Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しまった

Via Giulia

写真は、通りが素敵と言われているVia Giuliaジュリア通りのファルネーゼのアーチ。
テヴェレ川沿いの道からもう1つ中に入った小路です。

さて、イタリアにいると、あたりまえだが、イタリア人と話す機会がある。

とあるイタリア人は、某電力会社につとめている。
エンジニアって言うのかな。エンジニアっていってもその仕事の幅は広いが。

で、その彼は、親日派。
なぜなら、友達が日本人女性と結婚していて、イタリア女にない優しさのをいつも聞いているから。
で、実際日本に行って、非常に楽しかったらしい。

でも、電車の中がしーんとしていて、携帯に向かってひたすらメールを打ってる人、
熟睡している人がたくさんいて、
「 人はたくさんいるけど、自分は一人だ(孤独) って思った」といってました。

確かに、イタリアだったら、話してるもんなぁ。
「降ります?」とか声をかけたときに、にっこりしたり(日本人は無表情)、
近くの人とちょこちょこお話したり、携帯で話してたりと、人間生活って感じがするもんなぁ。


そんな彼と話しているとき、

「一度日本に住んでみたいな。日本に住めるならどんな仕事でもするよ。」

(あー、お前もか・・・・・)と思ったワタクシ。だってよく聞くセリフなんだもん。


この人、「ウェイター(カメリエレ)でもいいよ。」と言った。

「え?ウェイター?」とワタクシ、思わず怪訝そうな顔をしてたみたい。

そしたら、


↓ぱひーんマウス(左クリック)としてから後半へ、Goスキップ
ランキング


「どんな仕事でも、立派な仕事だよ。」と。

このとき「でも、あなたの今の仕事と関連してないよ」とごまかしたが、
心の中は「ごめん&しまった」って思ってました。


確かに、ウェイターの仕事は立派な仕事だ。
日本では、学生のアルバイトって言うイメージではあるが、きっちりしたプロのお方がいる。
バールにしたって、
バールマン、バリスタ、バンコニスタと同じバールで働くでも呼び名によって、
尊敬とポジションの高さが違う。

自分でも口では、
「仕事はお金だけで判断できない。結局自分が納得してるかどうかが大事。
やりがいや給料、環境などトータルでみなくては」と言ってるのに。

言ってるわりに、こんなリアクションをして社会的ポジションで判断しちゃった
自分の偽善を見たようで、ちょっと凹んだ。

失業率の高いイタリアで、昔国営だった電力会社の職を持っている=クビにならない。
そんな彼が、日本で暮らしていけるなら、ウェイターの仕事でもするよ、と。
なんでー?っていう気持ちもあったんだろうけどさ。
「えー、何でそんな仕事」って感じの顔しちゃったんだろうなぁ。


彼は、ある意味、人間を評価するときの、優先順位をわかっているというのか、
目先のことにだまされないものを持っているなぁと思いました。


人間の本質をみなくちゃいけないなと思いました。
肩書き、収入、住居、顔、国籍など、見えるものだけで判断しちゃいけない。
(運やコネだけじゃなくて、努力したから良い職、よい収入になったりはするけど)

しつけ、教養、考えなど見えないところを見なくっちゃ

と思った出来事でした。


書いてないときも見に来てくれてありがとう。うれしかったよ。
ランキング
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

うぅ~んビミョー

この人の発言ってね。見方を変えれば、
「日本にもしいけるんだったらウエイターの仕事でもいい。」
つまり、
今時分のポジションはもっと高いし、「ウエイター」程度の仕事
をする人間じゃないけれど、「日本にいける」その条件がつくんだったら、いいよ。
って感じがしちゃって、逆に私は余り好意的には受け取れなかった。
きっと直接イタリア語で話してるとまた違う印象になったのかもしれないのだけれど、よくとにかく日本に住みたい。ってイタリア人を多く見ていて、その中には日本に来さえすれば、全て自分の人生はバラ色に変わる。って思ってるフシがあって、そういう人、もちろん逆の意味の日本人も多いのだろうけれど、どうもねぇ~

ただ、イタリアでサービス業における地位が高いことと、仕事への誇り。あとプロ意識の高さ。それについては本当に賛成です。
日本だと、注文と運ぶ人が同じでも、必ず。
「〇〇のかたぁ~」って言うんですよね。
イタリアだと、ちゃんと誰が何を注文したか覚えてますでしょ。
さすがだな。って思います。

【2009/01/24 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

◎がっちゃんさんへ◎ 

あ~、なるほど。そういう風にも考えられますね。そうね、それは言える。
これね、なんか上手にかけなかったけど、私、彼の「ウエイターでも・・」発言には全然意識がいってなかったわ。
「どんな仕事も立派な仕事だ」という言葉のほうに意識がいって自分にショックだったんです。

肩書きのない人には横柄で、社長みたいな偉いサンにはぺこぺこする人いやだなぁって思ってたのに、自分が社会的地位からみて「そんな」仕事?って思ってしまったのがねぇ、自分で「私も同じじゃん」って思っちゃったのよね。それでちょっと自分にショックみたいな。

そうそう、日本のレストランはオーダー聞いた人でもそういって、品をおきますね。確認のつもりなのかもしれないけど、あまり好きじゃないわ。
あと、まとめてオーダーしても、できた順から持ってくるのもサービス天国の日本らしからぬものだなぁって思います。

【2009/01/24 】URL | Delfino  #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/203-40fdb67d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。