でしたからね。
普通のBarで、0.8ユーロ、高いといわれる駅のところでも1.2ユーロなのに、
ここは2.2だか、2.3ユーロっていう値段でしたよ。たまにはいいね、こういうお店も。

ここは、名前のとおりのサンテウスタキオ広場にあります。
ナヴォーナ広場の近くです。
店の斜め前に「トナカイの首」の彫刻がてっぺんについている同名の教会を目印に行ってください。
(ここ→お返事は? 
なんでかっていうと、同じ名前の店がね、2、3軒あるんですよ。
間違えて入っちゃうっつーの。


さて、バールで働く人には、いくつか役割があります。

私が右で紹介している本、「バール、コーヒー、イタリア人」の言葉を借りると、
バリスタ      普通のバールで働く人、バールでコーヒーを淹れる人
バールマン     経験を重ね、何でも知っている人間  
バンコニスタ    カウンターで生ハムを切って、パニーニを作るおじさん  

私の中では、2は、コーヒーだけじゃなくて、お酒類を多く扱う人、
3は、カウンターとか入り口のレジのところにいるお勘定係の人ってイメージです。

なんかね、それ以外の仕事はしないっていうか、プロって言うか、
しっかり役割がわかれているって思います。


そうそう、サンテウスタキオね、マロングラッセも大きくておいしいんですよ。
東京の「ジャン・ポール・エヴァン」のみたいなグラッセ。
もしかしたら、マロン・コンフィかもしれない。いずれにしても、すごくおいしかったよー。
甘ったるくない自然の甘さ。
他にも、コーヒー豆にチョコをコーティングしたものもあるので、お土産にもいいと思います。
http://www.santeustachioilcaffe.it/

Sant'Eustachio
Piazza sant'egustachio,82,Rome
TEL:06-68802048


ローマの番号は、大阪と同じで06なんだよ。やっぱりローマはイタリアの大阪や~!
↓ぽちー
ランキング
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/245-7a630a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。