Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


意味がある

先日、うちの母が、ヨシミツくんのお母さんに会ったんだそう。

イタリア 結婚は、私が幼稚園イタリア生活のとき、同じクラスだった子。

色の白い、やさしい子でね。ヨシくんって呼ばれていました。

私は、よく一緒に遊んでいました。

ヨシくんのお母さんがイタリア 留学
「デル(私)ちゃんが一緒に遊んでくれたのをあの子今でも覚えてるんですよ。」って話してたって。


2,3年前うちの母が、幼稚園の卒業後、久しぶりにヨシくんを駅で見かけたときに、

「あれ?ヨシくん?ヨシくんじゃない?おばさんのこと覚えてる?」って聞いたら、

「デルちゃんのおばちゃん」って言ってたんだって。

うれしいわ~、覚えててくれて。

私も、ヨシくんのこと覚えてるもん。


ヨシくんってね、病気の名前は知らないんだけど、ちょっとだけ知能に障害があるの。

普通に意思疎通ができるのよ。自分の意見も言うし。

イタリア 海外生活を読むのが好きな子で、人よりすごい集中力を持っていた。

小学校ローマ 留学からは一般の学校には通っていない。

こうして大人に向かうにつれ、まったく接点がなくなってしまったけれど、
私のことを覚えていてくれてすごくうれしかったミラノ 留学

たまたまだろうけど、私が幼稚園児のときは、ヨシくんもいたし、
病気で体が大きくなれない子も違うクラスにいた。

カトリックフィレンツェ 海外生活系の幼稚園だったからかしら?

もしかしたら、園長先生夫婦がとても立派な方だったから、区別せず受け入れていたのかもしれない。

小学校に行くと同性愛の子もいたなぁ。

今思うと小さなころから、社会で「普通」といわれる人たちではない人と接することができてラッキーだった。

ケガや病気で体の一部をとってしまったり、傷やケロイドの状態がひどい人を、
母の付き添いで、子供の頃から、病院フィレンツェ留学で見ていたからか、そういうのを見るのも触るのも平気だ。

おかげかどうかわからないけど、不思議と、「普通」に属さない人に抵抗がない。

慣れもあるだろうから、そういうのがすごいとは思わないけど、

アトピーの症状がひどい友達をみて「うわっ」って顔をした&気持ち悪いって口に出した同僚ルカ
(ルカはこういう人です→ありえない男たち)を私は最後まで好きにはなれなかった。
言われる相手の気持ちを考えられない人間。

この世に無駄に生まれてくる人なんていないのさ。
みんな生まれてくる意味があると思う。

明日もみなさんに楽しいことがありますように
ランキング

※初めて100位以内に入りましたローマ 観光うれし~イタリア 結婚ぽちっとしてくれてどうもありがとう

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/120-55e0d112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。