Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またの名を、大黄

今日は久々の食べ物ネタでーす。当ててみてね。これな~んだ?
蕗
  こんな風に畑に生えています。

  (写真は、Wikipediaより)




  これでわかった人がいたらかなりスゴイ!

  お花はこんな風に咲きます↓
  蕗花

daiou


  ←断面はこんな感じ
  セロリ?はずれで~す。





  当ててほしいのはこれ↓


daiou2

daiou3  フキ?ちがいま~す。
  惜しいといえば惜しいかな。



  なんか硬そうな棒に見えるね。
  蕗科(フキ科)の植物です。


  はいっこれな~んだ 

正解は、


 Rhubarbe (リュバーブ)
rhubarbe

イタリア語を読むみなさ~ん。ルバルベではありませんよ~

フランス語だと思ったらネットで二つつづりが出てきたので、
ワタクシめっちゃ久々のフランス語辞典ひらきましたがなぁ~。

フランス語では、Rhubarbeリュバーブ  英語では、Rhubarbルバーブ と書きます。
(最後のeがあるかないかの違いです)
日本名は、大黄(だいおう)というそうです。

イタリア語は・・・探してみたんですが、わかりませんでした~。
えへ、どなたかご存知でしたら教えてください。

フランスはディジョンで沢山とれるみたいです(私のあやしいフランス語解釈でいきますと)。

今回の記事を「おいしいものIN JAPAN」に入れるのもどうかと思ったんですが、
日本で入手いたしましたので、無理やり入れることにしました

写真に載っているのは、葉茎でございます。根っこは薬用になるらしいです。

欧州で取れることが多いようで、日本では、九州と北海道という正反対の土地で取れています。

うちは、隣人の娘さんのお宅の近くの小さな八百屋専門店で
(お疲れさまでした。ややこしかったね)
取り寄せしたものを少し分けていただきました。

rhubarbe3  たいてい、このようなジャム
  (フランス語だとコンフィチュール)にしたり

  少し形を残してトルタ
  (フランス語で言うタルト)にいたします。


  ほかにヨーグルトの上にかけたり
  ジャムの上に、アーモンドプードルをかけて
  焼いたりして食すようです。
  (Yahoo!フランスでレシピを探してみました)

  生では食べません。
  なぜなら、これはめっちゃ酸味があるのだ

生だと野菜って感じに見えるけど、ジャムにするとまるで杏(アプリコット)のようなおいしさに変身します。

ジャムの作り方は、リュバーブの端を切り落として、皮ごと(ここポイント)乱切りします。
その上に砂糖を振り掛けてしばらく置いておくだけで、あら不思議。
こぉぉおおんなに、水気が出てくるんです。
rhubarbe1_1
ほれ、なんていうの?つゆだく?ちょっと違うか。
リュバーブ1_2
あくも少し出てきます。夕食が終わってから切っておいて明日の朝ジャムにしまーす。
あ、ちなみに砂糖の量なんですが、前回950gのリュバーブに800gの砂糖だったんですが、
ちょっと甘い感じがしました。
今日おフランスのレシピを探したら、1kgのリュバーブに800gの砂糖とのことでした。
今回はこれでやってみようと思っています。
rhubarbe4

  カットした写真でもわかるのですが、
  すごく筋張っていて、
  皮は結構硬いです。
  フキよりはるかに硬いです。
  どちらかというと、
  サトウキビの柔らかいもの
  って感じです。
  そのくらい繊維が沢山入っています

  あ、でもかじらないほうがいいですよ
  めっちゃスッパイですから。

rhubarbe2リュバーブ
 
↑全体の大きさはこのくらい。熟してないと緑色をしていて細いです。  
右の写真はフランスWikipediaから借りました。こんな風に葉についています。
ジャムにするとこーんな、赤みがかったアメ色になるんですよ。
ジャムやケーキも日本で購入できるところもあるようです。探してみてね。
でも、できればジャムを作ってみてほしいな。非常にいいお味です。
rhubarbe5

今日は長くてごめんなすって。


↓食べてみたいな~って思った人、ぽちっとよろしくね~
ランキング

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

またまたお邪魔します!
私はスカンポ(スイバの別称)かと思いました。イタドリとも言いますよね。それか、サトイモの茎のズイキにも似てるなぁ~って思いました。
なんにせよ、野菜をジャムにするって発想はなかったです。アクはあんまりでないみたいですね。
ちなみに、しっかり、ルバルベって読んでしまった私です。

【2008/06/10 】URL | がっちゃん #FC.lYLE.[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2008/06/10 】 | #[ 編集]

ラバーバ

ドイツ語だとRhabarber(ラバーバ。ん?ラバルバー?)だよ。
私は苦手だな。
ケーキに入ってたのが酸っぱかったから・・・・・熟してなかったのかなぁ。
酸っぱいの駄目なんだよねぇ。
ジャムは、食べたことないなぁ。
いつの日にか挑戦してみます!!

【2008/06/11 】URL | ぽろ #ZB62fJv2[ 編集]

コメントありがと♪      

v-518がっちゃんさんへ

期待通りに読んでくれて、うれすぃv-291
私、イタリア語を勉強し始めてから、英語の発音がおかしくなり
つづりをよく間違えるようになりました。

うちは、サトイモの茎をアゲと一緒に薄味でにたり、ぬか漬に入れて食べます。
それより「ズイキ」って関西弁だと思ってました。
今調べたらちゃんと出てきたから、標準語なのね。知らなかった。

v-518カギコメさんへ

きゃ~v-354本当だわ~。
教えてくれたおかげです!どうもありがとう!!

v-518ぽろさんへ

ぽろさんのドイツ語読みを読んで、
ラ・バンバ~v-341って思ってしまった。
古い?あぁ、年が。。。

しっかり赤くなったのを使ったジャムだと「すっぱっ!」ってならないよ。
あんずジャムみたいな感じ。私は杏のほうがすっぱく感じたわ。
日本ではめっちゃ高い値段なので、毎年は作らないと思うわー。
ぜひ、そちらでやってみてね。

【2008/06/11 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

あ~っ!ルバーブだ!
ロンドンでホームステイしてた時、
大家のオーストリア出身のおばちゃんが
パイを作ってくれたのを思い出しました。
日本でも手に入るんですね。

delfinaさん、無理しすぎないように、体お大事にして下さいねv-290

【2008/06/13 】URL | blanca #vavaEB/2[ 編集]

こんにちは~

v-518blancaさんへ

やさしいお言葉どうもありがとう。
blancaさんのブログにちっともいけてなくてごめんなさいね。
さっき記事をまとめて読んできたところです。

おぉー、ルバーブ知ってるなんてすごーい!私、今年知りましたがな。

ロンドンに留学を!?blancaさん、イギリス英語派ですか?
私イギリス英語ぜんぜん聞き取れないから教えてほしぃ~。

きゃ、blancaさん、この頃がオーストリア関係の始まりだったんですね~

【2008/06/13 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/145-76925cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。