Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ステキ教会・残念教会

明日から出張だというのに、今日は一日パンフランスパン作り。 まだ、シャツにアイロンもかけてね~

しかも、早朝出発ときた~。は~い、またしても現実逃避ダッシュです。


ピエタ像
有名な、ピエタ像でございます。
     
さて、ここで問題です。これは、どこの教会でしょ~か?
ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂ではありません。比較してみましょう。

       <サン・ピエトロ大聖堂>               <某ステキ教会>
サンピエトロ・ピエタ像ピエタ像

 
この教会、行きたかった教会のそばにあって、何の気なしに入ったら、非常にステキだったんです。
とても印象に残っています。

↓バナーをぱひーんマウス(左クリック)としてから後半のヒント画像へGo
ランキング


この教会は、観光名所に近いところにありますが、あまり有名ではありません。

はい、ヒント↓ こんなじゃ、わかんないって?だよねぇ。
ピエタ像
じゃ、答えは明日。

このステキ教会のことを書くと長くなっちゃうので、今日はこの教会の前に訪れたこちら。
ナヴォーナ広場のすぐ西のVia della Paceという通りにあります。
サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会
その名もサンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会
     (Santa Maria della Pace)

ここは、狭い通りにあるので、全体像がうまく入らないのよねぇ。
通りも小さいですが、教会も非常に、こじんまりしています。

写真撮影が禁止だったので、内部の写真はございませぬ。

この教会に入ってすぐ右側に、ラファエッロのフレスコ画
「巫女(Sibille)」があります。
1514年に描かれたそうで、確かに一目で歴史のあるものだとわかります。

トルコと戦争をしているときに、教皇が聖母マリアの絵に戦争の終結を祈り、
戦争が終わったときにそのお礼として1482年に建てられたそうです。
祈ったときの聖母の絵は、主祭壇に飾られています。

平和になったお礼にと、パーチェ=平和と美しい名のついた教会なのですが、
ここの係のおじさん(司祭さんじゃなくてね)が感じが悪くてね~。

英語圏の観光客の一人が写真を取ったのよ。
そしたら、ものすごい勢いで怒ってねぇ。わかるよ、写真をとった彼が悪い。
でもね、そんないい方しなくてもいっていう言い方だったのよねぇ。
自分より年配の人にだったらそういう言い方絶対しないよね?っていうような。

その前に、このおじさん、おしゃべりの声がちょっと大きい人たちに
「しぃぃぃいいいい!」って言ったの。
でも彼の怒ってる声を聞いて「お前のほうが声デカイやんけっ!」ってツッコミたくなりました。

しかも、教会のなのか、おじさんのなのかな、電話を祭壇の電源から充電していた。。。。
それって、どうなのよ。
どこか別のところでやればいいのに。祭壇のところでなくてもさぁ。。。。。
そしたら、案の定、電話が鳴った!大音量で。ジジィ、おいっ!jumee☆mad2

・・・・・こんな具合でして。

教会自体は、落ち着いた趣のある教会なんですよ。
次回行くときは、このおじさんがいないことを祈る。。。。。

こちらの教会は、火曜日~金曜日の午前中
しかあいてませんので、行かれる方は、時間にお気をつけください。


では、ピエタ像の答えは次回に続く。


みなさんの心にいつもパーチェがありますように
ぽちっ↓
ランキング
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/237-0b3ca8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。