Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サンタ・マリア・マッジョ-レ大聖堂 前編

ワタクシの通ったお気に入りの教会

この間、教会に行くと落ち着くって書いたんで、今日は教会(聖堂)をご紹介。
好きな教会がいくつかあるんですが、そのうちの1つ。

初回なんで、まずは、メジャーなところから。

santa_maria

ピエタといえば、バチカンにあるミケランジェロのピエタが有名ですが、
美しいんだけど、ワタクシ悲しくなっちゃうんだよね。十字架からおろされたキリストを抱くマリア様だから。
ワタクシは、このマリア様が一番好きです。

好きっていうのには語弊があるなぁ。ワタクシが、惹かれる・癒されるマリア様です。
エネルギーとパワー、やさしさと繊細さを感じるから。
精神的に辛いときとか、リラックスしたいときなど、(涼みにもね)よくここに行きました。

この教会は名前のとおり聖母マリアを奉ったところです。

その名も、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
   (Basilica Papale Santa Maria Maggiore)


ここは、このマリア像よりも、有名なものがいくつもあります。
細かい説明はガイドブックにいろいろ書いてあるでしょうから、ここでは主に写真でご紹介。
(長いよ~)

ひとつは、


キリスト誕生の際のかいば桶(Sacra Culla)の断片
かいば桶の木片

この黄金の入れ物の中央に木片が入っていて、肉眼で見ることができます。
科学的に突き止めたのかどうかはわかりませんが、
それでも、キリストが寝ていた飼葉桶(ゆりかごの代わりね)なんだぁと知るだけでもずいぶん親近感がわくのではないでしょうか。

どこにあるかというと、大聖堂の一番奥、後陣の手前に地下に下りる階段があるんです。
sacra_culla

こんな風になっています。
とても神聖な場所で、この木片の前にお祈りする場所も設けられています。
写真はとってもいいといわれたのですが(念のため聞いてみた)、信者の方が祈っているときは、
そっと、邪魔をしないように気をつけたいなと思いました。
(とるときは、もちろんNO Flashで。私は、無料ソフトで加工しています)

私は幸運にも、何度か通えたので、人がいないときに写真を取れたのですが、
一度なぞ、中近東の某異教徒の方々がですね、わいわいおしゃべりしながら、
フラッシュをバンバンたいて、この前でポーズを取って記念撮影をしていました。
しかも、お祈りしている信者の方がいるのに。
ちょっとこれは、無礼で他人を敬わない、よくない行為で顰蹙(ひんしゅく)ものです。
彼らにとっては、もしかしたら、一度しか来ない国かもしれないけれど、やはりマナーは大切と思いました。

話を戻して。ほかには、後陣のモザイク
モザイク

後ろの方に写っている半円のものです。13世紀のものだそうです。
通常の教会はキリストとその使徒などが描かれていますが、このでは、やはりマリア様が。
キリストがマリア様に戴冠(たいかん。頭に王冠をのせること)しています。

つぎに、ベルニーニの墓
さすがにお墓の写真はね。。。。ということで、なし。場所は祭壇の右側の床です。

余談ですが、ローマのいくつかの教会では、ベルニーニの作品を見ることができます。
トラステベレ地区にある教会で、彼が80歳のときに作成した彫刻を見ることができます。
とても80歳で作ったとは思えないですよ!
布の部分の彫刻なんて、繊細で精密で・・・、思わず見入ってしまいます。
私がこの教会に行ったとき、親切なイタリア人のおじいちゃんがいてねぇ・・・
あ、これについては、また後日。。。

あとは、聖なる扉
聖なる扉
これは、聖年にだけ開かれる扉です。
聖年とは、カトリック教徒のローマ巡礼の年、節目の年として、
この年の間にキリスト教徒がローマに巡礼し、4大聖堂に参詣すれば、
罪の免償が与えられる(罪が許されるわけじゃないですよ)、「聖なる年」のこと。
昔は100年単位だったようですが、50年単位になり、今では25年ごとです。
大聖堂によって聖なる扉のデザイン(といっていいのか・・・)は違います。
Porta Santa

「ちょっと火貸してくれる?」「いや~、持ってないんだよ」といってるようにも見えますが、
左のマリア様の指の間にあるのは、キリストにかけられた杭です。

最後に、システィーナ礼拝堂とパオリーナ礼拝堂
この礼拝堂は、たくさんの大理石でできていて、ゴージャスです。
その当時の教会がどれほど大きな力をもっていたかというのを表しているかのようです。
礼拝堂のうちの片方は、撮影禁止でしたので、ついでに両方ともHPかガイドブックでご覧ください。

公式HP Basilica Papale Santa Maria Maggiore

もう少しこの聖堂について書きたいことがあるので、次回に続く。。。。

今日も読んでくれてありがとう クリック↓よろしくお願いします福助
                    ランキング
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

私も!!

この教会大好きです。
実はね、前知識を全く持たないで入った教会でした。
ほら、この教会の斜め向かいにスーパーSMAがあるでしょう?
で、そこへ買い物に行く途中に立ち寄ったんです。
そうしたら、これもバチカンの直轄地の一つなんですよね。
ものすごい彫刻の数々に圧倒されました。
あと、全然その教会のことを知らずに入った中で、感動したのは、コロッセオの
上の、サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会です。
入口はかなり簡素というか、教会らしくない感じだったので、ミケランジェロの
作品があるなんて全然しらなかったんです。
ローマってすごいですよね。

【2008/11/03 】URL | がっちゃん #a/t0Oy26[ 編集]

◎がっちゃんさんへ◎

わ~うれしぃ~♪ がっちゃんさんもこの教会すきなのね~。
SMA!一時よく利用しました。便利ですよね、あそこ。

あっ!私も、ヴィンコリの彫刻に衝撃を受けました。前で固まっちゃったもの。あれはすごい。
ローマって、美術や世界史が好きな人には、ものすごく魅力的な街だと思います。
ちょっとした絵画にも、いわれがあったりして。わざわざ美術館に行かなくても、街のあちこちにそういうものがあるってステキだなぁって思います。
やはり文化が成熟している国は魅力的ですね。

【2008/11/05 】URL | Delfino  #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/184-a6282804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。