Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


くぅ~!くぅ~!!外国人としてのワタクシ

週末は知人の山のセカンドハウスに連れて行ってもらい、
ご近所の人も合わせて、10人ほど集まって大宴会でした。

鹿、いのしし、鴨、熊など普段口にしない生き物たちを食べてきました。
ほかに、鮎などの魚が数種類、かぶらなどの野菜。
すべてハンターの彼らが、文字通り取ってきたものだったり、畑で育てたものです。
皆さん、都会とは違う豊かな生活をお持ちでした。

この日は、自家製どぶろくをカクテルのようにアレンジしたもの、ワイン、ビール、バカルディと
ものすご~く久しぶりにいろいろ飲みました。
そしたら、夜中に頭が痛くて起きちゃいましたよ。えぇ、ただの飲みすぎです。

ワタクシの家族はアルコールは飲めない体質で、ワタクシも強くないです。
営業のころは接待もありましたし、朝までコースとかお客のオジサマ(常務や社長さん)に
ついていってましたが、今じゃパタッと飲めなくなりました。前に戻ったって言うか。
見た目で「タバコも酒もいけそうだね」って、よく言われるんだよねぇ。
でも、普段、まったく飲みませんからねぇ。いやー、しばらくアルコールはいいや。



突然ですが、ワタクシから見たイタリアって、トウガラシ唐辛子

常習性のあるもの、たとえていえばトウガラシ。

使いはじめは、すこし。ぎょえー、辛い!と衝撃的。
でもだんだんその辛さに慣れてきて、徐々に辛さを強くしていって、ハマっていく。

大量に取るのは体に悪いとわかっていても、やめられない。
辛いんだけど、ウマミのある味。

そんな国だよ、イタリアは。



この秋、ローマで、


後半の前に↓をぱひーんマウス(左クリック)
ランキング


トラムに乗っていたら、トラステヴェレ駅で突然止まって動かなくなった。
みんなが外をみて、「何が起こったんだ?」とか言ってたんだけど、
この場所は鉄道駅もある駅だったので、どわわわっとたくさんの人が降りていった。

街中まで行く人たちはそのまま乗って待っていて、
私は支柱(トラムの中にはつかまり棒があります)を握ってたっていた。
トラムの中は結構ガラガラ。

そのとき・・・・

一人の中年のおじさんが降りようとしていた。

私の前を通って・・・と思いきやわざわざ私のところまできて、無言で突き飛ばして降りていった。

突き飛ばされたんっすよえぇ、多分(いや、絶対)わざとです。
人間おどろくと声が出ないもんだね。
でも少ししたら、(お下品でゴメンちゃい)
「にゃろー、わざとやっただろー!」って思いました。 くぅ~!!!

転ぶかと思ったよ。
周りの人も、え?って顔して見ていたよ。
でも誰も何もいってくれなかったよ(ちょっと優しい言葉をかけてくれるかと思ったのに・・・)

こんな感じ。点線のように降りていくと思ったら、線のように降りていきました。
トラム
このオッサン、ネクタイしてスーツ着て、見た目はきちんとした人だったからとても驚きました。
見るからに育ちの悪い感じの人に突き飛ばされたんだったら、それほどショックじゃなかったんだけど。
しかも、あわてて降りるんじゃなくて、ゆっくり歩いてきて突き飛ばしていった。


その日の夜、イタリア人の知人に話したら
「中国人だと思ったんじゃない?」
ってピントのずれた答えが返ってきました。

すごい嫌われてるのね、中国人。
でも、中国と日本の違いもわかってないくせに、イタリア人。。。

って、そういうことじゃなくてさー。
中国人なら突き飛ばしてえぇんかい?おい・・・・。

って顔をワタクシしていたみたいで、
「残念だけど、イタリアでは、中国人を突き飛ばすような人がいるって意味だよ」だって。



トルコ人の友達♂は、知らずに、バイクで歩行者専用道路に入ってしまったとき、
警察官に 
「ここに入るんじゃない!出てけ!(Vattene!)」って言われたっていってました。

彼が、イタリア人♀にその話をしたら、
「確かに入っちゃいけないところに入ったから注意はされるだろうけど、
その言い方はないわね。無礼(教養がない)ね。」って、彼女は言ってました。


その一方で、出張で、とある小さな街にいったとき。

駅で切符を買いに窓口に行った。
そのとき、今思えば、今よりも、もっともっと下手なイタリア語だったに違いないんだけど、

50台も半ばくらいの駅員さんが
「おーい、このアジア人の子、イタリア語話すぞー」って後ろにいる同僚を呼んでいる。
「すごいなー、びっくりしたよ。どこで勉強したの?ここに住んでるの?」など、お話したあと
「電車の中、危ないから気をつけていくんだよ」ってとても素敵な笑顔で対応してくれました。


あとね、イタリア人の友達二人とアペリティーボ(食前酒)を飲んでたの。
そのあと、ディナーに行こうということになってて。
その時彼らの友人のイタリア人が、たまたまこの店にやってきた。
で、しばらく一緒に談笑して、その人は「またね~」って別のテーブルへ(友達が待ってた)。
私たちが、ディナーを食べに立ち去ろうと支払いしにいったとき、
その人が、私たちの知らないうちに支払いをしてくれていたの!
くぅ~!かっこいい!スマートだ。やるなぁ。


外国にいると色々あるよねぇ。日本にいても色々あるけど。

今度は、嬉しかった出来事をイロイロ書こうかなぁ


外国人としての経験があると強くなるよ
ランキング
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/217-f5f59d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。