Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行かなきゃ

うちの従業員がイタリアに里帰りする前に、必ずすること。

それは日焼けサロンへ行くこと

白いまま(地のまま)で行くと、

「うわっ、しろっ病人みたいじゃん。」といわれるそうです。

(若干バカにするニュアンスも含む)

だから  焼かなければならない んだそうです。

家の前で日光浴しても、日本の日差しはイタリアより弱く、思うように焼けない。
(沖縄は痛いほど太陽があるけど、本土はそこまでじゃないからねー)

そう、春から初夏の日差しじゃ、焼けないのさ。

となると・・・・日焼けサロンに行くしかないのよ~

しかも・・・・


常連さん なのぉ。割引券ももってるのよ~ひょえー。

あんた、ガングロの高校生じゃないんだから。


そこまでして焼くかっ

その意欲を仕事にも見せろ~と突っ込みたくなりますが、それはおいといて。

ところ変わればですよね~。
日本では、年間250本の日焼け止めを使うグラビアアイドルがいる。
そして、アメリカでは、
レッドネック(日に焼けて首が赤くなる)といえば体力勝負で働く、労働系の人のこと。
日焼けは決して、ほめ言葉ではないです。

イタリアだとバカンスが長いお金持ちとみなされるため、日焼けは大切。

これを見るだけでも、価値観は様々ですね。

さて、イタリアさんたち、しばらくヒサロに通って、前より若干黒くなって、いざ帰国。

私から見たら十分黒いんだけど、彼らから見ると、満足に焼き足りていないそうだ。

毎回、「中途半端に白くて、絶対帰ったらいわれる。ブツブツ・・・」といいながら、機上の人になります。

「皮膚ガンにならないようにね。焼きすぎに注意するのよ」ってのが、

日本人従業員の毎度の見送りの言葉です。


いつもクリックありがとう
ランキング
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ご無沙汰してます。
いっつもこっそり来ては読み逃げしちゃってるのよ・・・。ゴメンね。
イタリア人みてると、どうしてそこまで日焼けせにゃならんの?っていいたくなってしまうよね。
うちのダンナは、普通のイタリア人とはちがって(笑)、日焼けを嫌うので、いつも日焼け止めを塗ってます。
そんな夫は、ビーチで日光浴するイタリア人たちをみて、「バカだなぁ。皮膚がんになってもしらないぞ」って言ってますよ。

【2008/06/19 】URL | sanae #-[ 編集]

こんにちは~♪

v-291sanaeさんへ

こちらこそ、ご無沙汰してますv-290
いいの、いいの~、読んでくれるだけで十分よ~。
だって私も、sanaeさんの読み逃げファンですから、あはは。

あぁ、なんてステキなだんなさま。おっしゃる通りでございます。
ただでさえ白人は我々よりシミができやすいのに、あんなに太陽あびてどーする!って思っちゃうわ。

イタリアでも日焼け止めぬって美肌を保ってね♪
そうそう、ビキニの準備はもうOK?

【2008/06/20 】URL | Delfino #a/t0Oy26[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://delfinoitalia.blog89.fc2.com/tb.php/118-73c586d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。