Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いいなぁ、この表現



年末年始、友達や家族と集まる機会がいつもより増えますよね。

大皿でお料理が出てきて、自分のお皿にとって食べていて、
もともと入っていたお皿に少しだけ料理が残っているとき皆さんはどうします?

自分が取るのはなぁと思って遠慮するか、「頂きますね」といってもらうか。。。

友達同士なら「食べる?」とか「私もらってもいい?」って言えるけど、
お呼ばれしたときとか、あまり親しくない人もいる時は・・・・


私の最初に勤めた会社は、北米・欧州・アジアと取引をしている会社で、
国によっては、現地にオフィス兼アパートがあって、そこで1ヵ月程度滞在して仕事をしていました。
基本的に一発だけの商売というのはないので、
継続的に取引している企業さんがいくつもありました。
そうするとレストランやご自宅でのお食事に誘われるわけですね。
で、先に書いたような状況が生まれる。
親しくなれば「すごくおいしい!これもう少し頂いてもいい?」となるのですが、
思いっきり食べるのもなぁと遠慮したり、あの人食べるかな・・・とか、自分が食べたくない時とかあるわけです。

そんな時、おぉこれはいいと思った、この言葉。


It's got your name on it.

直訳すると、「(料理に)君の名前が書いてあるよ」

はい、「これ君のね」とか「あなたが召し上がってください。どうぞ」ってことです。

「あなた食べて」と直接的に言うのではないんですよね。
「どうぞ、どうぞ。食べてください」って言われると「いやいや、そんな」みたいな会話になりがちですが、
こうやって言われたら、取るほうも気持ちよく頂けます。
にこっと微笑んで、この言葉を言われたら、
すごく自然に「じゃあ、遠慮なく。いただきます」って言えそうだと思いませんか?


この表現いいな~と思って。それ以降、私もこれを使うようにしています。
このなめからな表現を男性に言われたらとても良い
ポイントアップですな、と個人的に思います。


まっ、イタリアだとそんな事いってる間もなく、

「はい、じゃもう1つね音符」と盛られていく・・・

「マンマ、あてち、もうたべれない怖い

たとえイタリア語で言っても、イタリアでは通じない・・・jumee☆Feel Depressed4 あぁ、やっぱりイタリア。

ランキングに参加しています。クリックしてくださると大変うれしいです
バナー


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/16-19cb6da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。