Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おっとっと

イタリアに出張に行き始めてまだ2,3年目だったある日、飛行機の中で。
アリタリア航空。

普段は絶対乗らないんだけど(だってイタリア→フランス間でリクライニングが壊れていたのに、
席を変えてもらえなかったことがあったから。離着陸になんで筋トレせなあかんねん!)
アリタリアと共同運航している便で、飛行機や乗務員はアリタリアだったの。


当時はとっても笑顔が素敵なフライトアテンダント(♂)が飲み物を聞きにきました。

イタリア語でjumee☆disappoint

おぉ~い、私のような外人には英語なんじゃないんかい!?

ワタクシ、がんばったよ。

つたないイタリア語で言ってみたさ。

恥はかき捨て、使ってみないとうまくならない。えぇ~いとな。

「Acqua gassata, per favore (アックア ガッサータ、ペルファヴォーレ)」とな。

英語で言えば、「Water, please」ですわ。

きゃっイタリア人はずかし~レベル低っ

炭酸入りのお水くださいって言ったの。

で、お兄さんの一言。

♂:「え?なんて?」

D:「ガッサータ」

♂:「え?」

D:「(これって嫌がらせ?え?って私のほうが、え?だよ)」なんて心の中で思いながら、

  「Avete dell'aqua frizzante?(アヴェテ デッラックア フリッザンテ?)」と言い直してみた。

そしたらお兄さん、爆笑。

何でかって言うと、


♂:「なぁ~んだぁ。ッサータか。ッサータかと思ったよ」だって。

カッサータって、これ

カッサータ

シチリアのめっちゃ甘いリコッタチーズを使ったお菓子です。
シチリア カッサータ

んな、アホなぁ、いくらなんでもそれはないわいな。

「カッサータは頼まないよぉ。南出身なの?」とか言ってたら、
なんだか急になごやかな感じになりました。

ま、目的の物をもらえたし、結果オーライです。

日本でも炭酸水が売られるようになりましたが、イタリアでは、大体こんな区分けです。

ACQUA NATURALE(アックア・ナトゥラーレ)---ミネラルウォーター
FRIZZANTE(フリッザンテ) ------------天然のガス入りの水
        (と教えてもらったけれど、ほんまかいな?天然というのは定かではありません。)
ACQUA GASSATA(アックア・ガッサータ)----ガスを入れた水

そういえば、発泡性の低いワインもフリッザンテって言いますよね。

同じ炭酸が入っているにしても、微炭酸、炭酸など炭酸の強さや味がメーカーによって違います。

初めて飲んだときは苦いと思ったんだけど、時間がたつうちに、
やっぱりその土地に適しているのか、炭酸水がおいしくなり、

今では、絶対炭酸水派です。


さて、そのシチリア名物 カッサータを紹介している番組がありましたので、ご覧ください。



いつもぽちっとありがとう。感謝の伏せ南イタリア
ランキング

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/123-49a9e209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。