Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女性の皆さん、お気をつけになって♪

数十年前の海外出張って、旅費もすごかっただろうし、責任も大きかっただろうけど、 
スケジュールのことだけ言えば、今よりゆったりしていたんじゃないかなぁ。

今は、出張中もPCもって行くから、海外の企業と打ち合わせをしたり、日本にいる同僚や同じように海外出張中の同僚とPCを使って会議をしたり、メールで会社に指示をおくったりと忙しい。
オンタイムで色々話せたり、変更連絡が簡単にできるのは良いんだけどね。

私がいた会社は、秘書なんていないから、自分ですべて手配するのね。
それが当たり前だと思っていたら、友人の会社は「この辺りで」って言っておくと事務の人がホテルやチケットを取っておいてくれるんだって。ほぉ!

うちの出張というのは、自分のためだけに行くのじゃなくて、部署の代表でいくので、
他の営業の顧客の状況や品質など細かいところを打ち合わせたり、サンプルやデータを揃えたりと直前は結構忙しいのよね。

私が海外出張に行くときは、仕事上の目的達成と、もうひとつ、無事に帰ってくることも仕事の1つでありました。

基本的に一人なので、事故も盗難もなく帰ってくるのもお仕事のひとつなんです。
実際、事件に巻き込まれた同業者さんもいるので。
行く場所がほとんどマイナーな地域だったりするし、一応女性一人だし。

そして、男がメインの業界だったので、周りが、兄ちゃんやおっさんばっかりなわけです。
キャ~危険!(ウソです)

で、どこへ行くにも挨拶がついて回りますが、海外で、出張や旅行、友達に会う時にするのが、

握手 と 頬へのキス(というより頬と頬をあわすに近い)


日本語で表すとものすごく大きな意味に聞こえるかもしれませんが、ただの挨拶です。
でも、これで挨拶されると、親近感が沸いて私は嬉しい音符ステキなお兄さんだったら尚良しあ
ちなみに、頬をつけても、唇を横に向けてをぶちゅってしちゃだめですよ~。

それに、初対面の人に、頬をつけて挨拶することは、ほとんどない
意気投合して帰りにすることならあるかもしれないけど、初めて顔を合わした人には、しないねぇ。

もちろん、親しくなってくるとします。
「マウロ~!久し振りぃ」なんていいながら、ハグハグしたりとか。

海外に出たら、握手は、相手の目をしっかりと見て、ギュッと強く握ったほうがよいです。
日本の女性はとくに、手を添えるだけの人がいますが、あれって気持ち悪いんですって。
イタリアだと「死人の手」とかいうそうです。
好印象を与えたかったら、「目を見てギュ!」です。

イタリアでは、Bacio(バ-チョ)、2回

フランス語は、Bisou(ビズ。綴り違ったら失礼。仏語やってたのずいぶん前なんでゆるちて)3回

国によって違うのねぇ。どこか4回の国とかもあるのかしら。
でも、4回は長いな。
イタリア人、只でさえ帰りの挨拶が長いのに、もし4回だったら帰れないね(笑)

別にね、親しくなったら、しなくてはいけないわけじゃないし、したくない人とはする必要ないんですよ。
この人は親しくない(もしくはしたくない)から握手にしておこうって思っても
はっえぇと気づくと、顔がすでに近くにあったりするときあるのよぉ。
思わず「うほっ」ってのけぞっちゃうよ。

それにね、たまーにだけど、いやらしい人だと限りなく口に近い位置にチュってしてくるのよ。

ほんっと、帰り際は要注意です。

あてちのように若い方は特に狙われまっせ。
そんな時は、
相手より先に とびっきりの笑顔で手を出すのが一番。


話し違うけど、今ね、ネットのニュースで、ちょいとびっくりした。

先月6日、日本人男性40歳が、JAL関連会社社員に土下座をさせ、ビールを頭からかけて、逮捕された。
理由は、預けたスーツケースの中の缶ビールが漏れ、ノートパソコンがぬれたことに腹が立ったから。
応対したJALスカイサービスの男性職員(43)に土下座をさせたうえ、「どうしてくれるんだ」などと言いながら、頭から別の缶ビールをかけたんだそう。       

ひど~い、この逮捕された男って、何様だと思っているのよねぇ。
自分で入れたビールのせいじゃん。「割れ物はありませんか?」って常に聞かれるだろうが。
きっとJALの人はしたくなかっただろうけど、土下座することで、収まるならしておこうと謝ったんだろうね。
すごいよ、日本の、お客様を第一にする徹底ぶり。
イタリアだったら、絶対に、ぜーったいに「あ~あ、大変だったねぇ。」とか
「通常の運び方で割れるようなビールの入れ方をしているほうが悪い。割れ物がありませんか?ときかれただろう?」って言われて終わりのような気がする。
たとえ補償のことを言ったとしても
「ここはその窓口じゃないから○○へクレームを言ってください」
って言われて終わりだろう。

私は思う。日本の会社はもっと毅然と客に説明すればいいと思う。
それに、この日本人男性は酔っていたかもしれないしね。状況はよくわからないけど。
多分この人、相手が外国人だったら、こんなこと絶対にしないと思う。
もしくはJALのお偉いさんが「どうなされました?」って出てきたら、こんなことにはならないような気がする。
もしこの後上司が「これからそういう時はすぐに俺を呼べ。俺が対応するから」とか言ってくれたらいいだろうね。
まったく、客だと思うと、とたんに偉そうにしてイヤだね。現場の人は大変だ。
一個人として相手を敬う気持ちがない人間は、他の人からもそういう風に扱われないよ。

ってなことで、今日はさようなら~

いつもありがとう、クリックしてくれて
バナー


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/14-14a20cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。